Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
診療報酬改定セミナー2022 診療報酬改定セミナー2022

全がんで見ると、10生存率は59.4%、5年生存率は67.3%、3年生存率は73.6%―国がん

2021.4.27.(火)

2008年にがんと診断された患者の10年生存率を、院内がん登録データをもとに計算すると全がんでは59.4%。2012-13年にがん診断を受けた患者の5年生存率は、同様に全がんでは67.3%。2015年にがんと診断された患者の3年生存率は、同じく73.6%であった―。

国立がん研究センターが4月27日に公表したデータから、このような状況が明らかとなりました(国がんのサイトはこちらこちら)。

「早期発見・早期治療」の重要性を再確認できるとともに、がん種によって生存率の経年変化の状況が異なることなどが明らかになっています。「がんとの共生」の重要性もさらに増してきています。

2008年がん診断症例の10年生存率は全がんで59.4%

国がんでは、従前からがん患者の「5年生存率」「10年生存率」「3年生存率」を発表しています。

今般、▼2007・08年に院内がん登録を行った症例の「10年生存率」▼2012・2012-13年に院内がん登録を行った症例の「5年生存率」▼2014・2015年に院内がん登録を行った症例の「3年生存率」を集計・公表しています。「10年生存率」は院内がん登録症例としては初めてのデータで、これまでに比べて「より多くの施設の、より多くの症例」をもとにした信頼度の高いものとなっています。

それぞれについて見ていきましょう。

まず、10年生存率は、▼2007年登録の181施設・18万3463症例▼2008年登録の240施設・23万7892症例―のデータをもとに算出されました。

すべてのがん種では、2007年診断症例の相対10年生存率は60.1%、2008年診断症例では同じく59.4%となっています。相対生存率とは、がん以外の死因(極端に言えば交通事故など)によって死亡する確率を補正したものです。

がんの種類別・ステージ別に2008年診断症例の相対10年生存率を見ると、次のような状況です。

【胃がん】
▼全体:66.0%▼ステージI:90.9%▼ステージII:59.3%▼ステージIII:34.6%▼ステージIV:6.9%

【大腸がん】
▼全体:67.2%▼ステージI:93.6%▼ステージII:83.9%▼ステージIII:69.4%▼ステージIV:11.6%

【肝細胞がん】
▼全体:21.8%▼ステージI:33.4%▼ステージII:18.9%▼ステージIII:9.2%▼ステージIV:2.2%

【肝内胆管がん】
▼全体:10.9%▼ステージI:32.1%▼ステージII:29.5%▼ステージIII:8.1%▼ステージIV:0.0%

【小細胞肺がん】
▼全体:9.1%▼ステージI:35.7%▼ステージII:18.9%▼ステージIII:11.6%▼ステージIV:1.8%

【非小細胞肺がん】
▼全体:34.5%▼ステージI:72.4%▼ステージII:35.2%▼ステージIII:13.5%▼ステージIV:2.0%

【乳がん(女性)】
▼全体:87.5%▼ステージI:99.1%▼ステージII:90.4%▼ステージIII:68.3%▼ステージIV:16.0%

2008年がん診断症例の10年生存率(その1)



【食道がん】
▼全体:33.6%▼ステージI:68.2%▼ステージII:37.4%▼ステージIII:18.8%▼ステージIV:5.8%

【膵臓がん】
▼全体:6.5%▼ステージI:35.4%▼ステージII:13.0%▼ステージIII:4.1%▼ステージIV:0.8%

【前立腺がん】
▼全体:98.7%▼ステージI:100.0%▼ステージII:100.0%▼ステージIII:100.0%▼ステージIV:44.7%

【子宮頸がん】
▼全体:70.7%▼ステージI:92.9%▼ステージII:71.9%▼ステージIII:54.6%▼ステージIV:16.9%

【子宮内膜がん】
▼全体:83.0%▼ステージI:95.2%▼ステージII:84.5%▼ステージIII:68.1%▼ステージIV:18.9%

【膀胱がん】
▼全体:65.1%▼ステージI:81.9%▼ステージII:59.3%▼ステージIII:43.9%▼ステージIV:11.9%

【甲状腺乳頭濾胞がん】
▼全体:97.3%▼ステージI:99.1%▼ステージII:99.1%▼ステージIII:99.8%▼ステージIV:90.5%(未分化の場合には全体で8.1%、ステージIVで7.9%、髄様の場合には全体で94.8%)

2008年がん診断症例の10年生存率(その2)



がん治癒の目安としては、後述する「5年生存率」が多く用いられますが、「肝細胞癌など、5年以降も長期的にフォローアップしていくことが必要ながん種もある」ことから、がんの種類に応じて、5年生存率を治癒の目安に据えるのか、10年生存率とするのかを区分けしていくことが重要でしょう。院内がん登録の精度は年々向上していると考えられ、今後、「より精度の高い10年生存率データが得られる」と期待されます。

2012-13年がん診断症例の5年生存率は全がんで67.3%

次に、2007年の診断症例から集計されている「5年生存率」に目を移します。今回は、▼2012年にがん診断を受けた365施設・40万6210症例(生存率把握が90%以上であったがん診療連携拠点病院等318施設・都道府県推薦病院47施設)▼2012-13年の2か年にがん診断を受けた413施設・82万6380症例(生存率把握が90%以上であったがん診療連携拠点病院等331施設・都道府県推薦病院52施設)―を対象としています。

すべてのがん種では、2012年診断症例の相対5年生存率は67.3%、2012-13年診断症例では同じく67.3%となりました。

がんの種類別・ステージ別に2012-13年診断症例の相対5年生存率を見ると、次のような状況です。

【胃がん】
▼全体:72.1%▼ステージI:96.0%▼ステージII:69.2%▼ステージIII:41.9%▼ステージIV:6.3%

【大腸がん】
▼全体:72.6%▼ステージゼロ:97.3%▼ステージI:94.4%▼ステージII:89.0%▼ステージIII:77.5%▼ステージIV:18.8%

【肝細胞がん】
▼全体:44.7%▼ステージI:62.9%▼ステージII:45.4%▼ステージIII:15.9%▼ステージIV:4.5%

【肝内胆管がん】
▼全体:18.9%▼ステージI:56.9%▼ステージII:32.9%▼ステージIII:23.0%▼ステージIV:5.6%

【小細胞肺がん】
▼全体:11.7%▼ステージI:47.6%▼ステージII:31.3%▼ステージIII:17.7%▼ステージIV:2.0%

【非小細胞肺がん】
▼全体:46.8%▼ステージゼロ:94.7%▼ステージI:83.9%▼ステージII:54.1%▼ステージIII:28.4%▼ステージIV:7.4%

2012-13年がん診断症例の5年生存率(その1)



【乳がん(女性)】
▼全体:92.1%▼ステージゼロ:100.0%▼ステージI:99.7%▼ステージII:95.5%▼ステージIII:80.6%▼ステージIV:37.2%

【食道がん】
▼全体:47.5%▼ステージゼロ:91.3%▼ステージI:78.8%▼ステージII:51.3%▼ステージIII:26.8%▼ステージIV:9.2%

【膵臓がん】
▼全体:11.9%▼ステージゼロ:88.2%▼ステージI:53.4%▼ステージII:22.2%▼ステージIII:6.1%▼ステージIV:1.5%

【前立腺がん】
▼全体:98.5%▼ステージI:100.0%▼ステージII:100.0%▼ステージIII:100.0%▼ステージIV:62.5%

【子宮頸がん】
▼全体:75.2%▼ステージゼロ:100.0%▼ステージI:95.8%▼ステージII:79.2%▼ステージIII:64.3%▼ステージIV:25.2%

【子宮内膜がん】
▼全体:84.4%▼ステージI:95.5%▼ステージII:89.4%▼ステージIII:68.2%▼ステージIV:22.6%

【膀胱がん】
▼全体:66.8%▼ステージゼロ:97.1%▼ステージI:86.4%▼ステージII:58.5%▼ステージIII:43.3%▼ステージIV:19.1%

2012-13年がん診断症例の5年生存率(その2)



【甲状腺乳頭濾胞がん】
▼全体:97.3%▼ステージI:99.1%▼ステージII:99.1%▼ステージIII:99.8%▼ステージIV:90.5%(未分化の場合には全体で8.1%、ステージIVで7.9%、髄様の場合には全体で94.8%)

【喉頭がん】
▼全体:80.1%▼ステージゼロ:98.7%▼ステージI:95.2%▼ステージII:88.3%▼ステージIII:74.3%▼ステージIV:45.0%

【胆嚢がん】
▼全体:30.8%▼ステージゼロ:97.4%▼ステージI:93.4%▼ステージII:70.4%▼ステージIII:23.0%▼ステージIV:2.7%

【腎がん】
▼全体:82.0%▼ステージI:96.7%▼ステージII:86.8%▼ステージIII:75.2%▼ステージIV:17.2%

【腎盂尿管がん】
▼全体:48.7%▼ステージゼロ:89.6%▼ステージI:85.0%▼ステージII:72.1%▼ステージIII:58.4%▼ステージIV:12.3%

【卵巣がん】
▼全体:61.2%▼ステージI:91.0%▼ステージII:73.7%▼ステージIII:44.3%▼ステージIV:27.0%

2012-13年がん診断症例の5年生存率(その3)

2015年がん診断症例の3年生存率は全がんで59.4%

さらに、2011年の診断症例から集計されている「3年生存率」に目を移します。より早期に「がん治療の効果・成果」に関する科学的データを国民に示すことで、闘病意欲の向上・がん医療への信頼度向上などが期待されます。

今回は、▼2014年にがん診断を受けた372施設・42万1150症例(生存率把握が90%以上であったがん診療連携拠点病院等315施設・都道府県推薦病院55施設・小児がん拠点病院2施設)▼2015年にがん診断を受けた399施設・46万92症例((生存率把握が90%以上であったがん診療連携拠点病院等336施設・都道府県推薦病院61施設・小児がん拠点病院2施設)―を対象としています。

すべてのがん種では、2014年診断症例の相対3年生存率は72.6%、2015年診断症例では同じく73.6%でした。

がんの種類別・ステージ別に2015年診断症例の相対3年生存率を見ると、次のようになっています。

【胃がん】
▼全体:76.5%▼ステージI:97.4%▼ステージII:76.4%▼ステージIII:53.6%▼ステージIV:11.8%

【大腸がん】
▼全体:78.9%▼ステージゼロ:98.7%▼ステージI:96.2%▼ステージII:92.6%▼ステージIII:85.4%▼ステージIV:31.0%

【肝細胞がん】
▼全体:60.6%▼ステージI:78.9%▼ステージII:65.7%▼ステージIII:26.7%▼ステージIV:7.6%

【肝内胆管がん】
▼全体:28.5%▼ステージI:73.4%▼ステージII:46.9%▼ステージIII:45.0%▼ステージIV:11.0%

【小細胞肺がん】
▼全体:18.1%▼ステージI:56.7%▼ステージII:43.8%▼ステージIII:27.3%▼ステージIV:4.8%

【非小細胞肺がん】
▼全体:57.7%▼ステージゼロ:97.1%▼ステージI:90.6%▼ステージII:67.6%▼ステージIII:43.1%▼ステージIV:17.8%

【乳がん(女性)】
▼全体:95.7%▼ステージゼロ:100.0%▼ステージI:100.0%▼ステージII:98.2%▼ステージIII:89.5%▼ステージIV:57.8%

2015年がん診断症例の3年生存率(その1)



【食道がん】
▼全体:56.3%▼ステージゼロ:94.4%▼ステージI:87.6%▼ステージII:58.2%▼ステージIII:35.1%▼ステージIV:14.2%

【膵臓がん】
▼全体:19.4%▼ステージゼロ:97.0%▼ステージI:64.4%▼ステージII:34.6%▼ステージIII:14.9%▼ステージIV:3.8%

【前立腺がん】
▼全体:99.2%▼ステージI:100.0%▼ステージII:100.0%▼ステージIII:100.0%▼ステージIV:77.0%

【子宮頸がん】
▼全体:80.0%▼ステージゼロ:100.0%▼ステージI:97.2%▼ステージII:86.2%▼ステージIII:72.1%▼ステージIV:35.3%

【子宮内膜がん】
▼全体:86.6%▼ステージI:96.8%▼ステージII:90.7%▼ステージIII:74.1%▼ステージIV:28.8%

【膀胱がん】
▼全体:72.5%▼ステージゼロ:98.6%▼ステージI:92.0%▼ステージII:64.3%▼ステージIII:48.0%▼ステージIV:25.4%

2015年がん診断症例の3年生存率(その2)



【甲状腺乳頭濾胞がん】
▼全体:98.3%▼ステージI:99.0%▼ステージII:100.0%▼ステージIII:100.0%▼ステージIV:93.7%(未分化の場合には全体で8.9%、ステージIVで8.4%、髄様の場合には全体で98.2%)

【喉頭がん】
▼全体:86.9%▼ステージゼロ:94.3%▼ステージI:98.6%▼ステージII:91.9%▼ステージIII:79.6%▼ステージIV:60.0%

【胆嚢がん】
▼全体:34.1%▼ステージゼロ:100.0%▼ステージI:93.2%▼ステージII:86.0%▼ステージIII:31.6%▼ステージIV:4.1%

【腎がん】
▼全体:87.0%▼ステージI:98.4%▼ステージII:94.2%▼ステージIII:86.0%▼ステージIV:27.6%

【腎盂尿管がん】
▼全体:56.1%▼ステージゼロ:96.5%▼ステージI:87.3%▼ステージII:78.9%▼ステージIII:68.6%▼ステージIV:19.3%

【卵巣がん】
▼全体:72.3%▼ステージI:93.9%▼ステージII:81.3%▼ステージIII:61.9%▼ステージIV:46.1%

2015年がん診断症例の3年生存率(その3)

肝細胞がんでは3年→5年→10年と生存率が激減していくなど「がん種で差異」

上記でお伝えした10年生存率・5年生存率・3年生存率は、集計対象が全くことなるため厳密に「比較」することはできず、そこに学術的な意味もありません。

しかし、あえて誤解を恐れずに数値を比較すると、▼10年生存率・5年生存率・3年生存率のいずれにおいても「早いステージであるほど、生存率が高い」▼がん種によって「3年生存率」→「5年生存率」→「10年生存率」の変化に差がある―ことが浮かび上がってきます。

前者については、繰り返しGem Medでもお伝えしている事項で、「早期発見・早期治療」が何よりも重要なことを再確認できます。

ただし、2020年初頭から猛威を振るう新型コロナウイルス感染症の影響により「がん検診の受診減」「がん治療の中断」などが生じていることが各種の調査で判明しています。がん診療連携拠点病院をはじめ、多くの病院で「感染防止対策の徹底」が図られており、必要な検診・治療については、適切な時期に確実に受けることが重要です。それでも「新型コロナウイルスへの感染」などが心配な場合には、「自分の判断で中断する」ことなどは決してせずに、主治医等に相談することが重要です(関連記事はこちらこちら)。



また、後者については、例えばステージの若い「女性の乳がん」のように、経年的な変化が比較的小さいがん種もあります。

【全体】
▼3年生存率:95.7% →(3.6ポイント減)→▼5年生存率:92.1%→(4.6ポイント減)→▼10年生存率:87.5%

【ステージI】
▼3年生存率:100.0%→(0.3ポイント減)→▼5年生存率:99.7%→(0.6ポイント減)→▼10年生存率:99.1%

【ステージII】
▼3年生存率:98.2%→(2.7ポイント減)→▼5年生存率:95.5%→(5.1ポイント減)→▼10年生存率:90.4%

【ステージIII】
▼3年生存率:89.5%→(8.9ポイント減)→▼5年生存率:80.6%→(12.3ポイント減)→▼10年生存率:68.3%

【ステージIV】
▼3年生存率:57.8%→(20.6ポイント減)→▼5年生存率:37.2%→(21.2ポイント減)→▼10年生存率:16.0



一方、肝細胞がんのように、ステージの若いうちから生存率に大きな減少がみられるがん種もあります。

【全体】
▼3年生存率:60.6% →(15.9ポイント減)→▼5年生存率:44.7%→(22.9ポイント減)→▼10年生存率:21.8%

【ステージI】
▼3年生存率:78.9%→(16.0ポイント減)→▼5年生存率:62.9%→(29.5ポイント減)→▼10年生存率:33.4%

【ステージII】
▼3年生存率:65.7%→(20.3ポイント減)→▼5年生存率:45.4%→(26.5ポイント減)→▼10年生存率:18.9%

【ステージIII】
▼3年生存率:26.7%→(10.8ポイント減)→▼5年生存率:15.9%→(6.7ポイント減)→▼10年生存率:9.2%

【ステージIV】
▼3年生存率:7.6%→(2.1ポイント減)→▼5年生存率:4.5%→(2.3ポイント減)→▼10年生存率:2.2%



上述のように、がんの種類に応じて、5年生存率を治癒の目安に据えるのか、10年生存率とするのかを区分けしていくことが重要です。なお、画期的な抗がん剤(免疫チェックポイント阻害剤など)をはじめとする新たな治療法の開発が進み、さらに遺伝子診断に基づき「個々の患者に最適な治療法」選択が可能になってきている中では、生存率の延伸が期待され、「がんとの共生」の重要性が今後も加速度的に高まっていきます(関連記事はこちら)。

2018年度の診療報酬改定では、「がんとの共生」を保険制度面でサポートするために【療養・就労両立支援指導料】が創設がされ、2020年度の診療報酬改定では、これを使いやすくするための「大幅改善」が行われました。2022年度の次期改定で「さらなる改善」がなされ、がんサバイバーの「さらなるQOL向上」に結びつくことに期待が集まります。



改定セミナー2022MW_GHC_logo

【関連記事】

コロナ感染症で「がん検診の受診控え」→「大腸がん・胃がん手術症例の減少」が顕著―がん対策推進協議会(1)
新型コロナ禍で「自身の判断で治療中断するがん患者」も、がん拠点病院は「治療継続の必要性」呼びかけよ―がん拠点病院指定検討会(2)

遺伝子パネル検査踏まえて「最適な抗がん剤」投与できた患者は8.1%―がんゲノム医療推進コンソーシアム運営会議



出生時体重が3000g未満であった女性は「妊娠高血圧症候群」のリスク高い―国がん・成育医療研
がん診断後1年以内の「自殺」が多いことをまず認識し、「自殺防止対策」に向けた積極的な取り組みを―国がん
小児がん医療の評価は平均で10点満点中「8.4点」、セカンドオピニオンや妊孕性温存などが大きな課題―国がん
同じがん種・ステージでも、病院の診療規模(症例数)により「治療法選択」に差がある―国がん
女性の乳・大腸がんの増加スピードが大きい、血液がん最多は成熟B細胞腫瘍―国がん



原発巣起因症状のない【ステージIV】の大腸がん、原発巣は切除せず「化学療法先行」を第1選択せよ―国がん
コロナ禍で、希少がんへの「オンライン・セカンドオピニオン」をスタート—国がん
新型コロナ禍で「自身の判断で治療中断するがん患者」も、がん拠点病院は「治療継続の必要性」呼びかけよ―がん拠点病院指定検討会(2)



2020年7月に外来・入院とも患者数復調続く、予定入院患者減少のトップは「胃がん」―GHC新型コロナ分析第5弾
2020年6月、外来・入院ともに「患者数復調の兆し」が見られるが、がん患者症例数はさらに減少―GHC新型コロナ分析第4弾
2020年5月、新型コロナでの患者減がさらに拡大、がんや脳梗塞・心不全患者も減少―GHC分析第3弾
4月には新型コロナで外来・入院ともに患者大激減、がん医療へも影響が拡大―GHC分析第2弾
3月時点から新型コロナで外来・入院ともに患者減、白内障・ポリペク割合の高い病院で患者減目立つ―GHC分析



がん「5年生存率」は全部位・全病期で68.6%、「10年生存率」は同じく58.3%に向上―国がん
がん5年生存率、全部位・全病期は68.4%、ステージI乳がんやステージI-III前立腺がんは100%―国がん
全部位・全病期のがん5年生存率は67.9%、10年生存率は56.3%―国がん

がんの3年生存率、全体72.4%・胃76.3%・大腸78.6%・肝54.2%・肺51.7%・乳95.3%―国がん
がん5年生存率、全体66.4%・胃71.4%・大腸72.6%・乳房92.2%・肝40.4%・肺41.4%―国がん

がんの3年生存率、全体72.1%、胃75.6%、大腸78.7%、肝54.6%、肺50.8%、乳房95.2%―国がん

がんの5年生存率、全体66.1%、胃71.6%、大腸72.9%、乳房92.5%、肝40.0%、肺40.6%―国がん
がんの「3年生存率」を初公表、病期・部位により3年・5年・10年の生存率推移に特徴―国がん
がんの5年生存率、全体で65.8%、乳がんで92.7%、肝臓がんで39.6%―国がん
がん標準治療が浸透しているが、乳房切除後の乳がん患者への放射線照射は7割未満―国がん
10歳代までは白血病、20歳代は胚細胞腫瘍・性腺腫瘍、30歳代では乳がんが多い―国がん
がんの5年生存率・10年生存率は前年調査より若干低下、乳がんでは向上―国がん
2013年のがん罹患率、前年に続き減少し361.9、地域特性を踏まえたがん対策を—国がん
がんの5年生存率、全体で65.2%、乳がんで92.7%、肺がんで39.1%―国がん
がんの5年生存率、前立腺や乳がんでは9割超えるが、膵がんでは9.2%にとどまる―国がん
2014年のがん登録、最多は大腸がんで9万4596件―国立がん研究センター
今年(2016年)のがん罹患者は101万2000例、がんでの死亡は37万4000人―国立がん研究センター
2012年の人口10万人当たりがん患者は365.6、男性では胃がん、女性では乳がんが最多―国立がん研究センター
標準的がん治療の実施率にバラつき、「胃がんへの術後S-1療法98.8%」「リンパ節転移乳がんへの術後放射線照射61.7%」など―国がん研究センター
患者の免疫状態を正確に測定する新手法開発、抗体薬の効率的開発に期待―国立がん研究センター
乳がん・肺がん・肝臓がん、5年生存率に比べて10年生存率は大きく低下―国立がん研究センター
治療抵抗性の乳がん患者に対する新治療法、治験を開始―国立がん研究センター
がん罹患数98万例、死亡者数は37万人に―国立がん研究センター15年推計

希少がんの「四肢軟部肉腫」を適切に治療できる施設リストを公開―国がん

第3期がん対策推進基本計画を閣議決定、ゲノム医療推進や希少・難治がん対策など打ち出す
「正しいがん医療情報の提供」、第4期がん対策推進基本計画の最重要テーマに―がん対策推進協議会



がん患者等の仕事と治療の両立、【療養・就労両立支援指導料】や外来化学療法の【連携充実加算】等でサポート―厚労省