Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
無償キャンペーン 外来機能報告支援サービス

がん診療連携拠点病院や小児がん診療病院、エビデンスなき、いわゆる免疫療法の「推奨」も不可—厚労省

2022.8.4.(木)

厚生労働省は8月1日に、▼がん診療連携拠点病院等(成人拠点病院)▼小児がん診療病院等▼がんゲノム医療中核拠点病院等—について、新たな指定要件(整備指針)を健康局長通知として発出しました。一部のがん診療連携拠点病院において「敷地内の別医療機関で、エビデンスのない、いわゆる『免疫療法』を実施」しており、患者の誤解を招きかねない事態となっている点などを踏まえ、「エビデンスのない、いわゆる『免疫療法』について、実施はもちろん、推奨することも認めない」旨を明確にしています(がんゲノム医療中核拠点病院でも当然に同様)。

【厚労省のサイト(新指定要件)はこちら】
がん診療連携拠点病院等
小児がん診療病院等
がんゲノム医療中核拠点病院等

来年(2023年)4月から、これら新指定要件(整備指針)に沿った指定見直しが行われます(2月・3月頃に指定見直しの検討会が開かれる見込み)、。

エビデンスのない、いわゆる「免疫療法」、拠点病院等で「推奨しない」ことも求める

Gem Medでお伝えしているとおり、「がん診療連携拠点病院」(成人拠点)や「がんゲノム医療中核拠点病院」「がんゲノム医療拠点病院」「小児がん診療病院」などの指定要件が見直し論議が進められ、7月21日の「がん診療提供体制の在り方に関する検討会」(以下、検討会)で概ね見直し内容が固められました。
【関連記事】
●がん診療体制の在り方検討会(親会議):こちら(小児拠点、ゲノム中核拠点等の指定要件見直し確定)こちら(成人拠点等の指定要件見直し確定)こちら
●成人拠点等:こちらこちらこちら
●小児拠点等:こちらこちらこちら
●ゲノム中核拠点等:こちらこちら

成人拠点・小児拠点・ゲノム拠点等の指定要件を整合性を確保して見直すため、がんゲノム医療中核拠点病院等の指定期間を延長する(がん診療提供体制検討会2 211027)


本稿では、検討会に示された「見直し案」から今般の「新指定要件(整備指針)」確定に向けた変更点(検討会構成員の意見を踏まえた最終調整)の主なものをピックアップしてみます。従前からの「見直し点」については、小児拠点、ゲノム中核拠点等の指定要件見直し確定に関する記事成人拠点等の指定要件見直し確定に関する記事で詳説していますので、そちらをご参照ください。

がん診療連携拠点病院等について】

▽「医療圏」について「がん医療圏」であることを明示(関連記事はこちらこちら

▽「保険適用外の免疫療法等」について、実施にとどまらず、「推奨しない」ことを明確化(関連記事はこちらこちら

▽緩和ケアについて、「緩和ケア外来を設置する」ことを例示し、全患者に対し積極的な実施を行う旨を強調

▽大規模災害や感染症の流行などにより自院の診療状況に変化が生じた場合に「速やかに情報公開をする」よう努めることを求める

▽これまでに拠点病院として指定されていた病院の取り扱いや、都道府県による指定推薦に関する手続き規定を明確化



小児がん診療病院等について】

▽地域における小児がん診療のさらなるネットワーク化をすすめ、適切な連携のもと小児がん医療及び支援を提供するための「地域ブロック協議会」について、位置付け・機能をより明確化

▽小児がん拠点病院は、「地域ブロック協議会」の中心的役割を担うこと、その役割を果たす責務を負っていることを十分に認識し、関係者に対して必要な支援を行うよう、より強く要請(記載位置をより上部に移動)

▽「保険適用外の免疫療法等」について、実施にとどまらず、「推奨しない」ことを明確化

▽小児患者の医療心理に携わる者の配置要件について明確化

▽がん相談支援センター配置者の研修要件などを明確化(国立がん研究センターの研修で「認定を受けている」ことが求められる旨を明確化)

▽大規模災害や感染症の流行などにより自院の診療状況に変化が生じた場合に「速やかに情報公開をする」よう努めることを求める

▽治験の後方に関する規定を明確化

▽小児がん連携病院2(特定のがん種等についての診療を行う)・小児がん連携病院3(長期フォローを行う)においても「がん相談支援センター設置」を求める

▽これまでに拠点病院として指定されていた病院の取り扱いや、都道府県による指定推薦に関する手続き規定を明確化

▽用語解説に「二次がん」(化学療法や放射線による正常細胞の傷害のため、治療を終えた数年から数十年後に生じる、もとのがんとは別の種類のがん)を追記



がんゲノム医療中核拠点病院等について】

▽中核拠点病院・拠点病院・連携病院において、「遺伝カウンセリング・遺伝性腫瘍カウンセリングの実施数について、別途定める現況報告書で報告する」義務を明確化

▽これまでに拠点病院として指定されていた病院の取り扱いや、都道府県による指定推薦に関する手続き規定を明確化

▽用語解説を充実(常勤、専従・専任についての解説を追記)



拠点病院等においては、新指定要件(整備指針)に沿って体制等を充実するとともに、他の拠点病院等との「連携」をこれまで以上に充実していくことが強く求められています。



GemMed塾MW_GHC_logo

【関連記事】

がん診療連携拠点病院・小児がん拠点病院・がんゲノム医療中核拠点病院などの「連携」が極めて重要―がん診療提供体制検討会(2)
都道府県の「がん診療連絡協議会」強化し、拠点病院間の連携強化、県内がん医療水準の向上目指す―がん診療提供体制検討会(1)

がん拠点病院が存在しない医療圏への対策、効果的な糖尿病対策、精神疾患対策の評価指標などが今後の重要論点—第8次医療計画検討会(2)
がんゲノム医療拠点病院等、パネル検査・遺伝カウンセリング・治験実施などの「実績要件」を導入―がん
ゲノム拠点病院指定要件WG

小児がん連携病院に年間新規症例20以上の「類型1A」新設、小児がん症例の集約化目指す―小児がん拠点病院指定要件WG(2)
小児がん拠点病院、地域の小児がん医療の水準を引き上げる「牽引」役も果たせ―小児がん拠点病院指定要件WG(1)
がん拠点病院の指定要件見直し、「緩和ケアや相談支援体制の充実」等が重要ポイントの1つ―がん拠点病院指定要件WG
高度型の地域がん拠点病院を発展的に解消、都道府県がん拠点病院は「全体の模範」に―がん拠点病院指定要件WG
がん検診では「精度が高い検診の全国民への実施」が最重要テーマ、受診率目標値を6割に引き上げ―がん検診あり方検討会
がん拠点病院の指定要件に「相談支援センターの機能強化」「苦痛を持つ患者スクリーニング体制」など盛り込め―がんとの共生検討会

がん対策基本計画の中間評価まとまる、病院間格差是正や正しい情報提供などが今後の重要課題―がん対策推進協議会

がん拠点病院の緩和ケア体制、「精神的苦痛緩和の専門職配置」「放射線科・麻酔科との連携強化」など進めよ―がん緩和ケア部会
小児がん拠点病院の集約化に向け診療実績要件厳格化、小児に配慮した妊孕性温存要件―小児がん拠点病院指定要件WG
がんゲノム医療拠点病院等の指定要件見直し論議始まる、エキスパートパネルの重点化なども検討―がんゲノム拠点病院指定要件WG
2022年夏にがん携拠点病院の指定要件見直し、高度型の意義、診療実績・体制要件等を議論―がん拠点病院指定要件WG
がん拠点病院・小児がん拠点病院・ゲノム拠点病院等の指定要件、2022年度に整合性とって改訂―がん診療提供体制検討会

がん拠点病院の「緩和ケア提供体制」「相談支援センター体制」の充実を図れ―がん拠点病院協議会

地域がん診療連携拠点病院、機能・実績に応じ「高度型」「特殊型」など3分類に―がん診療提供体制検討会