Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

医療計画・地域医療構想

専門医機構、地域医療への配慮について「必ず」都道府県協議会の求めに応じよ—厚労省検討会

2017.6.13.(火)

2018年度改定、医療費の伸び、国民負担など考慮せよ—骨太方針2017を閣議決定、ここでもプラス改定を牽制

2017.6.12.(月)

「2月分」の経年比較でも、在院日数短縮と病床利用率向上とを両立―病院報告、17年2月分

2017.6.8.(木)

新整備指針の見直し、総合診療専門医の研修プログラム整備基準を決定—日本専門医機構

2017.6.6.(火)

2018年度診療報酬改定で入院基本料の報酬水準や要件など検討せよ—経済財政諮問会議で骨太方針2017素案

2017.6.5.(月)

本年度(2017年度)の病床機能報告から、患者数の報告対象期間を1年間に延長—地域医療構想ワーキング(3)

2017.6.5.(月)

大学病院の一部、「3000点」が高度急性期の目安と誤解、機能を勘案した報告を—地域医療構想ワーキング(2)

2017.6.2.(金)

7対1病棟は高度急性期・急性期、10対1病棟は急性期・回復期との報告が基本に—地域医療構想ワーキング(1)

2017.6.2.(金)

有床診、現在の減少ペース続けば、今年(2017年)8月に10万床切る―医療施設動態調査(2017年3月)

2017.5.29.(月)

論理的に考え、患者に分かりやすく伝える能力を養うため、専門医に論文執筆は不可欠—医学部長病院長会議

2017.5.29.(月)

専門医整備指針、女性医師に配慮した柔軟な対応などを6月2日の理事会で明記—厚労省検討会

2017.5.26.(金)

地域医療へ配慮し、国民に分かりやすい専門医制度を目指す—日本専門医機構がQ&A

2017.5.19.(金)

公立病院、今後3年程度で事業の広域化や経営統合・再編を加速せよ—経済財政諮問会議

2017.5.15.(月)

専門医取得が義務でないことやカリキュラム制の設置、新整備指針の中で対応—日本専門医機構

2017.5.15.(月)

地域医療構想出揃う、急性期の必要病床数は40万632床、回復期は37万5246床—地域医療構想ワーキング(3)

2017.5.11.(木)

「1月」の状況だけを経年比較すると、在院日数短縮と病床利用率向上を両立―病院報告、17年1月分

2017.5.11.(木)