Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
病床機能報告 看護モニタリング

新型コロナ対応

昨年(2019年)12月に中華人民共和国武漢市で発生したとみられる新型コロナウイルス(covid-19)が、本邦でも猛威を振るい続けています。
これまでのデータからは「感染が確認された症状のある人の約80%が軽症、14%が重症、6%が重篤となっている」ことなどが分かっており、患者数の急増、重症患者の増加に伴い、医療現場の負担は増すばかりです。
Gem Medでは、新型コロナウイルス感染症に対する国・自治体・医療関係団体等の動きをできるだけ分かりやすくお伝えすることを通じて、医療現場を支援いたします。

新型コロナ関連記事カテゴリー一覧


検査関連

コロナ感染症を検査する「Rapi COVID-19検査キット」、2024年6月21日から保険適用―厚労省

2024.6.26.(水)

冬のコロナ・インフル同時感染拡大が懸念される中、簡易鑑別可能なコロナ抗原検査の新手法開発がさらに続く―厚労省

2023.11.17.(金)

2023年冬のコロナ・インフル同時感染拡大が懸念される中、コロナ抗原検査の新手法開発が続く―厚労省

2023.11.10.(金)

かかりつけ医機能報告制度、まず「かかりつけ医機能を果たしている」と考える医師の実態調査から進めるべき—日病・相澤会長

2023.9.26.(火)

コロナ感染症再拡大が懸念される中、コロナ・インフル・RSウイルスなどの鑑別検査について新手法開発が続く―厚労省

2023.8.16.(水)

コロナ感染症第9波が懸念される中、「コロナウイルス・インフルエンザウイルス」の鑑別検査の新手法開発続く―厚労省

2023.6.29.(木)

コロナ患者増加傾向の中、「コロナウイルス・インフルエンザウイルス・RSウイルス」などの鑑別検査の新手法開発が続く―厚労省

2023.6.19.(月)

コロナ5類移行後も「コロナウイルス・インフルエンザウイルス・RSウイルス」などの鑑別検査の新手法開発が続く―厚労省

2023.5.16.(火)

「病院等でのコロナ拡大防止のための検査」を行政検査として行う方法を病院・行政間で調整し、検査実施前に協議を—日慢協・橋本会長

2023.5.12.(金)

コロナ抗原定性検査・コロナPCR検査、新手法の保険適用続く―厚労省

2023.3.27.(月)

新型コロナウイルスとインフルエンザウイルスを同時検出できる検査、新たな手法を保険適用―厚労省

2023.3.23.(木)

コロナ感染症5類移行後の医療体制見直し内容を決定、激変緩和措置を置きながら他疾病治療との公平性を目指す

2023.3.13.(月)

インフル単独検査キットが入手できず「コロナ・インフル同時検査キット」を用いる場合、同時検査の高い点数算定可―厚労省

2023.1.30.(月)

コロナ患者数が急増し、死者数も高い水準で推移する中、コロナ抗原定性検査の保険適用続く―厚労省

2023.1.23.(月)

新型コロナ・季節性インフルエンザが同時流行し、死者も増加する中、コロナ抗原定性検査の新手法を保険適用―厚労省

2023.1.13.(金)

新型コロナ・季節性インフルエンザの同時流行に備え、コロナ・インフル・RSの同時鑑別を行える検査手法の保険適用続く―厚労省

2022.12.28.(水)