Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
診療報酬改定セミナー2022 診療報酬改定セミナー2022

新型コロナ対応

昨年(2019年)12月に中華人民共和国武漢市で発生したとみられる新型コロナウイルス(covid-19)が、本邦でも猛威を振るい続けています。
これまでのデータからは「感染が確認された症状のある人の約80%が軽症、14%が重症、6%が重篤となっている」ことなどが分かっており、患者数の急増、重症患者の増加に伴い、医療現場の負担は増すばかりです。
Gem Medでは、新型コロナウイルス感染症に対する国・自治体・医療関係団体等の動きをできるだけ分かりやすくお伝えすることを通じて、医療現場を支援いたします。

新型コロナ関連記事カテゴリー一覧


新型コロナ対応

3回目以降の職域コロナワクチン接種のための臨時診療所開設、届け出手続き等の柔軟措置継続―厚労省

2022.1.18.(火)

コロナ禍前と比べて依然「入院患者減」が顕著、一般病床利用率も10ポイント近く低下—病院報告・2021年10月分

2022.1.18.(火)

オミクロン株感染者すべてに従前の退院基準適用、濃厚接触者の待機期間「10日」に短縮し、医療者等は例外も―厚労省

2022.1.17.(月)

オミクロン株の急拡大を踏まえ、地域の医療提供体制を再確認し、必要な手当てを行ってほしい―厚労省

2022.1.13.(木)

オミクロン株の急拡大踏まえ、高齢者施設・通所サービスでの「週1回程度の集中的コロナ検査」報告義務復活―厚労省

2022.1.12.(水)

コロナ感染した医師、要件満たせば自宅・宿泊施設からのオンライン診療・電話診療実施が可能―厚労省

2022.1.12.(水)

2021年の健保組合医療費、コロナ前と比べ7月:2.3%増、8月4.3%増、9月5.8%増、10月6.6%増―健保連

2022.1.11.(火)

コロナワクチン接種完了者、オミクロン株感染でも従来株と同じく「発症等から10日」での退院可能―厚労省

2022.1.7.(金)

オミクロン株の急拡大時には、訪問診療体制の整備などを条件に「自宅療養」等も可能とする―厚労省

2022.1.6.(木)

コロナ中和抗体薬ロナプリーブ、オミクロン株への投与は推奨されない―厚労省

2021.12.31.(金)

新たな経口のコロナ感染症重症化防止薬「ラゲブリオカプセル」、評価療養として「保険診療との併用」可―厚労省

2021.12.29.(水)

新型コロナのPCR検査、新たな検査手法の保険適用続く―厚労省

2021.12.29.(水)

2021年8月、コロナ禍前に比べて医療費は1.2%増加したが、延べ患者数は5.4%減、医科入院は7.6%減―厚労省

2021.12.28.(火)

コロナ感染症の重症化を防止する経口薬「ラゲブリオカプセル」を特例承認、発症から5日前までに投与を―厚労省

2021.12.27.(月)

2022年1月から、コロナ病床確保補助で「補助金の一部をコロナ対応スタッフの処遇改善」に充てること義務化―厚労省

2021.12.27.(月)

モデルナ社のコロナワクチンでも追加免疫(3回目のブースター接種)を特例承認、名称変更も―厚労省

2021.12.17.(金)