Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
2020 診療報酬改定セミナー 2020 診療報酬改定セミナー 運営会社 GLOBAL HEALTH CONSULTING

カテゴリー: 医療保険制度

高額なアレルギー治療薬「ゾレア皮下注」、花粉症への適応拡大踏まえ最適使用推進ガイドライン―中医協総会(3)

2019.11.15.(金)

診療報酬の在り方見直しや75歳以上の窓口負担2割等で、医療保険の持続可能性確保せよ―被用者保険5団体

2019.11.14.(木)

ブスルフェクス点滴静注、「悪性リンパ腫」における造血幹細胞移植の前治療へも保険診療で使用可能に―厚労省

2019.11.11.(月)

J041-2【血球成分除去療法】、「関節症性乾癬」患者へも算定可能に―厚労省

2019.11.7.(木)

機能転換進める民間病院に対し、大胆な財政支援を行え―経済財政諮問会議

2019.11.6.(水)

20種類の呼吸器感染症病原体を高精度・短時間に同定する新検査を11月から保険適用—厚労省

2019.11.5.(火)

2020年度診療報酬改定はマイナス改定とし、急性期一般1の重症患者割合は35%以上に引き上げるべき―財政審

2019.11.5.(火)

2020年度診療報酬改定、「医師働き方改革」だけでなく「効率化」や「機能分化」なども重点課題ではないか―社保審・医療保険部会

2019.11.1.(金)

2019年5月の後発品割合、医科やDPC等含めると76.3%で「80%達成」には時間かかる―協会けんぽ

2019.10.18.(金)

台風19号の被災者受け入れで看護必要度等満たせなくなっても、当面は従前の入院基本料など算定可能―厚労省

2019.10.15.(火)

台風19号の被災者、保険証を持たずとも保険診療を受けられる特例―厚労省

2019.10.15.(火)

K022の1【組織拡張器用いた乳房再建手術】、当面、一般用の組織拡張器使用でも算定可―疑義解釈17【2018年度診療報酬改定】

2019.10.11.(金)

2019年4月に健保組合全体で後発品割合は78.4%、2019年10月には「80%以上」実現の見込み—健保連

2019.10.11.(金)

直腸がん治療等に用いるセツキシマブ、通常「週1回の投与」だが、「隔週での投与」も審査上認める―支払基金・厚労省

2019.10.10.(木)

「FGF23関連低リン血症性くる病・骨軟化症」の診断・治療効果判定を補助する検査を保険適用—厚労省

2019.10.8.(火)

2020年度診療報酬改定、「効率化・合理化の視点」「働き方改革の推進」「費用対効果評価」なども重要視点―社保審・医療保険部会

2019.10.3.(木)