Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
GemMed塾 看護モニタリング

新型コロナ対応

昨年(2019年)12月に中華人民共和国武漢市で発生したとみられる新型コロナウイルス(covid-19)が、本邦でも猛威を振るい続けています。
これまでのデータからは「感染が確認された症状のある人の約80%が軽症、14%が重症、6%が重篤となっている」ことなどが分かっており、患者数の急増、重症患者の増加に伴い、医療現場の負担は増すばかりです。
Gem Medでは、新型コロナウイルス感染症に対する国・自治体・医療関係団体等の動きをできるだけ分かりやすくお伝えすることを通じて、医療現場を支援いたします。

新型コロナ関連記事カテゴリー一覧


健保連統計関連

2024年2月、健保組合医療費はコロナ禍前(2020年2月)と比べ12.5%増、患者受療同行は平時に戻ってきている—健保連

2024.5.16.(木)

2023年10月分医療費、医科トップは再び「コロナ感染症」となったが、医療費シェアは縮小してきている―健保連

2024.5.1.(水)

2024年1月、健保組合医療費はコロナ禍前(2020年1月)と比べ11.5%増、患者受療同行は平時に戻りつつある—健保連

2024.4.3.(水)

2023年12月、健保組合医療費はコロナ禍前(2019年12月)と比べ7.4%増加し、平時に戻りつつある—健保連

2024.3.4.(月)

コロナ5類移行後の2023年11月、健保組合医療費はコロナ禍前(2019年11月)と比べ12.3%の増加—健保連

2024.2.13.(火)

コロナ5類移行後の2023年10月、健保組合医療費はコロナ禍前(2019年10月)に比べ8.7%の増加—健保連

2024.1.5.(金)

コロナ5類移行後の2023年8月、健保組合医療費はコロナ禍前(2019年8月)に比べ16.6%の大幅増—健保連

2023.11.2.(木)

コロナ5類移行後の2023年7月、健保組合医療費はコロナ禍前(2019年7月)に比べ14.4%の大幅増—健保連

2023.10.11.(水)

コロナ5類移行後の2023年6月、健保組合医療費はコロナ禍前(2019年6月)に比べ23.4%の大幅増—健保連

2023.8.30.(水)

コロナ5類移行後の2023年5月、健保組合医療費はコロナ禍前(2019年5月)に比べて16.8%の大幅増—健保連

2023.8.3.(木)

医科入院の延べ患者数が安定して「前年同月比プラス」となり、医科入院外の患者単価の「前年同月比マイナス」の状況をどう見るか—健保連

2023.7.7.(金)

2023年2月、医科入院でも延べ患者数がついに増加!医科入院外でも患者単価減が見られ「平時」に戻りつつある—健保連

2023.5.8.(月)

コロナ感染症の落ち着き、75歳以上後期高齢者の急増などにより健保組合財政は非常に厳しくなる―2023年度健保組合予算

2023.4.21.(金)

2023年1月の健保組合医療費はコロナ禍前と比べ10.9%増加!外来患者の受療行動変化が伺える!—健保連

2023.4.5.(水)

2022年12月の健保組合医療費はコロナ禍前と比べ10.4%増加!外来患者の受療行動に注目を!—健保連

2023.3.7.(火)

健保組合の2021年度医療費はコロナ禍前の19年度比で3.4%増、呼吸系疾患の医療費減少が目立つ―健保連

2023.2.7.(火)