Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
無償キャンペーン GemMed塾

新型コロナ対応

昨年(2019年)12月に中華人民共和国武漢市で発生したとみられる新型コロナウイルス(covid-19)が、本邦でも猛威を振るい続けています。
これまでのデータからは「感染が確認された症状のある人の約80%が軽症、14%が重症、6%が重篤となっている」ことなどが分かっており、患者数の急増、重症患者の増加に伴い、医療現場の負担は増すばかりです。
Gem Medでは、新型コロナウイルス感染症に対する国・自治体・医療関係団体等の動きをできるだけ分かりやすくお伝えすることを通じて、医療現場を支援いたします。

新型コロナ関連記事カテゴリー一覧


診療報酬特例関連

診療・検査医療機関におけるコロナ対応診療報酬の特例(+250点、+147点)を10月末まで延長—厚労省

2022.9.29.(木)

コロナ入院患者に対し、十分な感染対策のうえで疾患別リハを行う際には【二類感染症患者入院診療加算】(250点)を算定可に—厚労省

2022.9.28.(水)

ラゲブリオ製剤、国購入品を投与する場合、患者・保険者に薬剤費を求めることは認められない点に留意を—厚労省

2022.9.20.(火)

介護医療院や介護老健等に入所するコロナ患者への「ラゲブリオ」投与、特例で薬剤料の算定認める―厚労省

2022.9.15.(木)

コロナ重症化防止薬「ラゲブリオ」の一般流通が9月16日スタート、国供給は「9月15日申請分」で終了—厚労省

2022.9.12.(月)

新たに保険適用された「コロナ・RSウイルスを簡便・迅速に鑑別可能な検査」、DPCや療養病棟等で出来高算定可―厚労省

2022.9.5.(月)

コロナ重症化防止薬「ラゲブリオ」を保険適用したが、感染爆発踏まえ「国からの配分」も当面は継続—厚労省

2022.8.12.(金)

コロナ抗原定量検査、8月1日から、新たに「化学発光免疫測定法(定量)による実施」でも点数算定認める—厚労省

2022.8.2.(火)

「患者自身がコロナ検査結果を持参」した場合の、検査料・判断料算定の取り扱いを整理—厚労省

2022.7.29.(金)

診療・検査医療機関の「コロナ疑い対応」「コロナ自宅療養等患者へのオンライン診療等」の診療報酬特例を9月まで延長—厚労省

2022.7.26.(火)

コロナ自宅・宿泊療養者への電話・オンライン診療、147点+250点を通常報酬に上乗せ—厚労省

2022.5.2.(月)

「救急医療管理加算の●倍」等のコロナ臨時特例、2022年4月以降も「改定前の950点」ベースに計算―厚労省

2022.4.4.(月)

蔓延防止等重点措置区域のオンライン診療における500点上乗せ特例、4月いっぱいまで算定可―厚労省

2022.3.18.(金)

2022年4月以降のオンライン初診、新施設基準届け出た場合は「251点」、それ以外は「214点」を算定―厚労省

2022.3.8.(火)

後発品使用体制加算・調剤体制加算などの「後発品割合」、2022年9月まで供給不安薬を計算から除外可―厚労省

2022.3.8.(火)

自宅等療養するコロナ患者へのオンライン診療等、一定要件下で二類感染症診療加算×2(500点)を算定可―厚労省

2022.2.18.(金)