Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
診療報酬改定セミナー2024 2024年度版ぽんすけリリース

医療保険制度

本年(2024年)5月16日現在の医療用医薬品・出荷状況(通常、限定、停止)を公表—厚労省・日薬連

2024.5.17.(金)

「マイナンバーカードによる医療機関受診」促進策を更に進めよ、正常分娩の保険適用も見据えた検討会設置—社保審・医療保険部会(1)

2024.5.16.(木)

2026年度の次期診療報酬改定に向け、入院・外来医療や賃上げ、後発品使用促進、医療DX、オンライン診療など広範な議論進める―中医協総会

2024.5.15.(水)

小児の「慢性特発性血小板減少性紫斑病」治療に、保険診療の中でレボレード錠、ロミプレート皮下注、リツキサン点滴静注を使用可―厚労省

2024.5.9.(木)

本年(2024年)5月2日現在の医療用医薬品出荷状況(通常、限定、停止)を公表—厚労省・日薬連

2024.5.7.(火)

悪性腫瘍遺伝子検査の「複雑なもの」(5000点)の対象検査などを5月1日から拡大—厚労省

2024.5.7.(火)

胃がん患者への抗がん剤「ビロイ点滴静注用」適応判定を補助する新検査(2700点)を5月1日から保険適用—厚労省

2024.5.7.(火)

協会けんぽ全体の後発品割合は2024年12月に83.6%、80%未達は徳島・奈良・高知の3県

2024.5.6.(月)

1番目の患者申出療養「進行性胃がんへのパクリタキセル・S-1併用療法」最終評価、対象患者絞り標準治療との比較を―患者申出療養評価会議

2024.4.26.(金)

胃がん患者への抗がん剤「ビロイ点滴静注用」適応判定の補助に用いる新検査を2024年5月に保険適用へ—中医協総会

2024.4.25.(木)

75歳以上後期高齢者の急増などにより健保組合財政は厳しさを増し、2024年度は86.6%が赤字―2024年度健保組合予算

2024.4.24.(水)

医師偏在是正に向け、診療報酬の1点単価10円」を、診療所過剰地域では「10-β円」に引き下げ、不足地域では「10+α円」引き上げよ―財務省

2024.4.19.(金)

「歴月に一度以上のマイナ保険証・紙保険証提示」など条件に、医療機関等で把握する被保険者番号での資格確認を暫定的に認める—厚労省

2024.4.18.(木)

出産育児一時金の「直接支払制度」を利用する産科医療機関等は、厚労省に費用等の情報提供を行うことが要件に—社保審・医療保険部会(2)

2024.4.12.(金)

「マイナンバーカードによる受診」実績等もとに、最大で病院20万円、クリニック10万円の一時金を今夏支給—社保審・医療保険部会(1)

2024.4.11.(木)

地域医療構想の実現に向け、都道府県に1-2か所の推進区域、全国に10-20か所のモデル推進区域を定め、国が技術的・財政的支援—厚労省

2024.4.9.(火)