運営会社 GLOBAL HEALTH CONSULTING

外来から患者の入退院を支援するPatient Flow Management(PFM)が急性期病院の将来を救う

2018.7.30.(月)

 入院する前、つまり外来の時点から患者の入退院を支援する「Patient Flow Management」(以下、PFM)の導入によって、医師や病棟看護師らの負担が軽減するとともに、平均在院日数の短縮による診療単価の向上、入退院支援に携わるメディカルスタッフのモチベーション向上などが期待される。さらに、何よりも「患者の満足度」が大きく向上する―。

 7月21日にグローバルヘルスコンサルティング・ジャパン(GHC)が主催した「PFMセミナー」で、佐久総合病院・佐久医療センターの西澤延宏・副統括院長兼副院長はこう強調しました。今後の急性期病院の在り方を考える上で、PFMが極めて重要な鍵となりそうです。

 また小牧市民病院の末永裕之・事業管理者は、医師の働き方改革に関連して「単に労働時間の短縮だけを議論していたのでは、『無我夢中に楽しく働く』という、本来の働き方改革にはつながらないのではないか」と述べ、現在の議論に警鐘を鳴らしています(関連記事はこちらこちらこちら)。

外来からの入退院支援は、「医療の質」「患者満足度」の向上につながる

 メディ・ウォッチでもたびたびお伝えしていますが、入院医療においては「平均在院日数の短縮」と病床が非常に重要なテーマとなっています。「診療単価の向上」という経営的側面はもちろん、「院内感染やADL低下の防止」といった医療の質、「早期の社会復帰」といった患者満足度などの面でも、極めて重要です。

 そうした中で、2018年度の診療報酬改定でも▼【退院支援加算】から【入退院支援加算】への名称変更▼【入院時支援加算】の新設―など、「入院前、つまり外来から退院を意識した支援」の評価充実が図られるなど、「外来時点からの入退院支援」に注目が集まっています。

GHCでは、従前から、この「外来時点からの入退院支援」に尽力している佐久総合病院・佐久医療センターの西澤延宏・副統括院長兼副院長と、小牧市民病院の末永裕之・事業管理者のお二方を招聘し、7月21日に東京都内で「PFMセミナー」を開催。記録的な猛暑にもかかわらず、120名を超える全国の病院幹部にご参加いただきました。

西澤副統括院長からは、佐久総合病院・佐久医療センターで実践されているPFMの仕組みについて詳しくご解説いただきました。

佐久総合病院・佐久医療センターの西澤延宏・副統括院長兼副院長

佐久総合病院・佐久医療センターの西澤延宏・副統括院長兼副院長

 
同院では、外来と入院をつなぐ組織として「患者サポートセンター」(以下、サポートセンター)を設置。サポートセンターで「すべての予定入院患者」に対し、▼クリニカルパスを用いた入院・手術の説明▼病歴の確認▼術前に必要な検査とその評価▼持参薬の確認と休薬▼管理栄養士による栄養指導▼口腔内ケア▼退院後の生活への援助―などを実施。これにより、医師および外来・病棟看護師の負担が激減するとともに、サポートセンターで活躍するメディカルスタッフのモチベーションが高まり、理想的な入院医療が提供できていると言います。
PFMセミナー 西澤先生1 180721
PFMセミナー 西澤先生2 180721
 
例えば、主治医が手術日程を決めた後は、サポートセンターが上記の事項をすべて実践。すると、検査結果を見たサポートセンターの看護師から主治医に対し、「当該患者のHbA1cが●●とかなり高めです。術前に内科で診てもらったほうが良いと思います。内科の○○先生の外来を予約しておき、診断等の結果が出ましたら、改めてご連絡しますが、よろしいでしょうか」との連絡が入ります。もちろん、決定は医師が行いますが、こうした諸手続きなどを「医師が実施しなければならない、指示しなければならない」ケースに比べて、医師の負担は激減します。西澤副統括院長は、「働き方改革の中で、勤務時間の短縮論議ばかりが進むが、PFM導入により医師が本来業務に専念することができる。これが本来の働き方改革ではないか」とも指摘しました。
PFMセミナー 西澤先生3 180721
PFMセミナー 西澤先生4 180721
 
また、サポートセンターでは、DA(Doctor‘s Assistant、医師事務作業補助者)が「入院に関する諸手続き」を担当し、医師は確認・承認のみを行っています。入院が決まった場合、外来からサポートセンターに連絡が入り、DAが疾患や治療内容に応じてクリニカルパスや入院に必要な書類(問診表など)を準備。その際、DAが▼アレルギーや既往の確認▼処方・点滴の確認▼血糖測定システムへの入力▼抗菌薬チェックシートへの入力▼入院後検査のオーダー▼入院診療計画書の作成▼退院時紹介状の仮作成▼術後リハビリ紹介状の仮作成―なども行います。そこで、腎機能値の異常などが見つかった場合、DA自らが医師に対し「薬剤の変更」などに関する問い合わせを行い、医師が確認・承認する、というケースも日常的に行われていると言います。DAの高い能力に驚かされます。
PFMセミナー 西澤先生5 180721
PFMセミナー 西澤先生6 180721
 
西澤副統括院長は、こうした取り組みで医師の負担が減るとともに、「医師がすべての事務手続きや指示を行えば、多忙になり、ミスが生じやすい。医師が、こうした点について確認・決定に徹することで、ミスもなくなる」と医療安全上も大きな効果があることを強調しています。

さらに退院支援の要となる入退院支援室の看護師やMSWは、入院前から諸手続きや介護保険との連携を開始しており、極めて円滑な退院支援・調整が実現できています。例えば、高齢で独居の患者が手術を行う場合には、▼自宅への退院▼家族との同居▼地域包括ケア病棟等への転院・転棟―といった選択肢が考えられます。「自宅への退院を選択するのであれば、介護保険のサービス調整等を行うケアマネジャーに連絡し、調整を済ませておいてもらう」「転院・転棟を選択するのであれば、ベッドや診療体制等を確保しておいてもらう」という取り組みを、退院予定日(胃がんによる全摘であれば入院から10日程度)までに済ませておくことで、円滑な退院が図れるとともに、MSWの負担平準化も実現できます。

こうした取り組みを可能とするために、サポートセンターには▼センター長▼持参薬管理等を行う薬剤師1名▼地域医療連携を担う事務スタッフ9名、看護師5名▼医療福祉相談などを担当するMSW5名▼事務担当の医事課スタッフ14名▼管理栄養士1名▼入退院支援を行う看護師19名、看護助手2名、DA5名―という、類まれな手厚い人員配置がなされています。数だけでなく、強い責任感とともに、さまざまな知識・技術を持った専門家集団です。西澤副統括院長は「例えば、『子育て中で、夜勤はできない』という事情があるが、やる気のある看護師がサポートセンターに勤務して高いパフォーマンスを上げている」ということを紹介。看護職員の「新たなキャリア」の1つとなる可能性もありそうです。

ところで、これだけの手厚い人員配置を行った場合、当然、人件費も大きくなりますが、経営的には問題がないのでしょうか。この点、西澤副統括院長は、▼新入院患者の増加▼病床利用率の向上▼入院単価の向上▼手術症例の増加―など、経営面での効果(つまり増収、増益)がある点も強調しています。
PFMセミナー 西澤先生10 180721
 
このようにPFM導入には、▼医師や看護師の負担軽減▼経営の改善—といった効果が期待できますが、西澤副統括院長は、最大の効果は「患者満足度の向上」にあると訴えます。サポートセンターで、スタッフが患者の声に耳を傾け、丁寧に説明し、信頼関係を構築することで、例えば転院の際に「患者の納得」が得られると言います。昨今、とくに急性期病院では、一部マスコミの不適切な報道等もあり、患者が「自分は追い出される」と感じるケースもあるようです。これでは円滑な退院は望めず、病院にとっても患者にとっても不幸な事態が生じかねません。サポートセンターのスタッフが患者に寄り添うことで、円滑な退院に結びつき、かつ患者は、それを満足して受け入れているのです(しぶしぶ了承するわけではない)。
PFMセミナー 西澤先生7 180721
PFMセミナー 西澤先生8 180721
PFMセミナー 西澤先生9 180721
 
なお、PFM導入に向けた準備として、西澤統括副院長は「徹底した標準化」の必要性を指摘します。医師によってパスが異なれば、前述のようなDAの対応は不可能です。まず、自院のパスを整理しなおす(パス化できる病態はパスを作成する)とともに、それにすべての医師が協力することがPFM導入の第一歩と言えるでしょう。佐久総合病院・佐久医療センターでは、10数年をかけて、こうしたPFM体制を構築しており、一気に「同じ体制を構築する」ことは不可能です。▼パスの整備▼診療部や看護部への協力要請―など段階を追った導入が現実的です(この点、GHCの塚越篤子シニアマネジャーが詳説しており、後述いたします)。

労働時間短縮ばかりの働き方改革議論、医師の能力向上を阻害しはしないか

小牧市民病院の末永裕之・事業管理者からは、PFMはもちろん、医療提供体制すべての要となる「人材」の育成に重点を置いた講演が行われました。

小牧市民病院の末永裕之・事業管理者

小牧市民病院の末永裕之・事業管理者

 
末永事業管理者が強調したのは、「皆で考える」という点です。巷間、「カリスマ院長がトップダウンで物事を決する」ことの弊害が話題に上りますが、末永事業管理者は、病院の全スタッフに向けて「トップダウンに慣れ過ぎていないか」「受け身でなく、自分たちから発信しよう」「職種間・部署の壁に穴を開け、風通しを良くしよう」「できる仕事を限定して考えない」とエールを送りました。スタッフ側から幹部に働きかけることが何よりも重要で、後述するように「幹部からスタッフへの働きかけ」も重要ですが、スタッフ側が積極性を持たなければ、病院に限らず、組織の改善・改革は不可能です。

一方で、末永事業管理者は、院長を初めとする幹部が、若手職員のモチベ―ションを高めるために、▼まず各部署の意見を聞く▼病院の経営状況に関する情報を発信する(院内・院外に)▼現場を回り発想を変えさせる▼現実的に改善し、「変わりうる」ことを実感させる▼若手の意見をなるべく汲む―という努力を怠ってはいけないとも指摘しました。

その一環として、小牧市民病院の院長時代には、院長室のドアを常に開けておき、誰でもが院長室を訪問し、直接、意見を述べたり、助言を求めたりできる環境を整備。この伝統は今でも院内で受け継がれるとともに、他の病院にも波及しています。メディ・ウォッチ読者の病院幹部諸氏も真似されてはいかがでしょうか。

こうした取り組みも手伝って、小牧市民病院ではDPCに医療機関群が導入された2012年度以降、継続してDPC特定病院群(旧II群)を維持。この背景には、 GHCの多機能型経営分析ツール「病院ダッシュボードχ(カイ)」を用いた、診療実績・経営指標のチェックがあることはもちろん、迅速な改善という普段の努力も欠かせません。例えば新設された【入院時支援加算】の前提となる【入退院支援加算】の算定率は80%に達し、DPC病院の中でもトップクラスを維持しています。若手が積極的に意見を述べ、これを幹部がしっかりと受け止めるという風土の中で、データに基づいた普段の改善を行えば、必ず経営の向上に結びつくという見本と言えるのではないでしょうか。
PFMセミナー 末永先生1 180721
PFMセミナー 末永先生2 180721
PFMセミナー 末永先生3 180721
PFMセミナー 末永先生4 180721
PFMセミナー 末永先生5 180721
 
さらに末永事業管理者は、「Patient Flow Management」に関連して「Flow理論」を紹介。これは、ハンガリー出身のアメリカの心理学者Csikszentmihalyi博士が提唱した理論で、▼Flowとは、無我夢中で何かに取り組んでいるときの精神状態である▼Flow状態にあるとき、ヒトは高いレベルの集中力を示し、他の示唆、満足感、状況のコントロール感、自尊過剰などを経験する▼Flowを繰り返し経験することで、ヒトはより複雑な能力を身に着けていく—とされています。どなたでも経験されたことがあると思いますが、自分が高い関心を持っている物事(趣味なども含めて)に相対するときは、時間が経つことも忘れて没頭し、極めて高い成果を上げることができます。
PFMセミナー 末永先生8 180721
PFMセミナー 末永先生7 180721
PFMセミナー 末永先生6 180721
 
末永事業管理者は、西澤副統括院長も指摘した「医師の働き方改革」にも言及。「労働時間の短縮」論議ばかりが進めば、若手医師はFlow状態を経験できず、結果として「複雑な能力の獲得」が難しくなってしまうのではないか、と心配します。日本病院会の副会長として「病院総合医」の育成を担当するなど、人材育成の大家ならではの視点でしょう。厚生労働省の「医師の働き方改革に関する検討会」では、今秋から来春にかけて詰めの議論を行いますが、こうした視点にも立った議論が望まれます(関連記事はこちらこちら)。

PFM導入で、大病院本院では年間1億9800万円にも及ぶ収益増に結びつく可能性

 7月21日のPFMセミナーでは、GHCコンサルティング部門のシニアマネジャー塚越篤子から、「急性期病院におけるPFMの意義と経営幹部が把握すべきポイント」に関する講演も行われました。

グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン シニアマネジャーの塚越篤子

グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン シニアマネジャーの塚越篤子

 
 入院前からの入退院支援を評価する【入院時支援加算】は、2018年度改定では200点に設定されましたが、その経営的意義は大きく、ある大学病院本院では「年間1億9800万円」に相当する収益増が生じています(内訳は下表)。また西澤副統括院長らが強調するように、医療の質向上や患者満足度向上といった、より本質的な効果も期待されます。
PFMセミナー GHC塚越1 180721
 
 このようにPFMは、多くの病院で導入を進めるべきですが、事前の環境整備なども含めて段階的に実施することが必要です。GHC塚越は、予定入院患者における「外来から入院、退院」までについて、(1)外来時点からチーム医療が展開できているか(2)入院診療の外来シフトは徹底できているか(3)外来枠・手術枠運用の適正化が行われているか―という3要素を確認してほしいと呼びかけています。
PFMセミナー GHC塚越2 180721
 
まず(1)は、外来時点で、「患者の入院医療と退院後」を予測し、多職種での支援が実施されているかどうか、という点です。 GHCの多機能型経営分析ツール「病院ダッシュボードχ(カイ)」を用いれば、例えば「65歳以上の予定入院患者について、▼3日以内のスクリーニング▼7日以内のカンファランス・家族面談―などを実施できているか」(つまり入退院支援加算を算定できているか)が瞬時に把握でき、他病院とのベンチマークも可能です。ここで「他病院に比べ算定率が低い」ことが分かれば、その原因はどこにあるのか(スクリーニングに問題があるのか、カンファランス実施ができていないのか、など)を把握し、改善につなげることができます。
PFMセミナー GHC塚越3 180721
 
塚越は、外来時点で、まず▼手術症例かどうか▼がん症例かどうか▼既往▼ADL▼CGA▼ケアプランは作成されているか▼診療情報が共有されているか―という点の確認から始めることを推奨しました。これらは、診療報酬の算定にも結び付き、確認の成果が見えやすく、スタッフのモチベーション向上も期待できるためです。

また(3)では、各病院において「手術室別・曜日別・時間帯別の稼働状況」を把握し、平準化を目指すものです。「一部の病室について、特定の曜日、極端に稼働が低くなっていないか」「朝9時から手術室が適切に稼働しているか」「朝の稼働が悪いために、無駄に残業が発生していないか」などをチェックし、その原因の究明、改善に結びつけることが必要です。
PFMセミナー GHC塚越4 180721
 
こうした点をチェックし、個別病院の特性(スタッフ構成や患者構成、近隣医療機関の助教など)にあったPFM体制の構築を目指すことが重要です。
 
 

 

MW_GHC_logo

 

解説を担当したコンサルタント 塚越 篤子(つかごし・あつこ)

tsukagoshi 株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパンのコンサルティング部門シニアマネジャー。
テンプル大学教養学部経済学科卒業。経営学修士(MBA)。看護師・助産師として10年以上の臨床経験、医療連携室責任者を経て、入社。医療の標準化効率化支援、看護部活性化、病床管理、医療連携、退院調整などを得意とする。済生会福岡総合病院(事例紹介はこちら)、砂川市立病院など多数の医療機関のコンサルティングを行う。新聞の取材対応や雑誌への寄稿など多数(「隔月刊 地域連携 入退院支援」の掲載報告はこちら)。

 

【関連記事】

鈴木医務技監・迫井医療課長がGHC改定セミナーに登壇!「重症患者受け入れ」に軸足を置いた入院報酬に!
一般の病床が満床で差額ベッドのみ空床の場合、懇切丁寧な説明と同意あれば差額ベッド代徴収は従前通り可能―疑義解釈6【2018年度診療報酬改定】
看護必要度II、一覧に記載された薬剤の「類似薬」も評価対象に―疑義解釈5【2018年度診療報酬改定】
看護必要度II、投薬・注射・手術・麻酔の薬剤のみ評価対象―疑義解釈4【2018年度診療報酬改定】
自院で介護保険訪問看護を実施していれば、地域包括1・3の選択基準満たす―疑義解釈3【2018年度診療報酬改定】
7対1病院が急性期一般1を算定する場合、9月までは特段の届け出不要―疑義解釈2【2018年度診療報酬改定】
保険診療上の【オンライン診療料】、実施指針よりも厳格に運用―疑義解釈1【2018年度診療報酬改定】(3)
医療安全のピアレビュー、抗菌薬の適正使用推進を評価する加算を新設―疑義解釈1【2018年度診療報酬改定】(2)
看護必要度IIの詳細、入院時支援加算における専従・専任看護師の規定など解説―疑義解釈1【2018年度診療報酬改定】(1)

外来から入院、退院後の在宅医療までをマネジメントするPFM、さまざまなメリットが!
鈴木医務技監・迫井医療課長がGHC改定セミナーに登壇!「重症患者受け入れ」に軸足を置いた入院報酬に!

200床以上で看護必要度II要件を満たさない場合、急性期一般入院料2・3は届出可能か―厚労省
DPCのEF統合ファイル用いる看護必要度II、選択可能な病院の条件を提示―厚労省

2018年度診療報酬改定、答申内容を一部訂正―厚労省
【2018年度診療報酬改定答申・速報6】がん治療と仕事の両立目指し、治療医と産業医の連携を診療報酬で評価
【2018年度診療報酬改定答申・速報5】在総管と施設総管、通院困難患者への医学管理を上乗せ評価
【2018年度診療報酬改定答申・速報4】医療従事者の負担軽減に向け、医師事務作業補助体制加算を50点引き上げ
【2018年度診療報酬改定答申・速報3】かかりつけ機能持つ医療機関、初診時に80点を加算
【2018年度診療報酬改定答申・速報2】入院サポートセンター等による支援、200点の【入院時支援加算】で評価
【2018年度診療報酬改定答申・速報1】7対1と10対1の中間の入院料、1561点と1491点に設定
「入院前」からの外来で行う退院支援、診療報酬で評価―中医協総会 第377回(1)

民間生保の診断書様式、統一化・簡素化に向けて厚労省と金融庁が協議―医師働き方改革検討会(2)
医師の労働時間上限、過労死ライン等参考に「一般労働者と異なる特別条項」等設けよ―医師働き方改革検討会(1)
医師の働き方改革、「将来の医師の資質」なども勘案した議論を―社保審・医療部会(1)
勤務医の時間外労働上限、病院経営や地域医療確保とのバランスも考慮―医師働き方改革検討会 第7回(2)
服薬指導や診断書の代行入力、医師でなく他職種が行うべき―医師働き方改革検討会 第7回(1)
業務移管など「勤務医の労働時間短縮策」、実施に向けた検討に着手せよ―厚労省
医師の労働時間規制、働き方を変える方向で議論深める―医師働き方改革検討会(2)
勤務医の負担軽減目指し、業務移管など緊急に進めよ―医師働き方改革検討会(1)
タスク・シフティングは段階的に進める方向で議論―医師働き方改革検討会
医師の勤務実態を精緻に調べ、業務効率化方策を検討―医師働き方改革検討会
罰則付き時間外労働規制、応召義務踏まえた「医師の特例」論議スタート—医師働き方改革検討会
医師への時間外労働規制適用に向けて検討開始、診療報酬での対応も視野に—厚労省
医師も「罰則付き時間外労働の上限規制」の対象とするが、医療の特殊性も検討―働き方改革

医療・介護従事者の意思なども反映した供給体制の整備を—働き方ビジョン検討会