Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
診療報酬改定セミナー2022 診療報酬改定セミナー2022

2018年度診療・介護報酬改定

回復期リハ5・6、療養病棟の「データ提出」、新たな経過措置を設定―厚労省

2018.11.28.(水)

【看護夜間体制加算】、夜間の看護補助4時間以上配置は「週3日以上」でよい―疑義解釈9【2018年度診療報酬改定】

2018.11.27.(火)

【ADL維持等加算】、将来を見据えて通所介護の4分の1近くが取得予定組む―福祉医療機構

2018.11.8.(木)

生活援助が多数回のケアプラン、「作成」段階で市町村に届け出を―介護報酬改定疑義解釈(7)

2018.11.8.(木)

【急性期一般1】病棟、入退院支援加算1は81%、入院時支援加算は57%、退院時共同指導料2は64%で取得―福祉医療機構

2018.11.8.(木)

2018年度改定で新設された【妊婦加算】、妊婦健診の重要性などを患者・家族に説明を―厚労省

2018.11.7.(水)

【急性期一般1】、単価アップで増収見込む病院が多い、利用率低下で減収となる病院も―福祉医療機構

2018.11.6.(火)

2018年度診療報酬改定通知、「旧制度に基づく調査事業」名を新制度に基づくものなどへ一部訂正―厚労省

2018.11.5.(月)

データ提出必要病床が200床未満の回復期リハ5・6と療養、2018年度中のデータ提出加算届出は不要―厚労省

2018.10.31.(水)

看護必要度II、「一覧に記載された薬剤」の後発品も評価対象―疑義解釈8【2018年度診療報酬改定】

2018.10.11.(木)

旧7対1で看護必要度30%以上と見做されていた病院、引き続き【急性期一般1】算定するには施設基準届け出を―厚労省

2018.8.28.(火)

地域包括ケア病棟の在宅復帰先から老健施設を除外、ベッド稼働率が如実に悪化―日慢協・武久会長

2018.8.10.(金)

介護療養から介護医療院へ転換、サービス提供体制強化加算の「常勤職員」は継続カウント可能か―介護報酬改定疑義解釈(6)

2018.8.7.(火)

介護医療院、2018年6月末時点で21施設・1400床に―厚労省

2018.8.6.(月)

看護必要度II、3月・9月中に切り替える場合は実績期間も前倒し可能―疑義解釈7【2018年度診療報酬改定】

2018.7.31.(火)

外来から患者の入退院を支援するPatient Flow Management(PFM)が急性期病院の将来を救う

2018.7.30.(月)