運営会社 GLOBAL HEALTH CONSULTING

地域包括ケアシステムでの活躍が期待される自治体保健師、2016年度は3万3901人に―厚労省

2016.10.27.(木)

 今年(2016年)5月1日時点の地方自治体における常勤保健師数は前年に比べて1.7%増加して3万3901 人になり、統括的な役割を担う保健師は全都道府県のうち91.5%に、全市町村のうち48.4%に配置され、昨年度に比べて71自治体増加している―。

 厚生労働省が21日に公表した2016年度の「保健師活動領域調査(領域調査)」の結果から、こういった状況が明らかになりました(厚労省のサイトはこちら、より詳しいデータはこちらこちら)(関連記事はこちら)。

統括的な役割を担う保健師、9割超の都道府県・5割弱の市区町村に配置済

 厚労省は、毎年5月1日時点の自治体における保健師の配置・活動状況を調べ、公表しています(2016年度は配置状況を把握する領域調査のみ)。要介護度が高くなっても、住み慣れた地域での生活を可能にすることを目指す「地域包括ケアシステム」の構築が急がれており、そこでは健康維持や疾病・介護予防で大きな役割を果たす保健師への期待がますます高まっています(関連記事はこちら)。

 今年(2016年)5月1日の配置状況を見ると、次のようになっています。

(1)地方自治体における常勤保健師数の合計は、前年に比べて569人・1.7%増加し3万3901 人となった(都道府県に4999人・14.7%、市区町村に2万8902人・85.3%が在籍)

自治体における保健師の配置状況

自治体における保健師の配置状況

 

(2)所属部門別に見ると、都道府県では▼本庁に778・15.6%▼保健所に3660 人・73.2%―、市区町村では本庁に▼9424人・32.6%▼保健所に3165人・11.0%▼市町村保健センターに1万1161人・38.6%―が所属している

所属部門別に見た保健師の配置状況

所属部門別に見た保健師の配置状況

 

(3)統括的な役割を担う保健師は、都道府県では43 自治体・91.5%、市区町村では843 自治体・48.4%に配置されており、昨年度に比べて71自治体・8.7%増加した

統括的な役割を担う保健師の配置状況

統括的な役割を担う保健師の配置状況

 

(4)統括的な役割を担う保健師数は前年度に比べて127人・11.4%増加して1242人となり、都道府県では▼本庁に51人・20.5%▼保健所に183人・73.5%―、市区町村では▼本庁に426人・42.9%▼保健所に44人・4.4%▼市町村保健センターに348人・35.0%―配置されている

統括的な役割を担う保健師数

統括的な役割を担う保健師数

 

 なお(3)と(4)の「統括的な役割を担う保健師」とは、「保健師の保健活動を組織横断的に総合調整および推進し、技術および専門的側面から指導する役割を担う者」をいいます。保健師、統括的な役割を担う保健師の配置は着々と進んでいますが、市町村レベルではまだまだ十分とは言い切れません。さらなる配置の充実に向けて、自治体の自助努力はもちろん、国による支援、日本看護協会らの職能団体による支援など、これまで以上に総合的な取り組みが待たれます。

 

MW_GHC_logo

【関連記事】
保健師の系統的な現任教育体制を整備し、自治体の統括保健師配置を進めよ―日看協

「軽度者への生活援助」の地域支援事業への移行、要支援者の状況検証が先―介護保険部会(1)
要支援者への介護サービス、総合事業への移行による質低下は認められず―介護保険部会(2)
地域包括支援センター、「土日の開所」や「地域での相談会実施」など相談支援機能の拡充を―介護保険部会(1)
ケアプラン作成費に利用者負担を導入すべきか―介護保険部会
介護従事者の処遇改善に向け、来年度(2017年度)に臨時の介護報酬改定―介護保険部会(2)
要介護認定の「更新」有効期間、上限を現在の24か月から36か月に延長―介護保険部会(1)
介護保険の被保険者対象年齢、「40歳未満」への引き下げは時期尚早―介護保険部会
介護費用の分担、現役世代の頭割りを維持すべきか、負担能力も勘案していくべきか―介護保険部会(2)
所得の高い高齢者、介護保険の利用者負担を2割よりも高く設定すべきか―介護保険部会(1)
介護保険の福祉用具貸与・販売や住宅改修、標準価格を導入すべきか―介護保険部会(2)
軽度者への生活援助、保険給付のあり方などめぐり激論続く―介護保険部会(1)
介護人材不足に元気高齢者の協力やロボット活用を、2025年に向けた生産性向上を検討―介護保険部会
要支援者のケアマネジメント、地域包括支援センターの業務から外すべきか―介護保険部会
適切なケアマネジメントの推進に向け、「特定事業所集中減算」の是非も論点に―介護保険部会
「あるべきでない地域差」是正に向け、市町村へのインセンティブ付与などを検討―介護保険部会
在宅医療・介護連携の推進、市町村と医師会との連携が不可欠―社保審・介護保険部会
軽度の要介護者への生活援助サービス、介護保険から地域支援事業に移行すべきか―社保審・介護保険部会