運営会社 GLOBAL HEALTH CONSULTING

18年度改定で公立病院が飛躍する条件とは―公立病院ベンチマーク勉強会2016年春

2016.5.18.(水)

 診療・介護報酬改定、医療計画・介護保険事業計画の見直しの3つが重なる2018年度は、日本の医療・介護の環境が激変すると言われています。18年度までに国内の病院はどのような対応をすれば、病院大再編時代を生き残ることができるのか――。公立病院が集まり、DPCデータによる分析結果を実名(病院名)で公開するベンチマーク勉強会がこの春、開催されました。

医療連携など実名データで議論、第3回せやCoM

 直近では5月6日、「大阪府公立病院ベンチマーク勉強会(通称:せやCoM)」が開催されました。3回目となる今回は、過去最多10病院24人が参加(図表1)。16年度診療報酬改定、地域医療構想、機能評価係数Ⅱなどの最新情報を共有した上で、ベンチマーク分析を通して18年までにすべきことを議論しました。ベンチマーク分析は、主に退院調整加算やリハビリ実施率などのチーム医療に関連する項目と機能評価係数IIを取り上げ、体制強化や係数向上策について白熱した議論が展開されました。

(図表1)3回目せやCoMの参加病院

(図表1)3回目せやCoMの参加病院

 今年3月に策定された大阪府の地域医療構想では、2025年の必要病床数は2013年と比較して大阪府全体で約1万床不足、機能別では急性期過剰、回復期不足と試算されています(図表2)。ただ、この算出ロジックには疑問点も多数あります。勉強会で講演したGHCアソシエイトマネジャーの八木保は、(1)地域の医療ニーズをデータで見極めたうえで、地域医療構想の先手を取る病床機能分化、(2)機能評価係数II向上、(3)医療提供体制の整備――の3つの視点で早めの対策を行うことが、18年度の診療・介護報酬の同時改定で飛躍するための条件であるとしました。

(図表2)大阪府の地域医療構想の概要

(図表2)大阪府の地域医療構想の概要

(図表3)退院調整加算算定率のベンチマーク結果

(図表3)退院調整加算算定率のベンチマーク結果

松坂市民の呼吸器センター立ち上げの内幕、第20回ToCoM

 前年度末の3月25日には、約100人の関係者が一堂に会し、「東海地区自治体病院コンソーシアム(ToCoM)」の第20回会合が開催されました。

 「『人は石垣 人は城』~病院運営の投資はハードからソフトへ~」と題して講演した松阪市民病院呼吸器センター長の畑地治氏は当時、松阪市民病院で唯一の呼吸器内科医。いかに孤軍奮闘して呼吸器センター(内科5人、外科2人)を立ち上げ、松阪市民病院の売り上げの35%を稼ぐようになったかを報告しました(座長は小牧市民病院副院長兼内科統括部長の川口克廣氏)。

 ポイントは、「紹介患者には最低3回の報告書を徹底」「三重県の呼吸器関連の学会・研究会に出席して発表し続けて名前を覚えてもらう」「少ない症例数でも治験に積極参加し、治験開始日に症例を提出」などの取り組みで、「松阪に頼めばすぐにやってくれる」という実績を作る一方、三重大学の学生との積極的な交流を図ることで、人財を確保していったといいます。

 「公立病院の将来像」と題したシンポジウムでは、GHCマネジャーの塚越篤子が「適正病床数を考える」をテーマに講演した上で、メディカル・データ・ビジョンの小林大士氏、豊橋市民病院副院長兼脳神経外科第一部長の雄山博文氏、中津川市民病院地域医療連携室長兼退院調整室長の大山孝子氏、大垣市民病院事務局庶務課企画経営G主幹の川崎徹雄氏の5人でのパネルディスカッションを行いました(座長は松阪市民病院副院長兼泌尿器科長の櫻井正樹氏)。

 このほか、「平成28年度診療報酬改定と今後の方向性」(座長・松阪市民病院総合企画室副室長の世古口務氏)と題して、東邦大学医学部医療政策・渉外担当特任部門教授で診療報酬調査専門組織「DPC評価分科会」分科会長の小山信彌氏が講演しました。

解説を担当したコンサルタント 八木 保(やぎ・たもつ)

yagi 株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパンのコンサルティング部門アソシエイトマネジャー。理学療法士、中小企業診断士。
名古屋大学医学部保健学科理学療法学専攻卒業。大手商社にてヘルスケア業界におけるマーケティング商品開発、中小企業のコンサルティングを経て、入社。リハビリの質と生産性向上、コスト削減、財務分析、DPC分析などを得意とする。多数の医療機関のコンサルティングを行うとともに、社内のコスト削減プロジェクトや社外のCQI(Cancer Quality Initiative)研究会のサポートなどでも精力的に活動する(諏訪中央病院の事例紹介はこちら、津島市民病院の事例紹介はこちら)。
解説を担当したコンサルタント 塚越 篤子(つかごし・あつこ)

tsukagoshi 株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパンのコンサルティング部門マネジャー。
テンプル大学教養学部経済学科卒業。経営学修士(MBA)。看護師・助産師として10年以上の臨床経験、医療連携室責任者を経て、入社。医療の標準化効率化支援、看護部活性化、病床管理、医療連携、退院調整などを得意とする。済生会福岡総合病院(事例紹介はこちら)、砂川市立病院など多数の医療機関のコンサルティングを行う。新聞の取材対応や雑誌への寄稿など多数(「隔月刊 地域連携 入退院支援」の掲載報告はこちら)。