Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
メディ・ウォッチはGemMed(ジェムメド)に生まれ変わりました 運営会社 GLOBAL HEALTH CONSULTING

今年(2016年)のがん罹患者は101万2000例、がんでの死亡は37万4000人―国立がん研究センター

2016.7.19.(火)

 今年(2016年)がんに罹患する人は前年に比べて約2万8000例増加して101万200例となり、大腸、胃、肺などで罹患数が多い。またがんで死亡する人は前年に比べて約3000例増加して37万4000人となり、肺、大腸、胃などで多い―。

 国立がん研究センター(以下、国がん)が15日に公表した「2016年のがん統計予測」から、このようなことが明らかになりました(国がんのサイトはこちらこちら)。

年間がん罹患者数は100万人超、部位別には大腸・胃・肺・前立腺・乳房が多い

 がん対策においても、最新のデータをベースにした比較研究・分析が不可欠です(関連記事はこちらこちら)。国がんでは、がん対策を効果的に進めるために、▽2014年のがん死亡数(2015年9月厚生労働省発表)▽2012年のがん罹患数全国推計値(本年6月国がん発表)―をベースに、2016年(つまり今年)のがん罹患数と死亡数を推計しました。

 それによると、まず今年(2016年)のがん罹患数は、前年に比べて約2万8000例増加し、101万200例と予測されます。罹患数が1970年代から一貫して増加しており、年間の罹患数が初めて100万人を超えました。

 部位別に見ると、「大腸」が最も多く14万7200例、次いで「胃」13万3900例、「肺」13万3800例、「前立腺」9万2600例、「乳房(女性)」9万例という状況です。この順位は前年と変わっていません。

 男女別に見ると、男性が57万6100例、女性が43万4100例となっています。

 まだ男性の部位別では、▽「前立腺」9万2600例▽「胃」9万1300例▽「肺」9万600例▽「大腸」8万4700例▽「肝臓」2万9000例―の順、女性の部位別では、▽「乳房」9万例▽「大腸」6万2500例▽「肺」4万3200例▽「胃」4万2600例▽「子宮」3万200例―の順で多くなっています。

2016年のがん罹患数予測、初めて100万人を超えている。部位別に見ると、「大腸」「胃」「肺」「前立腺」「乳房(女性)」で多い

2016年のがん罹患数予測、初めて100万人を超えている。部位別に見ると、「大腸」「胃」「肺」「前立腺」「乳房(女性)」で多い

がんの死亡者数は37万人超、部位別には肺・大腸・胃・膵臓・肝臓が多い

 一方、今年(2016年)にがんで死亡する人の数については、前年に比べて約3000人増加して37万4000人になると国がんは予測しています。

 部位別に見ると、「肺」が最も多く7万7300人、次いで「大腸」5万1600人、「胃」4万8500人、「膵臓」3万3700人、「肝臓」2万8100人という状況です。この順位も前年から変わっていません。

 男女別に見ると、男性が22万300人、女性が15万3700人となっています。

 また男性の部位別では、▽「肺」5万5200人▽「胃」3万1700人▽「大腸」2万7600人▽「肝臓」1万8300人▽「膵臓」1万7100人―の順、女性の部位別では▽「大腸」2万4000人▽「肺」2万2100人▽「胃」1万6800人▽「膵臓」1万6600人▽「乳房」1万4000―の順で多くなっています。

2016年のがん死亡数予測、37万人を超えると予測される。部位別に見ると、「肺」「大腸」「胃」「膵臓」「肝臓」が多い

2016年のがん死亡数予測、37万人を超えると予測される。部位別に見ると、「肺」「大腸」「胃」「膵臓」「肝臓」が多い

【関連記事】
2012年の人口10万人当たりがん患者は365.6、男性では胃がん、女性では乳がんが最多―国立がん研究センター
患者の免疫状態を正確に測定する新手法開発、抗体薬の効率的開発に期待―国立がん研究センター
乳がん・肺がん・肝臓がん、5年生存率に比べて10年生存率は大きく低下―国立がん研究センター
治療抵抗性の乳がん患者に対する新治療法、治験を開始―国立がん研究センター
がん罹患数98万例、死亡者数は37万人に―国立がん研究センター15年推計

がん診療連携拠点病院におけるステージ別症例数や人員体制など、国民に分かりやすく情報提供―がん診療提供体制検討会
第3期がん対策推進基本計画、ゲノム医療や希少・小児がん対策などを柱の1つに―がん対策推進協議会
第3期がん対策推進基本計画の策定に向け、集中的に議論を重ね早ければ年内に骨子案策定―がん対策推進協議会
がん対策基本計画の中間評価まとまる、「死亡率20%減」は達成できず―がん対策推進協議会
がん対策推進基本計画の中間評価、6月10日の協議会で報告書とりまとめへ―がん対策推進協議会
がん対策の最大目標「死亡率の20%減少」、達成困難な状況に危機感―がん対策推進協議会

がん医療の臨床指標を定め、自院と他院のベンチマークすることで医療の質が向上―がん研有明病院とGHCが共催セミナー
ベンチマークと臨床指標でがん医療の均てん化を推進―CQI研究会、8月開催