Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
診療報酬改定セミナー2022 診療報酬改定セミナー2022

新型コロナ対応

昨年(2019年)12月に中華人民共和国武漢市で発生したとみられる新型コロナウイルス(covid-19)が、本邦でも猛威を振るい続けています。
これまでのデータからは「感染が確認された症状のある人の約80%が軽症、14%が重症、6%が重篤となっている」ことなどが分かっており、患者数の急増、重症患者の増加に伴い、医療現場の負担は増すばかりです。
Gem Medでは、新型コロナウイルス感染症に対する国・自治体・医療関係団体等の動きをできるだけ分かりやすくお伝えすることを通じて、医療現場を支援いたします。

新型コロナ関連記事カテゴリー一覧


ワクチン関連

小児(5―11歳)用の新型コロナワクチンを特例承認、腎・肝機能障害者などは接種に当たり要注意―厚労省

2022.1.24.(月)

3回目以降の職域コロナワクチン接種のための臨時診療所開設、届け出手続き等の柔軟措置継続―厚労省

2022.1.18.(火)

モデルナ社のコロナワクチンでも追加免疫(3回目のブースター接種)を特例承認、名称変更も―厚労省

2021.12.17.(金)

電子カルテデータの共有、「キーとなる情報の明確化」が何よりも重要―社保審・医療部会(2)

2021.12.13.(月)

ファイザー社・モデルナ社のコロナワクチン、「2回接種後」の若年男性で心筋炎・心膜炎リスク高―厚労省

2021.12.13.(月)

ファイザー社のコロナ感染症ワクチン、追加免疫(3回目のブースター接種)を特例承認―厚労省

2021.11.12.(金)

10・20代男性、モデルナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎に注意!ファイザー社ワクチンへの切り替えも可―厚労省

2021.10.19.(火)

コロナワクチン1回目接種で重篤副反応が出た場合など、2回目に他コロナワクチンの「交互接種」認める―厚労省

2021.10.1.(金)

妊婦は時期問わずコロナワクチン接種を、夫やパートナーも同様―産科婦人科学会・産婦人科医会・産婦人科感染症学会

2021.8.20.(金)

アストラゼネカ社のコロナワクチンを原則40歳以上に使用可、血栓症・毛細血管漏出症候群が見られる場合は不可―厚労省

2021.8.3.(火)

アストラゼネカ社のコロナワクチン、「毛細血管漏出症候群の既往歴のある者」は接種不適当―厚労省

2021.7.30.(金)

コロナワクチン接種に協力する介護事業所の臨時特例、事務連絡発出前に遡及して適用―厚労省

2021.7.29.(木)

中小企業・大学等における「コロナワクチン職域接種」を公費補助、協力医療機関への手厚い補助も延長―厚労省

2021.7.28.(水)

コロナワクチン接種後の副反応で介護従事者が一時的に不足しても、人員配置・加算等には影響せず―厚労省

2021.7.13.(火)

ファイザー・モデルナ社のコロナワクチンで心筋炎等の可能性、胸痛、動悸、むくみ、呼吸困難、頻呼吸などあれば医療機関受診を

2021.7.9.(金)

コロナワクチン接種会場にスタッフを派遣した医療機関等も診療報酬臨時特例の対象―厚労省

2021.7.5.(月)