Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
GHCプレミアムセミナー「コロナ禍の集患は後方連携から ~持続可能な連携に向けて~ 」 GemMed塾

新型コロナ対応

昨年(2019年)12月に中華人民共和国武漢市で発生したとみられる新型コロナウイルス(covid-19)が、本邦でも猛威を振るい続けています。
これまでのデータからは「感染が確認された症状のある人の約80%が軽症、14%が重症、6%が重篤となっている」ことなどが分かっており、患者数の急増、重症患者の増加に伴い、医療現場の負担は増すばかりです。
Gem Medでは、新型コロナウイルス感染症に対する国・自治体・医療関係団体等の動きをできるだけ分かりやすくお伝えすることを通じて、医療現場を支援いたします。

新型コロナ関連記事カテゴリー一覧


新型コロナ対応

医療者自らが、率先して「国民のニーズに沿った、より質の高い医療提供」を目指す改革を―日病・相澤会長

2022.6.20.(月)

新興感染症等に備え「都道府県と医療機関が病床確保など、医療提供に関する協定」を締結—コロナ対策本部

2022.6.20.(月)

オンライン資格確認等システムの導入義務化に反対理由なし、コロナ対応に向け病院は積極的に協力する―日病協・小山議長、山本副議長

2022.6.17.(金)

コロナ退院患者の「介護施設での受け入れ」促進のため、医療機関に協力介護施設の情報等提供などを—厚労省

2022.6.16.(木)

コロナ対策アドバイザリーボード委員が「効果的で負担の少ない医療・介護場面における感染対策」を提言

2022.6.14.(火)

ファイザー社・モデルナ社のコロナワクチン、接種後、稀にギラン・バレー症候群が発症—厚労省

2022.6.13.(月)

唾液を検体とするコロナ抗原定性検査キット、薬局では使用方法や「体調不良時の使用」を丁寧に説明して販売を—厚労省

2022.6.13.(月)

コロナ抗原定性検査、新たな手法の保険適用がさらに続く―厚労省

2022.6.9.(木)

2022年3月の健保組合医療費はコロナ禍前と比べ6.4%減、オミクロン株に伴う医療機関受診減―健保連

2022.6.8.(水)

2022年2月の健保組合医療費はコロナ禍前と比べ3.7%減に、患者動向がオミクロン株で変化か―健保連

2022.6.7.(火)

コロナ抗原定性検査、さらに新たな手法の保険適用続く―厚労省

2022.6.3.(金)

コロナ抗原定性検査の新たな手法の保険適用続く―厚労省

2022.5.27.(金)

2021年度に入っても「患者減→医療費減」は継続、疾病構造・診療内容にも大きな変化—社保審・医療保険部会(2)

2022.5.26.(木)

高齢者施設等でも「コロナワクチン4回目接種」準備を進め、進捗状況管理を―厚労省

2022.5.25.(水)

屋外でのマスク着用の考え方など整理、基本的な感染対策としてのマスクの重要性には変更なし―厚労省

2022.5.24.(火)

感染症蔓延や災害時などに、緊急に治療薬などを薬事承認する仕組みを創設―厚労省

2022.5.24.(火)