Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
GemMed塾 GemMed塾

新型コロナ対応

昨年(2019年)12月に中華人民共和国武漢市で発生したとみられる新型コロナウイルス(covid-19)が、本邦でも猛威を振るい続けています。
これまでのデータからは「感染が確認された症状のある人の約80%が軽症、14%が重症、6%が重篤となっている」ことなどが分かっており、患者数の急増、重症患者の増加に伴い、医療現場の負担は増すばかりです。
Gem Medでは、新型コロナウイルス感染症に対する国・自治体・医療関係団体等の動きをできるだけ分かりやすくお伝えすることを通じて、医療現場を支援いたします。

新型コロナ関連記事カテゴリー一覧


診療等、医学的知見関連

コロナ重症化防止薬のロナプリーブとゼビュディ、外来等投与の場合は「緊急対応可能なように他医療機関との連携」確保を—厚労省

2022.10.7.(金)

コロナ感染症に罹患した透析患者について、「早期療養解除」のどの区分に該当するのかなどを解説—厚労省

2022.9.22.(木)

コロナ患者の療養、発症時間が明確な場合には「発症から240時間、かつ症状軽快から72時間経過」時点で解除可—厚労省

2022.9.14.(水)

コロナ療養期間が短縮されない「現に入院している者」とは、「発症日から7日経過時点で入院している者」をさす—厚労省

2022.9.9.(金)

一部コロナ患者の療養期間短縮、入院なしの有症状患者では「7日かつ症状計画から24時間」経過で療養解除—厚労省

2022.9.8.(木)

コロナ重症化防止薬「パキロビッドパック」も有効期限を18か月に延長、既存製剤も「有効期限18か月」と取り扱ってよい―厚労省

2022.9.7.(水)

コロナ重症化防止薬「ゼビュディ点滴静注」、既存製剤も「有効期限24か月」と取り扱ってよい―厚労省

2022.9.2.(金)

コロナ新薬「エバシェルド筋注」は発症抑制目的投与に限る、薬剤費は国負担だが3100円以下の患者負担―厚労省

2022.9.2.(金)

コロナ重症化防止薬「ラゲブリオ」、既存製剤も「有効期限30か月」と取り扱ってよい―厚労省

2022.9.1.(木)

コロナ感染症の重症化予防、ワクチン接種できない者の発症予防効果がある「エバシェルド筋注セット」を特例承認―厚労省

2022.8.31.(水)

コロナ濃厚接触者、待機期間は短縮されたが、「7日間」はマスク着用・毎日の検温など「感染対策の徹底」を—厚労省

2022.8.3.(水)

医療・介護従事者である濃厚接触者、業務従事のための「毎日の陰性確認」を「最終曝露から3日間」に短縮―厚労省

2022.7.29.(金)

コロナ濃厚接触者の待機期間、「原則5日間」「無症状等で2・3日目の陰性確認あれば3日目解除」に短縮—厚労省

2022.7.25.(月)

心血管疾患・脳血管疾患・COPD等の保有患者もコロナ重症化リスクあり、ロナプリーブなどの投与対象に―厚労省

2022.7.4.(月)

屋外でのマスク着用の考え方など整理、基本的な感染対策としてのマスクの重要性には変更なし―厚労省

2022.5.24.(火)

コロナ感染症の「後遺症」に留意を、重傷化防止薬「ゼビュディ」はBA.2系統で有効性減弱の可能性―厚労省

2022.5.10.(火)