Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
新型コロナ対策 症例Scope

原発巣起因症状のない【ステージIV】の大腸がん、原発巣は切除せず「化学療法先行」を第1選択せよ―国がん

2021.2.16.(火)

【ステージIV】の大腸がんで、原発巣に起因する症状がない場合には、「原発巣切除後に化学療法を行う」場合でも「原発巣を切除せず、化学療法を単独で行う」場合でも生存期間に違いはなく、「原発巣切除」のほうが有害事象が多い。今後は「原発巣は非切除のまま化学療法を先行する治療」を第1選択とすべきである―。

国立がん研究センターは2月10日に、研究結果をもとにこう提言しました(国がんのサイトはこちらこちら)。

現在の標準治療は「原発巣切除」を推奨しているが・・・

大腸がんは、男女計で見たとき「もっとも罹患数の多いがん種」(2018年の全登録者は15万3522名)となっており、ステージ(治療前)別には次のような状況(2018ねのがん登録データからGem Med編集部が抜粋)です。

【ステージゼロ】(腫瘍が粘膜にとどまっている)
→14.4%

【ステージI】(固有筋層(筋肉の層)にとどまっている)
→19.9%

【ステージII】(固有筋層を越えて、周囲に広がっている)
→15.6%

【ステージIII】(深達度に関係なく、リンパ節に転移している)
→18.7%

【ステージIV】(肝臓や肺、腹膜など離れた臓器に転移している)
→13.5%

大腸がんのステージ



我が国の「大腸癌治療ガイドライン」では、【ステージIV】にまで進行した場合でも「原発巣と転移巣が切除可能であれば、ともに切除する」ことが推奨されています。しかし【ステージIV】症例の8割では、「原発巣、転移巣ともに切除不能で別途の対応をとる」「原発巣は切除可能だが、転移巣は切除不能で別途の対応をとる」のが実際です。

標準治療ではステージ4でも原発巣切除を推奨している

原発巣切除可能な症例は2割のみ



このうち「原発巣の切除」については、▼出血や狭窄の予防になる▼全身のがん細胞制御に有利である―などのメリットがある一方で、▼手術に伴う合併症発生のリスクが高まる▼化学療法の開始が遅れてしまう―というデメリットもあり、「原発巣に起因する症状がない場合でも、原発巣を切除すべきか否か」が論点となっていました。

そこで今般、国がん研究センター中央病院大腸外科の金光幸秀科長の研究グループが「原発巣による症状がない場合の原発巣切除の意義」について研究。具体的には、2012年6月から2019年4月に、「標準治療である化学療法単独治療」を受けた患者(82名)と、「原発巣切除後に化学療法治療」を受けた患者(78名)とで、生存期間を比較。次のような点が明らかになりました。

▽いずれの治療法を受けた患者でも、生存期間の中央値は約26-27か月(原発巣切除を化学療法前に行っても生存期間は延伸しない

▽「原発巣切除先行治療」において、▼化学療法による有害事象の頻度は高くより重度▼原発巣切除後の合併症死亡が発生(3名)―(原発巣切除で有害事象が増えてしまう

▽「化学療法単独治療」では、原発巣に起因する腸閉塞症などの症状で姑息的手術が必要となることは限定的であった

▽化学療法が奏効して「治癒切除」が施行できた患者は、▼化学療法単独群:4名(5%)▼原発巣切除+化学療法群:2人(3%)―で差がない

▽「化学療法単独治療」では、87%において「最期まで手術が不要」であった(13%では緩和手術

原発巣切除は有害事象が多く、生存期間の延伸効果もない



こうした結果を踏まえて国がんでは、「【ステージIV】の大腸がんで、原発巣に起因する症状がない場合には、『原発巣は非切除のまま化学療法を先行する治療』が第1選択として推奨される」と提言。今後、日本や諸外国のガイドラインにおいても、この点を標準治療とされることが期待されます。



ぽんすけ2020MW_GHC_logo

【関連記事】

コロナ禍で、希少がんへの「オンライン・セカンドオピニオン」をスタート—国がん
新型コロナ禍で「自身の判断で治療中断するがん患者」も、がん拠点病院は「治療継続の必要性」呼びかけよ―がん拠点病院指定検討会(2)



2020年7月に外来・入院とも患者数復調続く、予定入院患者減少のトップは「胃がん」―GHC新型コロナ分析第5弾
2020年6月、外来・入院ともに「患者数復調の兆し」が見られるが、がん患者症例数はさらに減少―GHC新型コロナ分析第4弾
2020年5月、新型コロナでの患者減がさらに拡大、がんや脳梗塞・心不全患者も減少―GHC分析第3弾
4月には新型コロナで外来・入院ともに患者大激減、がん医療へも影響が拡大―GHC分析第2弾
3月時点から新型コロナで外来・入院ともに患者減、白内障・ポリペク割合の高い病院で患者減目立つ―GHC分析



がん「5年生存率」は全部位・全病期で68.6%、「10年生存率」は同じく58.3%に向上―国がん
がん5年生存率、全部位・全病期は68.4%、ステージI乳がんやステージI-III前立腺がんは100%―国がん
全部位・全病期のがん5年生存率は67.9%、10年生存率は56.3%―国がん

がんの3年生存率、全体72.4%・胃76.3%・大腸78.6%・肝54.2%・肺51.7%・乳95.3%―国がん
がん5年生存率、全体66.4%・胃71.4%・大腸72.6%・乳房92.2%・肝40.4%・肺41.4%―国がん

がんの3年生存率、全体72.1%、胃75.6%、大腸78.7%、肝54.6%、肺50.8%、乳房95.2%―国がん

がんの5年生存率、全体66.1%、胃71.6%、大腸72.9%、乳房92.5%、肝40.0%、肺40.6%―国がん
がんの「3年生存率」を初公表、病期・部位により3年・5年・10年の生存率推移に特徴―国がん
がんの5年生存率、全体で65.8%、乳がんで92.7%、肝臓がんで39.6%―国がん
がん標準治療が浸透しているが、乳房切除後の乳がん患者への放射線照射は7割未満―国がん
10歳代までは白血病、20歳代は胚細胞腫瘍・性腺腫瘍、30歳代では乳がんが多い―国がん
がんの5年生存率・10年生存率は前年調査より若干低下、乳がんでは向上―国がん
2013年のがん罹患率、前年に続き減少し361.9、地域特性を踏まえたがん対策を—国がん
がんの5年生存率、全体で65.2%、乳がんで92.7%、肺がんで39.1%―国がん
がんの5年生存率、前立腺や乳がんでは9割超えるが、膵がんでは9.2%にとどまる―国がん
2014年のがん登録、最多は大腸がんで9万4596件―国立がん研究センター
今年(2016年)のがん罹患者は101万2000例、がんでの死亡は37万4000人―国立がん研究センター
2012年の人口10万人当たりがん患者は365.6、男性では胃がん、女性では乳がんが最多―国立がん研究センター
標準的がん治療の実施率にバラつき、「胃がんへの術後S-1療法98.8%」「リンパ節転移乳がんへの術後放射線照射61.7%」など―国がん研究センター
患者の免疫状態を正確に測定する新手法開発、抗体薬の効率的開発に期待―国立がん研究センター
乳がん・肺がん・肝臓がん、5年生存率に比べて10年生存率は大きく低下―国立がん研究センター
治療抵抗性の乳がん患者に対する新治療法、治験を開始―国立がん研究センター
がん罹患数98万例、死亡者数は37万人に―国立がん研究センター15年推計

希少がんの「四肢軟部肉腫」を適切に治療できる施設リストを公開―国がん

第3期がん対策推進基本計画を閣議決定、ゲノム医療推進や希少・難治がん対策など打ち出す
「正しいがん医療情報の提供」、第4期がん対策推進基本計画の最重要テーマに―がん対策推進協議会



がん患者等の仕事と治療の両立、【療養・就労両立支援指導料】や外来化学療法の【連携充実加算】等でサポート―厚労省