Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
診療報酬改定セミナー2024 看護モニタリング

胆道がんの手術後標準治療は「S―1補助化学療法」とすべき、有害事象少なく、3年生存率も高い―国がん・JCOG

2023.2.8.(水)

難治がん・希少がんの1つである「胆道がん」について、現在の手術後標準治療である「経過観察」よりも、「S-1補助化学療法」のほうが3年生存率が高い。また有害事象も限定的である—。

このため、本邦において胆道がんの手術後標準治療は「S-1補助療法」とし、胆道がんの根治手術後はS-1補助療法を行うことを第1選択として推奨する—。

国立がん研究センターと日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)が2月1日に、こうした研究結果を公表しました(国がんのサイトはこちら)。難治がん・希少がん対策が1歩ずつ進んでいる状況が伺えます。

現在の術後標準治療である「経過観察」よりも、S-1投与で3年生存率が上昇

難治がんかつ希少がん(本邦で年間約2万人が罹患)の1つである「胆道がん」については、治癒のために外科手術が必要ですが、▼早期発見が難しく、診断時にはがんが周囲の臓器・血管に広がっており手術不能なケースが少なくない▼手術可能な場合でも、肝切除や膵切除などの大きな手術が必要になることが多い▼手術後の再発率が高い—ことから、「補助療法の確立」が長年求められてきています(現在の本邦における標準治療は「根治手術後の経過観察」である)。

この点、国がんとJCOGでは「術後のS-1補助療法」(一般名「テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合錠」、販売名「エスワンケーケー配合錠T20」「エスワンタイホウ配合OD錠T20」ほか)に着目し、全国38施設の協力を得て、「標準治療である術後経過観察」に対する優越性を検証するランダム化第 III 相試験を実施しました。

具体的には、「胆道がんに対して根治手術を受けた患者440名」(20-80歳、全身状態のスコア(Performance status)が良好(ゼロまたは1)、規定の採血データで臓器機能障害がないな ど)を、▼経過観察のみ(標準治療)のグループ(経過観察群)▼S-1補助療法を受けるグループ(S-1群)—に半々に割り付け。3年後の状況を解析したところ、例えば次のような結果が得られました。

【主要評価項目:3年生存割合】
▽経過観察群で67.6%、S-1群で77.1%
→S-1群で有意に延長する

【副次評価項目:有害事象】
▽S-1群の主な有害事象(Grade3-4)は好中球減少(14%)、胆道感染(7%)—にとどまった

胆道がんの現在の手術後標準治療「経過観察」よりも、「Sー1補助化学療法」のほうが3年生存率が高い

胆道がんの現在の手術後標準治療「経過観察」と、「Sー1補助化学療法」とを比較する臨床試験を実施



この結果を踏まえ、国がんでは「S-1補助療法が胆道がん根治手術後の標準治療となる」「胆道がんの根治手術後はS-1補助療法を行うことが第1選択として推奨される」と結論づけています。

海外でも同様の臨床試験が行われており、今後「日本だけでなく海外のガイドラインでも標準治療が書き換えられ(経過観察ではなくS-1補助化学療法を推奨する)、胆道がん患者に有効な治療が提供される」ことに期待が集まります。

なお、国がんが支援する日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)では、胆道がんの「術前」化学療法として、▼ゲムシタビン(ジェムザール注射用、ほか後発品多数)▼シスプラチン(ランダ注、ほか後発品あり)▼S-1—の3剤併用の有効性を検証する臨床試験を行っており、こちらの結果にも期待が集まります。



診療報酬改定セミナー2024MW_GHC_logo

【関連記事】

血液検体を用いた遺伝子検査(リキッドバイオプシー)、大腸がんの「再発リスク」「抗がん剤治療の要否」評価に有用―国がん・九大
千葉県の国がん東病院が、山形県鶴岡市の荘内病院における腹腔鏡下S状結腸切除術をオンラインでリアルタイム支援―国がん
抗がん剤治療における薬剤耐性の克服には「原因となる融合遺伝子を検出し、効果的な薬剤使用を保険適用する」ことが必要—国がん
2cm以上でも転移リスクの少ない早期大腸がんでは、「内視鏡的粘膜下層剥離術」(ESD)を治療の第1選択に—国がん
開発中の「血液がん用の遺伝子パネル検査」、診断や予後の予測でとくに有用性が高い—国がん
BRCA1/2遺伝子変異、乳・卵巣・膵・前立腺がん以外に、胆道・食道・胃がん発症リスク上昇に関連―国がん等
乳がんの生存率、ステージゼロは5年・10年とも100%だがステージIVは38.7%・19.4%に低下、早期発見が重要―国がん
全がんで見ると、10生存率は59.4%、5年生存率は67.3%、3年生存率は73.6%―国がん
2020年のコロナ受診控えで「がん発見」が大幅減、胃がんでは男性11.3%、女性12.5%も減少―国がん
「オンライン手術支援」の医学的有用性確認、外科医偏在問題の解消に新たな糸口―国がん