Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
診療報酬改定セミナー2024 能登半島地震 災害でも医療は止めない!けいじゅヘルスケアシステム

新型コロナ対応

昨年(2019年)12月に中華人民共和国武漢市で発生したとみられる新型コロナウイルス(covid-19)が、本邦でも猛威を振るい続けています。
これまでのデータからは「感染が確認された症状のある人の約80%が軽症、14%が重症、6%が重篤となっている」ことなどが分かっており、患者数の急増、重症患者の増加に伴い、医療現場の負担は増すばかりです。
Gem Medでは、新型コロナウイルス感染症に対する国・自治体・医療関係団体等の動きをできるだけ分かりやすくお伝えすることを通じて、医療現場を支援いたします。

新型コロナ関連記事カテゴリー一覧


診療等、医学的知見関連

コロナワクチンが打てない者の発症抑制に用いる「エバシェルド筋注」、発症抑制に限って使用する場合には在庫配置認める—厚労省

2024.2.14.(水)

妊婦に禁忌のコロナ治療薬、「投与後に妊娠可能性が判明する事例が発生している」点を踏まえて、極めて慎重に投与・使用を—厚労省

2023.11.16.(木)

コロナ重症化防止薬「パキロビットパック」、患者からの文書での同意取得は不要だが、併用禁忌薬が多い点等を十分考慮せよ—厚労省

2023.9.15.(金)

新型コロナ感染症治療薬「ゾコーバ錠」は妊娠可能性ある女性等には禁忌、しかし依然として「服用後に妊娠可能性の判明」事例発生—厚労省

2023.9.1.(金)

コロナワクチンが打てない者の発症抑制に用いる「エバシェルド筋注」、要件満たす場合には「3回目まで」の投与が可能—厚労省

2023.8.28.(月)

コロナ感染症「外来診療」の基礎知識を公表、重症化リスクの高い軽症者にはまず「パキロビットパック」投与を検討—厚労省

2023.8.23.(水)

コロナ5類移行後、初の「診療の手引き」改訂!法定就業制限はないが、医療機関等では感染拡大への配慮を―厚労省

2023.8.22.(火)

妊婦等にゾコーバ錠を投与してしまう事例が新たに発生、「妊婦・妊娠可能性のある女性には使用できない」点の再確認を—厚労省

2023.7.3.(月)

コロナ再燃が懸念される中、ラゲブリオやゾコーバは妊婦・妊娠可能性のある女性には使用できない点の再確認を—厚労省

2023.6.26.(月)

新型コロナの抗体保有率、本年(2023年)5月時点では全国で42.8%、最高は沖縄の63.0%、最低は石川の34.1%—厚労省

2023.6.21.(水)

コロナ重症化防止薬ラゲブリオ、文書による「患者からの同意」取得は不要に!ただし妊婦等へ使用できない点に変更なし!―厚労省

2023.4.27.(木)

コロナ重症化防止薬「ラゲブリオ」、有効期限を「36か月」に再延長!既存製剤も同様に取り扱う!―厚労省

2023.4.24.(月)

コロナ5類移行後、感染者の外出自粛義務はなくなるが、「発症から5日間は外出を控える」などの留意を―厚労省

2023.4.14.(金)

コロナ5類移行後の「感染対策」、必要性・効果に加え「手間や代替策」なども勘案して情報提供を行う—厚労省

2023.4.3.(月)

コロナ治療薬「ゾコーバ錠」、医療機関・薬局は「女性患者等向けの注意喚起」資材も活用し、適正投与を—厚労省

2023.3.20.(月)

コロナ治療薬「パキロビット」を使用できる医療機関・薬局も「これまでの3倍」に拡大する—厚労省

2023.3.7.(火)