Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
GHCプレミアムセミナー「コロナ禍の集患は後方連携から ~持続可能な連携に向けて~ 」 GemMed塾

新型コロナ対応

昨年(2019年)12月に中華人民共和国武漢市で発生したとみられる新型コロナウイルス(covid-19)が、本邦でも猛威を振るい続けています。
これまでのデータからは「感染が確認された症状のある人の約80%が軽症、14%が重症、6%が重篤となっている」ことなどが分かっており、患者数の急増、重症患者の増加に伴い、医療現場の負担は増すばかりです。
Gem Medでは、新型コロナウイルス感染症に対する国・自治体・医療関係団体等の動きをできるだけ分かりやすくお伝えすることを通じて、医療現場を支援いたします。

新型コロナ関連記事カテゴリー一覧


厚労省医療費統計関連

2021年度医療費は4.6%増の44兆2000億円、前年度大幅減の反動を加味し「平時の伸びには戻っていない」との見方も—厚労省

2022.9.20.(火)

2021年4月から2022年2月、医療費はコロナ禍前と比べ0.4%増にとどまり、延べ患者数は4.4%も減少―厚労省

2022.7.1.(金)

コロナ禍でも「西日本で受療率高く・在院日数長い」状況に変化なし―2020年・患者調査

2022.7.1.(金)

市町村国保でも2020年度はコロナ感染症の影響で大幅黒字、積立金は1兆3257億円に増加―厚労省

2022.6.30.(木)

75歳以上の後期高齢者医療でも、2020年度はコロナ感染症の影響で大幅黒字に―厚労省

2022.6.27.(月)

コロナ禍での「重症入院患者比率の上昇」「診療報酬臨時特例」で、病院の入院患者単価は急上昇―2021年社会医療統計

2022.6.23.(木)

2021年度に入っても「患者減→医療費減」は継続、疾病構造・診療内容にも大きな変化—社保審・医療保険部会(2)

2022.5.26.(木)

2021年4-12月、医療費はコロナ禍前と比べ1.0%増、平時の2%台半増に比べ低水準のまま―厚労省

2022.5.3.(火)

2021年4-11月の医療費はコロナ禍前(2019年4-11月)と比べ0.9%増、「平時の2%台増」に比べて小さい―厚労省

2022.3.31.(木)

2021年4-10月の医療費はコロナ禍前(2019年4-10月)と比べ0.8%増、「平時の2%台増」に及ばず―厚労省

2022.3.1.(火)

2021年度上半期、平時と比べ医療費増加ペースは遅く、患者数減少ペースが極めて大きい―厚労省

2022.2.1.(火)

2021年8月、コロナ禍前に比べて医療費は1.2%増加したが、延べ患者数は5.4%減、医科入院は7.6%減―厚労省

2021.12.28.(火)

2021年7月、前々年同月に比べて医療費2.1%減・患者数8.9%減、コロナ流行前の水準に戻らず―厚労省

2021.12.8.(水)

2021年6月、医療費はコロナ流行前水準に戻ってきているが、患者数の落ち込みは続く―厚労省

2021.11.1.(月)

2021年度に入っても患者数・医療費はコロナ流行前の水準に戻っていない―社保審・医療保険部会(1)

2021.9.24.(金)

2020年度医療費、コロナ感染症の影響で前年度から1兆4000億円・3.2%もの減少―厚労省

2021.9.1.(水)