Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
病床機能報告 看護モニタリング

本年(2023年)8月に薬価収載されている全製品の出荷状況(増量、通常、減量、停止)を公表、依然として後発品の3割超で出荷調整—日薬連

2023.9.26.(火)

日本製薬団体連合会(日薬連)が先頃、本年(2023年)8月時点の「医薬品供給状況にかかる調査」結果を公表しました(日薬連のサイトはこちら(エクセルファイルで「品目別の出荷状況」を把握できる))。



一部後発品メーカーの不祥事に端を発する医薬品の欠品・品薄などが時間の経過とともに拡大しており、医療現場では診療に支障が生じる事態にまで至っています。

医薬品メーカーで構成される日薬連も事態を重く受け止め、定期的に「医薬品供給状況にかかる調査」を行い、その結果を公表しています。

今般、本年(2023年)8月時点の「医薬品供給状況にかかる調査」結果が公表されました。

調査は、本年(2023年)8月末時点で薬価収載されている全ての医薬品(6545規格、1万7450銘柄)を対象に実施。個別製品ごとに▼メーカーからの出荷量が通常であるか、増量しているか、減少しているのか▼メーカーは通常出荷なのか、限定出荷なのか、出荷を停止しているのか▼限定出荷の解除見込みはどうか、またその時期はいつか▼限定出荷・出荷停止の理由はなにか—などを整理しています。

●日薬連のサイトはこちら(エクセルファイルで「品目別の出荷状況」を把握できる)



全体でみると、「限定出荷」「供給停止」品目は全体の22.9%。後発品に限れば32.3%で、前月(22.4%、32.4%)から大きな変化はありません(全体では0.5ポイント増、後発品では0.1ポイント減)。また、安定確保医薬品の通常出荷割合は76.0%(前月から増減なし)、とりわけカテゴリーA(最も優先して取組を行う安定確保医薬品)では68.7%(281品目中の193品目が通常出荷、前月から0.3ポイント減)となり、医薬品全体(77.1%)に比べ供給不安の度合いが大きい状況が見て取れます。医療提供に支障が生じること懸念されます。

医薬品供給状況調査(23年8月)1



また、高血圧症治療薬の「テルミサルタン」に注目してみると、73製品のうち「出荷量増量」が15製品(前月に比べて2増減)、「出荷量通常」が41製品(同6増)、「出荷量減少」が9製品(同4減)、「出荷停止」が5製品(同1減)、「販売中止」が3製品(同増減なし)などとなっています。

医薬品供給状況調査(23年8月)2



成分・製品ごとに状況は異なっており、自院の採用製品について出荷調整などは行われていないか、調整が行われ入手困難な場合には、どの代替薬が比較的潤沢かなどを確認する必要があります。このリストも参考に、卸業者と納品調整を行うことなどが有用でしょう。



日薬連では、製薬メーカー各社に対し「現在の供給不安が解消するよう、引き続き、増産対応、限定出荷の解除、供給状況に関する最新情報の提供に努めてほしい」と要請しています。



診療報酬改定セミナー2024MW_GHC_logo

【関連記事】

本年(2023年)7月に薬価収載されている全製品の出荷状況(増量、通常、減量、停止)を公表、後発品の3割超で出荷調整—日薬連
本年(2023年)4月に薬価収載されている全製品の出荷状況(増量、通常、減量、停止)を公表—日薬連
後発品使用体制加算・調剤体制加算などの「後発品割合」、2023年9月まで供給不安薬を計算から除外可―厚労省
2022年8月末時点で医薬品全体の28.2%、後発医薬品に限れば41.0%で出荷調整—中医協・薬価専門部会