Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
診療報酬改定セミナー2022 診療報酬改定セミナー2022

乳がんの生存率、ステージゼロは5年・10年とも100%だがステージIVは38.7%・19.4%に低下、早期発見が重要―国がん

2021.12.27.(月)

がんの5年生存率・10年生存率は部位・ステージにより違いがあるが、概ね「早いステージ」でがんと診断された症例ほど5年生存率・10年生存率が高い―。

例えば、乳がんではステージゼロでは5年生存率・10年生存率ともに「100.0%」であるが、ステージIVになると5年生存率は38.7%、10年生存率は19.4%に低下してしまう―。

早期発見・早期治療の重要性を再確認でき、新型コロナウイルス感染症が流行する中でも、感染対策を十分に講じたうえでがん検診等を適切に受けることが重要である—。

国立がん研究センターが12月24日に公表した「全院内がん登録2009年10年生存率、2013-14年5年生存率集計」から、このような状況が明らかとなりました(国がんのサイトはこちらこちら、院内がん登録生存率集計結果閲覧システムはこちら)(関連記事はこちら)。

ステージIからIIIまでの前立腺がん、ステージゼロの乳がんでは5年生存率100%

国がんでは、従前から全国がんセンター協議会(全がん協)と協力して、32の加盟施設(国がん中央病院、がん研有明病院、岩手県立中央病院、九州がんセンターなど)における診断治療症例について「5年生存率」を発表しています。

また2016年1月からは、がん研有明病院、岩手県立中央病院など21施設のデータをもとにした「10年生存率」も公表しています(関連記事はこちらこちら)。

今般、2013-14年にがんの診断治療を行った87万85381症例を対象として「5年相対生存率」を、2009年に診断治療を行った29万3860症例を対象として「10年相対生存率」を推計しました。症例数の多さを見れば、結果の信頼性の高さが分かります。

相対生存率とは、がん以外の死因(極端に言えば交通事故など)によって死亡する確率を補正した生存率を意味し、「実測生存率」(死因に関係なくすべての死亡を計算に含めた生存率)÷「対象者と同じ性・年齢分布をもつ日本人の期待生存確率」で計算されます。以下の「生存率」はすべて相対生存率をさします。

まず5年生存率について見てみましょう。

全部位・全臨床病期の5年生存率は67.5%でした。「2012年-13年」にがんと診断された人の5年生存率は67.3%でしたので、「0.2ポイント向上している」と見ることもできますが、中長期的に評価していくことが重要です。



部位別(全臨床病期)に見ると、次のような状況です。がん種・ステージによって増減がありますが、やはり「中長期的な評価」が必要となります。

【胃がん】
▼全体:72.4%(2012・13診断症例に比べて0.3ポイント向上)▼ステージI:96.0%(同増減なし)▼ステージII:69.6%(同0.4ポイント向上)▼ステージIII:42.3%(同0.4ポイント向上)▼ステージIV:6.2%(同0.1ポイント低下)

【大腸がん】
▼全体:72.5%(同0.1ポイント低下)▼ステージゼロ:97.6%(同0.3ポイント向上)▼ステージI:94.5%(同0.1ポイント低下)▼ステージII:88.4%(同0.6ポイント低下)▼ステージIII:77.3%(同0.2ポイント低下)▼ステージIV:18.7%(同0.1ポイント低下)

【肝細胞がん】
▼全体:45.5%(同1.8ポイント向上)▼ステージI:63.7%(同0.8ポイント向上)▼ステージII:46.0%(同0.6ポイント向上)▼ステージIII:16.1%(同0.2ポイント向上)▼ステージIV:4.2%(同0.3ポイント低下)

【肝内胆管がん】
▼全体:20.6%(同1.7ポイント向上)▼ステージI:58.9%(同2.0ポイント向上)▼ステージII:34.6%(同1.7ポイント向上)▼ステージIII:24.2%(同1.2ポイント向上)▼ステージIV:5.6%(同増減なし)

【小細胞肺がん】
▼全体:11.6%(同0.1ポイント低下)▼ステージI:44.7%(同2.5ポイント低下)▼ステージII:31.2%(同0.1ポイント低下)▼ステージIII:17.9%(同0.2ポイント向上)▼ステージIV:1.9%(同0.1ポイント低下)

【非小細胞肺がん】
▼全体:47.7%(同0.9ポイント向上)▼ステージゼロ:96.3%(同1.6ポイント向上)▼ステージI:84.1%(同0.2ポイント向上)▼ステージII:54.4%(同0.3ポイント向上)▼ステージIII:29.9%(同1.5ポイント向上)▼ステージIV:8.1%(同0.7ポイント向上)

【女性乳がん】
▼全体:92.2%(同0.1ポイント低下)▼ステージゼロ:100.0%(同増減なし)▼ステージI:99.8%(同0.1ポイント向上)▼ステージII:95.5%(同増減なし)▼ステージIII:80.7%(同0.1ポイント向上)▼ステージIV:38.7%(同1.5ポイント向上)

2013・14年がん診断症例の5年生存率(その1)



【食道がん】
▼全体:47.7%(同0.2ポイント向上)▼ステージゼロ:91.2%(同0.1ポイント低下)▼ステージI:78.7%(同0.1ポイント低下)▼ステージII:50.8%(同0.5ポイント低下)▼ステージIII:26.9%(同0.1ポイント低下)▼ステージIV:8.6%(同0.6ポイント低下)

【膵臓がん】
▼全体:12.5%(同0.6ポイント向上)▼ステージゼロ:85.1%(同3.1ポイント低下)▼ステージI:51.8%(同1.6ポイント低下)▼ステージII:22.9%(同0.7ポイント向上)▼ステージIII:6.8%(同0.7ポイント向上)▼ステージIV:1.4%(同0.1ポイント低下)

【前立腺がん】
▼全体:98.4%(同0.1ポイント向上)▼ステージI:100.0%(同増減なし)▼ステージII:100.0%(同増減なし)▼ステージIII:100.0%(同増減なし)▼ステージIV:63.4%(同0.9ポイント向上)

【子宮頸がん】
▼全体:75.1%(同0.1ポイント低下)▼ステージゼロ:95.3%(同4.7ポイント低下)▼ステージI:95.6%(同0.2ポイント低下)▼ステージII:79.6%(同0.4ポイント低下)▼ステージIII:64.7%(同0.4ポイント低下)▼ステージIV:26.0%(同0.8ポイント向上)

【子宮内膜がん】
▼全体:84.2%(同0.2ポイント低下)▼ステージI:95.5%(同増減なし)▼ステージII:88.9%(同0.5ポイント低下)▼ステージIII:68.1%(同0.1ポイント低下)▼ステージIV:22.1%(同0.5ポイント低下)

【膀胱がん】
▼全体:66.2%(同0.6ポイント低下)▼ステージゼロ:96.2%(同0.9ポイント低下)▼ステージI:86.4%(同増減なし)▼ステージII:57.0%(同1.5ポイント低下)▼ステージIII:43.1%(同0.2ポイント低下)▼ステージIV:19.3%(同0.2ポイント低下)

2013・14年がん診断症例の5年生存率(その2)



【甲状腺乳頭濾胞がん】
▼全体:97.5%(同0.2ポイント向上)▼ステージI:98.9%(同0.2ポイント低下)▼ステージII:100.0%(同0.9ポイント向上)▼ステージIII:100.0%(同0.2ポイント向上)▼ステージIV:91.1%(同0.6ポイント向上)(未分化の場合には全体で6.3(同1.8ポイント低下)、ステージIVで6.6%(同1.3ポイント低下)、髄様の場合には全体で95.9(同1.1ポイント向上))

【喉頭がん】
▼全体:80.9%(同0.8ポイント低下)▼ステージゼロ:96.0%(同2.7ポイント低下)▼ステージI:96.5%(同1.3ポイント低下)▼ステージII:89.0%(同0.7ポイント向上)▼ステージIII:71.3%(同3.0ポイント低下)▼ステージIV:46.8%(同1.8ポイント向上)

【胆嚢がん】
▼全体:29.3%(同1.5ポイント低下)▼ステージゼロ:95.6%(同1.8ポイント低下)▼ステージI:93.2%(同0.2ポイント低下)▼ステージII:69.3%(同1.1ポイント低下)▼ステージIII:23.4%(同0.4ポイント低下)▼ステージIV:2.4%(同0.3ポイント低下)

【腎がん】
▼全体:82.7%(同0.7ポイント向上)▼ステージI:96.7%(同増減なし)▼ステージII:87.6%(同0.8ポイント向上)▼ステージIII:77.0%(同1.8ポイント向上)▼ステージIV:18.3%(同1.1ポイント向上)

【腎盂尿管がん】
▼全体:47.3%(同1.4ポイント低下)▼ステージゼロ:91.6%(同2.0ポイント向上)▼ステージI:82.8%(同2.2ポイント低下)▼ステージII:72.9%(同0.8ポイント向上)▼ステージIII:55.1%(同3.3ポイント低下)▼ステージIV:12.3%(同増減なし)

【卵巣がん】
▼全体:63.7%(同2.5ポイント向上)▼ステージI:90.8%(同0.2ポイント低下)▼ステージII:74.0%(同0.3ポイント向上)▼ステージIII:44.9%(同0.6ポイント向上)▼ステージIV:26.6%(同0.4ポイント低下)

2013・14年がん診断症例の5年生存率(その3)



「ステージが早ければ5年生存率が高い」ことが再確認でき、早期発見・早期治療の重要性を改めて認識できます。

ステージIの10年生存率、胃91.3%、大腸96.5%、乳(女性)99.0%に向上

次に10年生存率を見てみましょう。

全部位・全臨床病期の10年生存率は60.2%で、2007年診断症例の「60.1%」、2008年診断症例の「59.4%」と比べて向上しているように見えますが、やはり「中長期的な評価」が必要となる点に留意が必要です。



部位別(全臨床病期)では次のとおりです。

【胃がん】
▼全体:66.8%(2007・08年診断症例に比べて0.8ポイント向上)▼ステージI:91.3%(同0.4ポイント向上)▼ステージII:57.8%(同1.5ポイント向上)▼ステージIII:36.6%(同2.0ポイント低下)▼ステージIV:6.6%(同0.3ポイント低下)

【大腸がん】
▼全体:67.5%(同0.3ポイント向上)▼ステージゼロ:96.5%▼ステージI:92.6%(同1.0ポイント低下)▼ステージII:83.4%(同0.5ポイント低下)▼ステージIII:70.1%(同0.7ポイント向上)▼ステージIV:12.7%(同1.1ポイント向上)

【肝細胞がん】
▼全体:22.8%(同1.0ポイント向上)▼ステージI:34.5%(同1.1ポイント向上)▼ステージII:20.0%(同1.1ポイント向上)▼ステージIII:9.5%(同0.3ポイント向上)▼ステージIV:2.1%(同0.1ポイント低下)

【肝内胆管がん】
▼全体:10.4%(同0.5ポイント低下)▼ステージI:40.1%(同4.4ポイント向上)▼ステージII:24.5%(同5.6ポイント向上)▼ステージIII:5.4%(同2.7ポイント低下)▼ステージIV:0.7%(同0.7ポイント向上)

【小細胞肺がん】
▼全体:8.6%(同0.5ポイント低下)▼ステージI:33.8%(同1.9ポイント低下)▼ステージII:18.6%(同0.3ポイント低下)▼ステージIII:10.8%(同0.8ポイント向上)▼ステージIV:1.8%(同増減なし)

【非小細胞肺がん】
▼全体:35.0%(同0.5ポイント向上)▼ステージゼロ:64.2%▼ステージI:72.0%(同0.4ポイント低下)▼ステージII:35.0%(同0.2ポイント低下)▼ステージIII:14.2%(同07ポイント向上)▼ステージIV:2.2%(同0.2ポイント向上)

【女性乳がん】
▼全体:87.8%(同0.3ポイント低下)▼ステージゼロ:100.0%▼ステージI:99.0%(同0.1ポイント低下)▼ステージII:90.7%(同0.3ポイント向上)▼ステージIII:68.6%(同0.3ポイント向上)▼ステージIV:19.4%(同3.4ポイント向上)

2009年がん診断症例の10年生存率(その1)



【食道がん】
▼全体:34.2%(同0.6ポイント向上)▼ステージゼロ:79.7%▼ステージI:66.1%(同2.1ポイント低下)▼ステージII:38.6%(同1.2ポイント低下)▼ステージIII:19.1%(同0.3ポイント向上)▼ステージIV:7.7%(同1.9ポイント向上)

【膵臓がん】
▼全体:6.7%(同0.2ポイント向上)▼ステージゼロ:85.2%▼ステージI:35.1%(同0.3ポイント低下)▼ステージII:14.4%(同1.4ポイント向上)▼ステージIII:2.7%(同1.4ポイント低下)▼ステージIV:1.0%(同0.2ポイント向上)

【前立腺がん】
▼全体:100.0%(同1.3ポイント向上)▼ステージI:100.0%(同増減なし)▼ステージII:100.0%(同増減なし)▼ステージIII:100.0%(同増減なし)▼ステージIV:47.6%(同2.9ポイント向上)

【子宮頸がん】
▼全体:70.5%(同0.2ポイント向上)▼ステージゼロ:100.0%▼ステージI:93.1%(同0.2ポイント向上)▼ステージII:71.8%(同0.1ポイント低下)▼ステージIII:54.4%(同0.2ポイント低下)▼ステージIV:20.7%(同3.8ポイント向上)

【子宮内膜がん】
▼全体:17.6%(同65.4ポイント低下)▼ステージI:100.0%(同4.8ポイント向上)▼ステージII:95.3%(同9.9ポイント向上)▼ステージIII:87.4%(同19.3ポイント低下)▼ステージIV:69.2%(同50.3ポイント向上)

【膀胱がん】
▼全体:62.4%(同2.7ポイント低下)▼ステージゼロ:90.4%▼ステージI:81.0%(同0.9ポイント低下)▼ステージII:52.7%(同6.6ポイント低下)▼ステージIII:36.2%(同7.7ポイント低下)▼ステージIV:15.2%(同3.3ポイント向上)

2009年がん診断症例の10年生存率(その2)



【甲状腺乳頭濾胞がん】
▼全体:94.9%▼ステージI:100.0%▼ステージII:94.5%▼ステージIII:99.2%▼ステージIV:81.8%(未分化の場合には全体で7.2%、ステージIVで7.2%)

【喉頭がん】
▼全体:69.3%▼ステージゼロ:92.4%▼ステージI:88.1%▼ステージII:73.4%▼ステージIII:59.1%▼ステージIV:34.8%

【胆嚢がん】
▼全体:25.2%▼ステージI:75.9%▼ステージII:21.2%▼ステージIII:5.3%▼ステージIV:2.1%

【腎がん】
▼全体:73.7%▼ステージI:90.3%▼ステージII:79.2%▼ステージIII:64.8%▼ステージIV:10.8%

【腎盂尿管がん】
▼全体:44.6%▼ステージゼロ:86.1%▼ステージI:76.1%▼ステージII:62.9%▼ステージIII:55.6%▼ステージIV:9.6%

【卵巣がん】
▼全体:53.9%▼ステージI:87.7%▼ステージII:61.3%▼ステージIII:29.6%▼ステージIV:14.1%

2009年がん診断症例の10年生存率(その3)



ステージIで適切な診断治療が行われた場合、胃がんや大腸がん、乳がん患者では9割程度が10年間以上生存しています。つまり、「がん治療後の生活」が重要となってくるのです。こうした状況を受けて、2022年度の次期診療報酬改定でも「がんとの共生」を重要論点の1つに掲げています。



改定セミナー2022MW_GHC_logo

【関連記事】

全がんで見ると、10生存率は59.4%、5年生存率は67.3%、3年生存率は73.6%―国がん

2020年のコロナ受診控えで「がん発見」が大幅減、胃がんでは男性11.3%、女性12.5%も減少―国がん
希少がん治療の拠点的病院設置、難治がんの評価指標設定、正しく分かりやすいがん情報提供など推進せよ―がん対策推進協議会(2)
腫瘍内科医によるがん化学療法、がんゲノム医療の質向上、患者満足度向上などどう進めるか―がん対策推進協議会(1)
小児・AYA世代がん患者等の妊孕性温存療法を費用助成、エビデンス構築目指す―がん対策推進協議会(2)
コロナ感染症で「がん検診の受診控え」→「大腸がん・胃がん手術症例の減少」が顕著―がん対策推進協議会(1)
がんの罹患率・死亡率は全体として低下傾向にあるが、乳がん・子宮がんでは横ばい—がん対策推進協議会
2023年度からの第4期がん対策推進基本計画に向け、現行「第3期計画」の中間評価を実施―がん対策推進協議会
第3期がん対策計画の中間評価に向け、希少がん対策やがん患者の就労支援状況などを把握―がん対策推進協議会
「正しいがん医療情報の提供」、第4期がん対策推進基本計画の最重要テーマに―がん対策推進協議会
第3期がん対策推進基本計画の中間評価を2020年度に実施、評価指標の検討始まる―がん対策推進協議会

がん拠点病院・小児がん拠点病院・ゲノム拠点病院等の指定要件、2022年度に整合性とって改訂―がん診療提供体制検討会

21年10月から医師の立ち合いなく乳がん集団検診実施可、「マンモ避けるべき者」など事前質問で抽出―がん検診あり方検討会(2)
コロナ禍のがん検診は「住民検診」で落ち込み大、精検含め受診状況の迅速な把握を―がん検診あり方検討会(1)