Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
メディ・ウォッチはGemMed(ジェムメド)に生まれ変わりました 運営会社 GLOBAL HEALTH CONSULTING

学会指針に沿った被ばく線量管理を行う66病院を「画像診断管理認証施設」に認定―日本医学放射線学会

2019.5.14.(火)

 東京大学医学部附属病院や北里大学病院、奈良県立医科大学付属病院、東京都保健医療公社荏原病院など66病院を、学会指針に沿った被ばく線量管理を行っている「画像診断管理認証施設」として認定した―。

 日本医学放射線学会は5月13日、こうした点を公表しました(日本医学放射線学会のサイトはこちら

画像診断管理加算3等、学会指針に基づく被ばく線量管理が施設基準に盛り込まれた

 2018年度の診療報酬改定では、【画像診断管理加算3】や【頭部MRI撮影加算】が新設されました。

 前者の【画像診断管理加算3】は、特定機能病院において▼画像診断担当経験10年以上等の画像診断担当医師を常勤で配置する(加算1-3の共通要件)▼画像診断担当医師が自院の核医学診断・CT撮影・MRI撮影を管理する(加算2・3の共通要件)▼核医学診断・CT撮影の8割以上の読影結果が撮影のよく診療日までに担当医に報告される(加算2・ 3の共通要件)―などのほか、「自院の核医学診断、CT撮影・MRI撮影について、CT撮影及びMRI撮影について、夜間・休日を除き、検査前の画像診断管理を行う」ことや、「関係学会の定める指針に基づく適切な被ばく線量管理を行い、患者・検査プロトコル単位で被ばく線量の最適化を行う」場合に取得できます(加算1は70点、加算2は180点だが、加算3は300点)。

また後者の【頭部MRI撮影加算】(100点)は、E202【磁気共鳴コンピューター断層撮影(MRI撮影)(一連につき)】の加算で、やはり「関係学会の定める指針に基づく適切な被ばく線量管理を行い、患者・検査プロトコル単位で被ばく線量の最適化を行う」ことが施設基準に盛り込まれています。

「関係学会の定める指針」について、厚生労働省は「日本医学放射線学会のエックス線CT被ばく線量管理指針等」を指すことを明らかにしています(2018年度診療報酬改定の疑義解釈その1)。日本医学放射線学会ではこれを受け、指針に沿った被ばく線量管理を実施している施設を、新たに「画像診断管理認証施設」として認定する制度を2018年度からスタート。今般、「2019年5月13日時点での認定施設」を公表したものです。

認定施設は次のとおりで(66施設)、こうした医療機関サイドの積極的な取り組みが、今後の診療報酬改定に結びつくと考えられます。

 なお2020年4月からは、すべての医療機関に「医療被曝線量の管理と記録」が義務付けられる予定となっているなど、「被ばく線量管理」が医療機関における重要テーマの1つになってきます。医療機関においては、学会指針等について理解を深めておくことが重要でしょう(関連記事はこちらこちら)。

【北海道】
▼市立札幌病院

【青森県】
▼青森県立中央病院

【岩手県】
▼岩手医科大学附属病院

【秋田県】
▼秋田県立脳血管研究センター

【山形県】
▼山形大学医学部附属病院

【茨城県】
▼筑波大学附属病院

【群馬県】
▼群馬大学医学部附属病院

【埼玉県】
▼埼玉医科大学国際医療センター

【東京都】
▼東京大学医学部附属病院、▼公益財団法人東京都保健医療公社荏原病院、▼国立国際医療研究センター病院、▼聖路加国際病院、▼国立成育医療研究センター、▼順天堂医院、▼昭和大学病院、▼日本医科大学付属病院、▼国立がん研究センター中央病院

【神奈川県】
▼聖マリアンナ医科大学病院、▼北里大学病院、▼神奈川県立こども医療センター、▼国立病院機構横浜医療センター

【新潟県】
▼新潟大学医歯学総合病院

【富山県】
▼富山県立中央病院

【石川県】
▼金沢大学附属病院、▼石川県立中央病院

【福井県】
▼福井大学医学部附属病院

【山梨県】
▼山梨大学医学部附属病院

【長野県】
▼信州大学医学部附属病院、▼長野市民病院

【岐阜県】
▼岐阜大学医学部附属病院

【愛知県】
▼愛知医科大学病院、▼名古屋大学医学部附属病院、▼藤田保健衛生大学病院

【滋賀県】
▼滋賀医科大学付属病院、▼公立甲賀病院

【京都府】
▼京都大学医学部附属病院、▼洛和会音羽病院

【大阪府】
▼大阪大学医学部附属病院、▼大阪急性期・総合医療センター、▼関西医科大学附属病院、▼近畿大学医学部附属病院、▼大阪医科大学附属病院

【兵庫県】
▼神戸大学医学部附属病院、▼兵庫医科大学病院

【奈良県】
▼奈良県立医科大学付属病院

【岡山県】
▼地方独立行政法人岡山市立総合医療センター岡山市立市民病院、▼岡山大学病院、▼操風会岡山旭東病院

【広島県】
▼県立広島病院、▼広島大学病院

【徳島県】
▼徳島赤十字病院

【福岡県】
▼福岡大学病院、▼九州大学病院、▼産業医科大学医学部附属病院、▼独立行政法人労働者健康安全機構九州労災病院、▼公立学校共済組合九州中央病院

【佐賀県】
▼佐賀大学医学部附属病院

【長崎県】
▼社会医療法人財団白十字会佐世保中央病院、▼長崎大学病院、▼佐世保市総合医療センター

【熊本県】
▼独立行政法人労働者健康安全機構熊本労災病院、▼社会福祉法人恩賜財団済生会熊本病院、▼独立行政法人国立病院機構九州医療センター

【大分県】
▼大分大学医学部附属病院

【鹿児島県】
▼鹿児島大学医学部附属病院

【沖縄県】
▼琉球大学医学部附属病院

 
 

 

MW_GHC_logo

 

【関連記事】

医療機関で放射線治療等での線量を記録し、患者に適切に情報提供を―社保審・医療部会(1)
「電子カルテの標準仕様」、国を挙げて制定せよ―社保審・医療部会の永井部会長が強く要請