Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
GemMed塾 看護モニタリング

新型コロナ対応

昨年(2019年)12月に中華人民共和国武漢市で発生したとみられる新型コロナウイルス(covid-19)が、本邦でも猛威を振るい続けています。
これまでのデータからは「感染が確認された症状のある人の約80%が軽症、14%が重症、6%が重篤となっている」ことなどが分かっており、患者数の急増、重症患者の増加に伴い、医療現場の負担は増すばかりです。
Gem Medでは、新型コロナウイルス感染症に対する国・自治体・医療関係団体等の動きをできるだけ分かりやすくお伝えすることを通じて、医療現場を支援いたします。

新型コロナ関連記事カテゴリー一覧


新型コロナ対応

2024年2月の病院患者数、コロナ禍前(2020年2月末)と比べ入院6.6%減、外来3.5%減にとどまる—病院報告

2024.5.21.(火)

2024年2月、健保組合医療費はコロナ禍前(2020年2月)と比べ12.5%増、患者受療同行は平時に戻ってきている—健保連

2024.5.16.(木)

2023年10月分医療費、医科トップは再び「コロナ感染症」となったが、医療費シェアは縮小してきている―健保連

2024.5.1.(水)

コロナ感染症対応の通常医療体制への移行完了を踏まえ、「診療の手引き」最終版(10.1版)を公表―厚労省

2024.4.25.(木)

2024年1月の病院患者数、コロナ禍前(2020年1月末)と比べ入院6.9%減、外来8.0%減にとどまる—病院報告

2024.4.22.(月)

2024年1月、健保組合医療費はコロナ禍前(2020年1月)と比べ11.5%増、患者受療同行は平時に戻りつつある—健保連

2024.4.3.(水)

コロナ感染症治療薬ゾコーバ錠、「文書による説明・同意」は不要となるが、妊娠可能性のある女性への投与は禁忌である点に留意を—厚労省

2024.3.26.(火)

希少がん患者が、新たな治療薬へ迅速にアクセスできるよう保険診療上の取り扱いを整理—中医協総会

2024.3.22.(金)

2023年12月の病院患者数、コロナ禍前(2019年12月末)と比べ入院7.8%減、外来6.2%減という状況—病院報告

2024.3.21.(木)

介護報酬のコロナ臨時特例、良質なサービス確保のために、一部を除き「2024年3月末」で原則廃止—社保審・介護給付費分科会(1)

2024.3.18.(月)

コロナ治療薬「ゾコーバ錠」の本承認(薬事承認)を受け「薬価」を改めて検討、妊娠可能性ある女性への投与はNG—中医協総会

2024.3.13.(水)

コロナ医療費の公費支援等は2024年3月で終了、4月から「通常の医療体制」に戻る—厚労省

2024.3.6.(水)

2023年12月、健保組合医療費はコロナ禍前(2019年12月)と比べ7.4%増加し、平時に戻りつつある—健保連

2024.3.4.(月)

本邦の高齢者、コロナ禍でも「人とのつながり」を維持し、身体機能の低下、抑うつ、要介護度の悪化を防止―都健康長寿医療センター研究所

2024.2.27.(火)

2023年11月の病院患者数、コロナ禍前(2019年11月末)と比べて入院7.9%減、外来6.3%減にとどまる—病院報告

2024.2.20.(火)

コロナワクチンが打てない者の発症抑制に用いる「エバシェルド筋注」、発症抑制に限って使用する場合には在庫配置認める—厚労省

2024.2.14.(水)