Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
GemMed塾 2024年度版ぽんすけリリース

本年(2024年)5月16日現在の医療用医薬品・出荷状況(通常、限定、停止)を公表—厚労省・日薬連

2024.5.17.(金)

厚生労働省が5月16日、同日(本年(2024年)5月16日)現在の「医薬品供給状況にかかる調査」結果を公表しました(厚労省サイトはこちら(エクセルファイルで「品目別の出荷状況」を把握できる))。



一部後発品メーカーの不祥事に端を発する医薬品の欠品・品薄などが時間の経過とともに拡大しており、医療現場では診療に支障が生じる事態にまで至っています。

医薬品メーカーで構成される日薬連も事態を重く受け止め、定期的に「医薬品供給状況にかかる調査」を行い、その結果を公表し、厚労省に報告しています。今般、本年(2024年)5月16日現在の「医薬品供給状況にかかる調査」結果が公表されました。

例えば、高血圧症治療薬の「テルミサルタン」(後発品)に注目してみると、73製品のうち▼52品目が「通常出荷」▼6品目が「他社品の影響による限定出荷」▼3品目が「その他の事情で限定出荷」▼12品目が「供給停止」(うち9品目は薬価削除)—という状況です(5月2日時点から変化なし)。

本年(2024年)5月16日時点の医療用医薬品供給状況



成分・製品ごとに状況は異なっており、自院の採用製品について出荷調整などは行われていないか、調整が行われ入手困難な場合には、どの代替薬が比較的潤沢かなどを確認する必要があります。このリストも参考に、卸業者と納品調整を行うことなどが有用です。



診療報酬改定セミナー2024MW_GHC_logo

【関連記事】

本年(2024年)5月2日現在の医療用医薬品出荷状況(通常、限定、停止)を公表—厚労省・日薬連