Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
メディ・ウォッチはGemMed(ジェムメド)に生まれ変わりました 運営会社 GLOBAL HEALTH CONSULTING

データ分析の経営改善事例多数、日病が初のJHAstisユーザー会を開催

2016.12.6.(火)

 日本病院会は11月22日、「JHAstis」(Japan Hospital Association Strategy Tactics Information System=日本病院会戦略情報システム)のユーザー会を開催しました。(日病のホームページはこちら)。同ツールの勉強会開催は初めてのことで、多数のデータ分析による経営改善事例が紹介されたほか、GHCコンサルタントも講演しました。

161206nsp1

加算算定やGW活用など

 今回、ユーザー事例を紹介したのは「南大和病院」(140床)と「金沢西病院」(166床)。南大和病院は、総合評価加算など新たに複数の加算算定の見通しがついたこと、金沢西病院はJHAstisを軸に院内全体を巻き込むグループワークを実施する活用事例などについて説明しました。

 いずれも臨場感溢れる改善・活用事例で、JHAstisを使うことでどう経営改善につながっていくのかがよく分かる内容ですので、ご興味がある方は是非、以下の日本病院会のホームページから詳細報告についてご確認ください。

◆新たな加算算定や院内の経営意識向上に活用、日病が経営分析レポートで初の勉強会

GHCがデータ分析の基本を講演

 日本病院会は「見える化」の推進に向け、出来高算定病院を対象としてJHAstisを実施しています。具体的には、参加病院から提供された「患者の個人情報などを匿名化したレセプトデータ」を活用し、経営改善に必要な各種データを個々の病院ごとにレポート形式で定期配信します。

 今回のユーザー会では、GHCアソシエイトマネジャーの澤田優香が本レポートについて解説。毎月配信する「月次レポート」と「加算レポート」、4か月に1度配信する「定期レポート」について、その魅力を紹介しました。また、ホットトレンドとデータ分析の重要性について、マネジャーの冨吉則行が看護必要度関連の講演をしました。

 こちらの内容についても日本病院会のホームページで詳細を掲載しておりますので、ご確認ください。

◆新たな加算算定や院内の経営意識向上に活用、日病が経営分析レポートで初の勉強会

解説を担当したコンサルタント 冨吉 則行(とみよし・のりゆき)

tomiyoshi 株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパンのコンサルティング部門マネジャー。
早稲田大学社会科学部卒業。日系製薬会社を経て、入社。DPC分析、人財育成トレーニング、病床戦略支援、コスト削減、看護部改善支援などを得意とする。金沢赤十字病院(事例紹介はこちら)、愛媛県立中央病院など多数の医療機関のコンサルティングを行う(関連記事「病院が変化の先頭に立つために今できるたった3つのこと」)。
解説を担当したコンサルタント 澤田 優香(さわだ・ゆうか)

sawada 株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパンのアソシエイトマネジャー。看護師、保健師。
聖路加看護大学卒業後、集中治療室の勤務を経て、入社。看護必要度分析、看護業務量調査、DPC別診療科検討、病床戦略分析、マーケット分析などを得意とする。自由分析ソフトを用いた分析では、社内で右に出るものはいない。多数の医療機関のコンサルティングを行うとともに、社内のアナリスト育成や看護関連プロジェクト(看護必要度勉強会や「看護必要度分析」開発など)でも精力的に活動する(東京医科大学病院の事例紹介はこちら)。