Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
GemMed塾 「看護必要度」新制度シミュ―レーション

新型コロナ対応

昨年(2019年)12月に中華人民共和国武漢市で発生したとみられる新型コロナウイルス(covid-19)が、本邦でも猛威を振るい続けています。
これまでのデータからは「感染が確認された症状のある人の約80%が軽症、14%が重症、6%が重篤となっている」ことなどが分かっており、患者数の急増、重症患者の増加に伴い、医療現場の負担は増すばかりです。
Gem Medでは、新型コロナウイルス感染症に対する国・自治体・医療関係団体等の動きをできるだけ分かりやすくお伝えすることを通じて、医療現場を支援いたします。

新型コロナ関連記事カテゴリー一覧


診療等、医学的知見関連

コロナ感染症の「後遺症」に留意を、重傷化防止薬「ゼビュディ」はBA.2系統で有効性減弱の可能性―厚労省

2022.5.10.(火)

コロナ重症化防止薬「パキロビッド」、無床クリニックでの院外処方も可能に―厚労省

2022.4.25.(月)

コロナ変異株「BA.2系統」治療、禁忌などで他の薬剤が使用できない場合にゼビュディ投与検討を―厚労省

2022.4.19.(火)

コロナ重症化防止薬のラゲブリオやロナプリーブ、ゼビュディ、介護保険施設での登録・投与可能―厚労省

2022.3.28.(月)

コロナ濃厚接触者でも一定要件満たせば業務継続認める、新薬は併用禁忌・注意薬が多い点に留意―厚労省

2022.3.3.(木)

新たな経口のコロナ感染症重症化防止薬「パキロビッドパック」、評価療養として「保険診療との併用」可—厚労省

2022.2.16.(水)

新たなコロナ治療薬パキロビッド、併用禁忌薬など多く2月27日までは対象医療機関等を限定した試験運用―厚労省

2022.2.14.(月)

コロナ感染症の新たな経口治療薬「パキロビッドパック」特例承認、多数薬剤と併用禁忌・注意ある点に留意を―厚労省

2022.2.14.(月)

オミクロン株が猛威を振るう中、最新知見を踏まえて濃厚接触者・無症状者の自宅等待機期間を短縮する―厚労省

2022.2.4.(金)

コロナ急拡大時に「臨床症状のみでの診断」も可能だが、治療薬投与のためには「検査による確定診断」必要―厚労省

2022.1.31.(月)

コロナ濃厚接触者が症状呈した場合など「検査せずに臨床症状のみで診断する」ことも可―厚労省

2022.1.25.(火)

コロナ重症化防止薬「ゼビュディ」の有効期間を6か月延長、従前製品は「有効期限+6か月間」の使用可―厚労省

2022.1.25.(火)

小児(5―11歳)用の新型コロナワクチンを特例承認、腎・肝機能障害者などは接種に当たり要注意―厚労省

2022.1.24.(月)

トシリズマブ(販売名:アクテムラ)、「酸素投与が必要なコロナ感染症患者の肺炎」への効能効果を特例承認―厚労省

2022.1.24.(月)

コロナ感染症治療薬「レムデシビル」、医師指示の下で看護師が在宅療養患者等に投与可―中医協総会(2)

2022.1.21.(金)

オミクロン株感染者すべてに従前の退院基準適用、濃厚接触者の待機期間「10日」に短縮し、医療者等は例外も―厚労省

2022.1.17.(月)