Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
新型コロナ対策 医療崩壊の真実

ピックアップ

費用対効果評価、「ICER閾値の妥当性」「保険適用時価格への反映」などどう考えていくか―中医協・費用対効果評価専門部会

2021.4.21.(水)

2022薬価改定、新規後発品の価格設定ルール・原価計算方式の在り方・イノベーション評価などが重要論点―中医協・薬価専門部会

2021.4.21.(水)

小児のブルーライトカット眼鏡装用は発育に悪影響を及ぼす可能性―日本眼科学会ら6団体

2021.4.21.(水)

2020年10月分医療費、医科全体・医科入院・医科入院外のすべてで、女性では「乳がん」がトップに―健保連

2021.4.20.(火)

出生時体重が3000g未満であった女性は「妊娠高血圧症候群」のリスク高い―国がん・成育医療研

2021.4.20.(火)

専門医資格の更新に際し、「多様な地域での診療従事経験」にインセンティブ付与―専門医機構・寺本理事長

2021.4.20.(火)

2020年12月、健保組合医療費の減少はコロナ第3波の中、前年同期比3.23%にとどまる―健保連

2021.4.19.(月)

2022年度診療報酬改定、入院基本料の大幅増、食事療養費の引き上げ、地域医療体制確保加算の要件緩和など求める―日病協

2021.4.19.(月)

緊急包括支援に代え、コロナ患者受け入れを要件とした「診療報酬概算払い」で医療機関を支援せよ―財政審

2021.4.19.(月)

「コロナ感染症対策」と「医師の働き方改革」とを計画的に並行して進めなければならない―全自病の小熊会長・望月副会長(2)

2021.4.16.(金)

協会けんぽの後発品割合は2020年12月にも「80%以上」を維持できたが、今後の動向を注視すべき―協会けんぽ

2021.4.16.(金)

コロナ感染症に対応した500床以上病院、医業赤字額が「前年比10億円超」に悪化―全自病・小熊会長(1)

2021.4.16.(金)

2021年度の病床機能報告より、「前年度1年分の診療実績」を月別・病棟別に報告―厚労省

2021.4.16.(金)

輸液流量を10倍に誤設定する医療事故散発、輸液ポンプ画面と指示流量を照合し「指差し・声出し確認」を―医療機能評価機構

2021.4.15.(木)

不妊治療の方法・費用に大きなバラつき、学会ガイドライン踏まえ「保険適用すべき不妊治療技術」議論へ―中医協総会(3)

2021.4.15.(木)

新型コロナのPCR検査・コロナとインフルの同時鑑別検査について、新検査手法を保険適用―厚労省

2021.4.15.(木)