Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
GemMed塾 「看護必要度」新制度シミュ―レーション

新型コロナ対応

昨年(2019年)12月に中華人民共和国武漢市で発生したとみられる新型コロナウイルス(covid-19)が、本邦でも猛威を振るい続けています。
これまでのデータからは「感染が確認された症状のある人の約80%が軽症、14%が重症、6%が重篤となっている」ことなどが分かっており、患者数の急増、重症患者の増加に伴い、医療現場の負担は増すばかりです。
Gem Medでは、新型コロナウイルス感染症に対する国・自治体・医療関係団体等の動きをできるだけ分かりやすくお伝えすることを通じて、医療現場を支援いたします。

新型コロナ関連記事カテゴリー一覧


健保連統計関連

2021年度の健保組合「8割が赤字」、新型コロナで危機到来が1年早まる―2021年度健保組合予算

2021.4.23.(金)

2020年12月、健保組合医療費の減少はコロナ第3波の中、前年同期比3.23%にとどまる―健保連

2021.4.19.(月)

コロナ緊急事態宣言で4分の1の患者が通院抑制するが、宣言解除で抑制割合は低下―健保連

2021.4.13.(火)

11月、コロナ第3波で健保組合医療費は再び「前年同期比5.38%」の大幅減―健保連

2021.3.3.(水)

コロナ禍でも、10月に入り健保組合医療費は前年同期比「3.62%増」に増加―健保連

2021.3.2.(火)

6→7→8→9月と医療費・患者数は増加、歯科では9月に入り前年同期よりも増加へ―健保連

2020.12.4.(金)

新型コロナによる患者減、「5月に底」を打ち6-8月にかけて回復傾向にあることを再確認―健保連

2020.11.16.(月)

新型コロナウイルスによる健保組合医療費の動向、7月に入ると再び減少―健保連

2020.10.12.(月)

新型コロナで激減した健保組合医療費、6月に入ると前期高齢者では前年水準に戻る―健保連

2020.10.7.(水)

新型コロナで医療費総額は15%超減少、「待てない重症患者」は受診を続け、軽症患者は受診控えか―健保連

2020.8.5.(水)