Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
Gem Med塾 病院ダッシュボードχ ZERO

新型コロナ対応

昨年(2019年)12月に中華人民共和国武漢市で発生したとみられる新型コロナウイルス(covid-19)が、本邦でも猛威を振るい続けています。
これまでのデータからは「感染が確認された症状のある人の約80%が軽症、14%が重症、6%が重篤となっている」ことなどが分かっており、患者数の急増、重症患者の増加に伴い、医療現場の負担は増すばかりです。
Gem Medでは、新型コロナウイルス感染症に対する国・自治体・医療関係団体等の動きをできるだけ分かりやすくお伝えすることを通じて、医療現場を支援いたします。

新型コロナ関連記事カテゴリー一覧


補助金・支援金関連

「コロナ病床確保料を交付された病院が、適切に患者を受け入れているか」を調査、結果踏まえ上限額見直しの可能性も—厚労省

2023.1.25.(水)

コロナ病床確保料、「看護師等確保ができずコロナ患者入院を受けられない期間」は補助対象とならないこと明確化—厚労省

2023.1.24.(火)

院内クラスター発生等による「みなし重点医療機関」、看護配置の特例(夜間の他病棟からの支援等)は適用せず—厚労省

2022.12.29.(木)

高齢者施設や臨時医療施設等へ看護師派遣する際の「増額補助」特例(1時間8280円)、期限を本年度末(2023年3月末)まで延長—厚労省

2022.12.28.(水)

新聞の折り込み広告やチラシのポスティング等を利用し、地域住民に「発熱外来等の相談体制」周知を—厚労省

2022.12.13.(火)

コロナ病床確保料の減額調整、「一定の都道府県の裁量」を認め、医療資源の乏しい地域でのコロナ対応力確保を目指す—厚労省

2022.11.22.(火)

コロナ病床確保料の減額調整、「一定の救済ルール」を設けるとともに、「経営状況の判断基準」を明確化—厚労省

2022.11.4.(金)

「積極的にコロナ患者受け入れない医療機関」の病床確保料調整(減額)について詳細な考え方を示す―厚労省

2022.10.6.(木)

高齢者施設や臨時医療施設等へ看護師派遣する際の「補助上限1.5倍」特例(1時間8280円)、期限を本年(2022年)末まで延長—厚労省

2022.9.28.(水)

コロナ病床確保の補助で「積極的にコロナ患者受け入れない医療機関」の上限見直し、夜間や休日のワクチン接種も推進―厚労省

2022.9.26.(月)

コロナ補助金を10月以降も継続、ただし「協力医療機関の病床確保料」を廃止し「コロナ病床」への転換促進等の見直し行う—厚労省

2022.9.14.(水)

感染症蔓延時に備えた都道府県と医療機関との「協定」、実行をどう担保するかが最も重要である―社保審・医療部会(1)

2022.9.6.(火)

2023年度厚労省予算概算要求は33兆2644億円、病床機能再編・電子カルテ標準化など促進、コロナ補助は事項要求

2022.9.1.(木)

新興感染症「初期」対応する中核病院等に対し、公費や保険料で「減収補填」を行ってはどうか—社保審・医療保険部会(1)

2022.8.19.(金)

コロナ患者が療養する高齢者施設等への「看護師派遣」、単価8280円(通常の3倍)の高額補助を9月まで延長—厚労省

2022.7.26.(火)

「症状が少し落ち着いたコロナ患者」受け入れ病床への補助、対象期間を9月末・申請期間を10月末まで延長—厚労省

2022.7.26.(火)