Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
GemMed塾 「看護必要度」新制度シミュ―レーション

介護保険

地域包括ケアシステムの進化・推進に当たって、基盤となる「人材の育成・確保」が最重要課題—社保審・介護保険部会

2022.5.20.(金)

「要介護度が低い=家族介護負担が小さい」わけではない、家族介護者の負担・ストレスに留意を—都健康長寿医療センター

2022.5.9.(月)

介護保険の福祉用具、「貸与」と「販売」のいずれが適切か利用実態等踏まえて丁寧に議論を―福祉用具のあり方検討会

2022.4.21.(木)

介護予防のために身体活動・多様な食品摂取・社会交流の「組み合わせ」が重要—都健康長寿医療センター

2022.4.21.(木)

薬剤総額マクロ経済スライド、かかりつけ医制度化、要介護1・2サービスの市町村事業化などが進めよ―財政審

2022.4.18.(月)

「介護職員の処遇改善」加算取得促進に向けた支援を!介護業務の魅力等向上も重要―社保審・介護給付費分科会

2022.4.8.(金)

2020年度に独自の特別賞与など支給した場合、介護職員処遇改善補助金の計算から控除することも可能―厚労省

2022.3.25.(金)

2024年度からの第9期介護保険計画に向けた議論開始、人材確保と持続可能性確保が重要論点―社保審・介護保険部会

2022.3.25.(金)

2021年9月、特定処遇改善加算の取得進む、勤続10年以上介護福祉士の給与が35万円台に乗る―介護事業経営調査委員会

2022.3.25.(金)

介護療養は2024年度以降設置不可、強力に「介護医療院や医療療養などへの転換」促進を―社保審・介護給付費分科会

2022.3.17.(木)

介護分野でも「データ収集・分析→フィードバックによる質向上」の文化醸成が必要―介護給付費分科会・研究委員会

2022.3.8.(火)

2022年10月からの新たな【介護職員等ベースアップ等支援加算】の枠組み決定―社保審・介護給付費分科会

2022.3.1.(火)

介護職員処遇改善補助金、2・3月分を一時金対応した場合でも要件満たせばベースアップ分に含めてよい―厚労省

2022.2.25.(金)

2024年度介護報酬改定に向け「介護療養からの移行予定」や「LIFE活用状況」など詳しく調査―社保審・介護給付費分科会(2)

2022.2.8.(火)

新たな「介護職員の処遇改善加算」で審議報告、今後の「処遇改善の在り方」で問題提起多数—社保審・介護給付費分科会(1)

2022.2.8.(火)

「2-9月の介護職員処遇改善」補助金の詳細を明示、3月からの賃金改善などでは要件を満たさず―厚労省

2022.2.7.(月)