Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
メディ・ウォッチはGemMed(ジェムメド)に生まれ変わりました 運営会社 GLOBAL HEALTH CONSULTING

利益出せない組織は理想を追求できない、患者も職員も救う群馬県立がんセンターの「働き方改革」

2019.3.8.(金)

 群馬県のみならず、栃木県、埼玉県からも「最後の砦」としてがん患者が集まる群馬県立がんセンター(群馬県太田市、314床)。鹿沼達哉院長による大胆な経営改革で、改革からわずか2年で経営の黒字化を実現しました。劇的な改善をもたらした背景には、「利益を出せない組織は、理想を追い求めることができない」とする鹿沼院長の強い信念がありました。

荻野看護部長(左)と鹿沼達哉院長(右)。後ろは森本

荻野看護部長(左)と鹿沼達哉院長(右)。後ろは森本

 鹿沼院長の強い信念の下、断行されたのは下図の経営改善改革です。

181201nsp1

 群馬県立がんセンターは、病床削減を含む大胆な病床戦略、医師事務作業補助者の大幅増員を軸とした大規模なタスクシスト、外来時から患者の入退院を支援する「Patient Flow Management(PFM)」の設立などを、具体的にはどのように進めていったのか――。鹿沼院長へのインタビュー記事も交えて、その全貌に迫ります。

 詳細は以下の記事タイトルと主なポイントをご確認いただき、グローバルヘルスコンサルティング・ジャパンのホームページに掲載した事例紹介記事(『患者も職員も救う群馬県立がんセンターの「働き方改革」』)をご覧ください。

患者も職員も救う群馬県立がんセンターの「働き方改革」

  • あたため続けてきた改革構想
  • 目的はあくまで「現場の負担軽減」
  • 改革を推進した5人のキーマン
  • 断ち切られた「負の連鎖」
  • がんセンターに本当に必要なこと
  • 【院長インタビュー】利益を出せない組織は、理想を追い求めることができない
  • 【コラム】「外に出るがんセンター」で集患強化、患者満足度
解説を担当したコンサルタント 森本 陽介(もりもと・ようすけ)

morimoto 株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパンのマネジャー。
慶応義塾大学経済学部卒業後、国家機関で薬事行政に携わり、入社。地域医療構想下における病院再編・統合に関する意思決定支援、統合後の臨床統合(クリニカルインテグレ―ション)支援が専門。単体病院にとどまらない、地域全体の病院・関係団体・住民を巻き込んだ支援を得意とする。多数の都道府県・医療機関のコンサルティングを行うほか、GHCが主催するセミナーや各種マーケティング施策の立案を担当。週刊東洋経済などビジネス誌、日本経済新聞など新聞の取材協力多数。