Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

新型コロナ対応

昨年(2019年)12月に中華人民共和国武漢市で発生したとみられる新型コロナウイルス(covid-19)が、本邦でも猛威を振るい続けています。
これまでのデータからは「感染が確認された症状のある人の約80%が軽症、14%が重症、6%が重篤となっている」ことなどが分かっており、患者数の急増、重症患者の増加に伴い、医療現場の負担は増すばかりです。
Gem Medでは、新型コロナウイルス感染症に対する国・自治体・医療関係団体等の動きをできるだけ分かりやすくお伝えすることを通じて、医療現場を支援いたします。

新型コロナのPCR検査(核酸検査)、新たな検査手法の保険適用を明確化―厚労省

2020.10.21.(水)

地域医療構想の「必要病床数」、新興・再興感染症対策を勘案して見直すべき—全自病・小熊会長

2020.10.16.(金)

新型コロナで「入院」を求める患者、65歳以上、基礎疾患保有、重症、妊婦などに限定—厚労省

2020.10.16.(金)

新型コロナの影響で未就学児の医療機関受診が激減、受診日数ほぼ半減—社保審・医療保険部会(1)

2020.10.15.(木)

発熱患者の外来診療・検査を担う「診療・検査医療機関(仮称)」、多くの医療機関が申請を—厚労省

2020.10.15.(木)

新型コロナに伴う患者減・手術減で大学病院は4期連続赤字、7月になっても十分に回復せず—医学部長病院長会議

2020.10.15.(木)

新型コロナのPCR検査(核酸検査)と抗原検査、新たな検査手法を保険適用―厚労省

2020.10.14.(水)

新型コロナウイルスによる健保組合医療費の動向、7月に入ると再び減少―健保連

2020.10.12.(月)

2020年6月、病院の患者数は入院・外来ともに5月に比べ回復―病院報告、2020年6月分

2020.10.12.(月)

発熱患者等に対応する「診療・検査医療機関」、対応日時等の明確化が必要だが、医療法上の変更届出は不要―厚労省

2020.10.8.(木)

新型コロナで激減した健保組合医療費、6月に入ると前期高齢者では前年水準に戻る―健保連

2020.10.7.(水)

公立病院の新たな改革プラン策定は延期、ただし現行プラン進捗状況を2020年度中に点検・評価せよ―総務省

2020.10.7.(水)

2020年6月から7月にかけ医療機関の「請求点数」は減少、重症患者が戻ってきてない可能性―支払基金

2020.10.6.(火)

新型コロナのPCR検査の検体は「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)病原体検査の指針」に沿う―厚労省

2020.10.6.(火)

鼻腔ぬぐい液を検体とする新型コロナ検査が可能に、「抗原定性検査」によるインフルとの鑑別に期待―厚労省

2020.10.5.(月)

急性期病棟の重症患者割合、回復期リハのリハ実績、地ケアの診療実績、経過措置を2021年3月まで延長―厚労省

2020.10.2.(金)