Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
新型コロナ対策 医療崩壊の真実

その他医療・介護政策

薬剤師が患者とコミュニケーションをとり、薬剤の専門的知識を発揮して医療事故を防止した好事例―医療機能評価機構

2020.1.7.(火)

電子カルテで「患者にアレルギーのある薬剤」情報を徹底共有するため、一般名での登録を―医療機能評価機構

2019.12.30.(月)

立位での浣腸実施は「直腸損傷」のリスク大、患者にも十分な説明を―医療機能評価機構

2019.12.18.(水)

2019年11月に医療事故が37件、外科で8件、内科・整形外科で6件など―日本医療安全調査機構

2019.12.10.(火)

薬剤師が「患者の処方歴やアレルギー情報」を十分に把握し、医療事故を防止できた好事例―医療機能評価機構

2019.12.9.(月)

画期的な乳がん等治療薬のテセントリク、新たに血球貧食症候群の副作用―厚労省

2019.12.5.(木)

胃潰瘍等治療薬「アシノン錠75mg」、発がん性物質検出で自主回収

2019.12.4.(水)

前立腺がん治療薬の「アーリーダ」「イクスタンジ」に間質性肺疾患の重大な副作用―厚労省

2019.11.25.(月)

鎮静のための注射薬、「医師立ち会い」下で投与し、投与後の観察を確実に実施せよ―医療機能評価機構

2019.11.18.(月)

脳血栓等治療薬のウロナーゼ静注用、「瞬時完成型の神経症状を呈する患者」にも使用可能に―厚労省

2019.11.14.(木)

2019年10月に医療事故が35件報告され、累計1535件に―日本医療安全調査機構

2019.11.13.(水)

「医療事故再発防止に向けた提言」は医療者の裁量制限や新たな義務を課すものではない―医療安全調査機構

2019.11.6.(水)

ピロリ菌駆除薬のタケキャブ等に血小板減少等の、エリテマトーデス治療薬のベンリスタに自殺企図等の副作用―厚労省

2019.11.1.(金)

薬剤師が「薬剤の用法用量や特性に関する知見」を活用し、医療事故を防止した好事例―医療機能評価機構

2019.10.30.(水)

ラニチジン錠に続き、同じヒスタミンH2受容体拮抗薬のニザチジンカプセル「オーハラ」でも発がん性物質検出

2019.10.25.(金)

自己判断で抗菌剤服用をやめてしまう患者、医師等の指示を意識しない患者もいる―内閣府・世論調査

2019.10.24.(木)