Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
GemMed塾 外来機能報告支援サービス

新型コロナ対応

昨年(2019年)12月に中華人民共和国武漢市で発生したとみられる新型コロナウイルス(covid-19)が、本邦でも猛威を振るい続けています。
これまでのデータからは「感染が確認された症状のある人の約80%が軽症、14%が重症、6%が重篤となっている」ことなどが分かっており、患者数の急増、重症患者の増加に伴い、医療現場の負担は増すばかりです。
Gem Medでは、新型コロナウイルス感染症に対する国・自治体・医療関係団体等の動きをできるだけ分かりやすくお伝えすることを通じて、医療現場を支援いたします。

新型コロナ関連記事カテゴリー一覧


医療提供体制関連

オミクロン株急拡大踏まえ、病床確保、医療従事者の確保、診療縮小を想定した備えなど急げ―厚労省

2022.1.20.(木)

オミクロン株感染者の「濃厚接触者」である医療従事者、無症状・毎日陰性などで医療業務への従事可―厚労省

2022.1.20.(木)

オミクロン株の急拡大を踏まえ、地域の医療提供体制を再確認し、必要な手当てを行ってほしい―厚労省

2022.1.13.(木)

コロナ感染した医師、要件満たせば自宅・宿泊施設からのオンライン診療・電話診療実施が可能―厚労省

2022.1.12.(水)

コロナワクチン接種完了者、オミクロン株感染でも従来株と同じく「発症等から10日」での退院可能―厚労省

2022.1.7.(金)

オミクロン株の急拡大時には、訪問診療体制の整備などを条件に「自宅療養」等も可能とする―厚労省

2022.1.6.(木)

2022年1月から、コロナ病床確保補助で「補助金の一部をコロナ対応スタッフの処遇改善」に充てること義務化―厚労省

2021.12.27.(月)

「コロナ患者受け入れ状況が県平均よりも3割下回る」場合の病床確保料減額など、詳細を解説―厚労省

2021.12.14.(火)

医療従事者を「コロナ重症者対応研修」に派遣する場合、医師は1人1時間7570円、看護師等は2760円の補助―厚労省

2021.12.8.(水)

2022年2-9月、看護職等の賃金引上げの補助を実施、10月以降は診療報酬対応も視野に入れ検討—2021年度補正予算案

2021.11.30.(火)

コロナ病床確保の補助、一部は医療従事者の処遇改善に充て、コロナ患者対応に積極でない病院では3割減額―厚労省

2021.11.25.(木)

2022年2月からコロナ対応病院勤務の看護職員給与を1%、介護職員の給与を3%引き上げる策を打つ―政府経済対策

2021.11.24.(水)

コロナ患者受け入れ病床数・実際の患者受け入れ状況などを病院ごとに毎月公表―厚労省

2021.11.22.(月)

国立病院・JCHO病院、コロナ第5波よりもコロナ病床を2割以上増加させよ―後藤厚労相

2021.10.20.(水)

コロナ入院患者受け入れが困難な病院・有床診でも、入院医療機関と連携して重症化防止薬ロナプリーブの投与可―厚労省

2021.10.5.(火)

コロナ感染症がやや落ち着いている今から、医療人材やベッドの確保、連携体制の構築など進めよ―厚労省

2021.9.22.(水)