Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
GemMed塾 看護モニタリング

医療提供体制改革

【ポスト地域医療構想】論議を近々に開始、入院だけでなく、外来・在宅・医療介護連携なども包含して検討—社保審・医療部会(1)

2024.3.22.(金)

公的データベースの仮名化情報利活用、「厳格な審査・監視下で行われ不適切利用がなされない」旨を国民へ説明を—医療等情報2次利用WG

2024.3.21.(木)

人口10万人当たり医師数最多の京都と最小の埼玉で1.90倍の格差、「外科医の減少」が止まらず―医師・歯科医師・薬剤師統計

2024.3.21.(木)

医師働き方改革に向け都道府県-医療機関の連携深化、2024年4月以降も勤務医の労働環境・地域医療への影響を注視—医師働き方改革推進検討会

2024.3.15.(金)

地域医療構想実現に向けた取り組みはバラつき大、国が「推進区域、モデル推進区域」指定し支援実施—地域医療構想・医師確保計画WG

2024.3.14.(木)

救急救命士による「救急車内のエコー実施」を特区(岡山県吉備中央町)で認めるか、安全性確保の面等で賛否両論—救急医療職種ワーキング

2024.3.8.(金)

医療法人からの事業報告書・経営情報等の届け出・報告に遅延等生じないよう、都道府県は管下法人の指導・管理徹底を—厚労省

2024.3.5.(火)

有床診は5643施設・7万5828床に減少、2024年3月に7万5000床、7月に5500施設を割る可能性—医療施設動態調査(2023年12月末)

2024.3.1.(金)

将来の医師過剰が指摘されるが「病院の勤務医」は全国レベルで不足しており、医学部入学定員(臨時定員)は維持すべき—四病協

2024.2.29.(木)

将来の医師供給過剰を考慮すれば「医学部入学定員の減員」が必要だが、医師少数地域では「増員」も認めるべきか?—医師偏在対策等検討会

2024.2.27.(火)

マイクロソフト社のソフトウェアに脆弱性発見、すぐさまセキュリティ更新プログラム等の適用を—NISC

2024.2.22.(木)

公的データベースの仮名化情報の連結・解析で、新たな治療法開発や、より効果的な疾病対策につなげられると期待—医療等情報2次利用WG

2024.2.16.(金)

医療・介護分野の人材紹介、「紹介料の適正な水準確保」や「紹介人材の質担保」などが依然として大きな課題—社保審・医療部会(2)

2024.2.13.(火)

救急救命士による「救急車内でのエコー実施」で腹腔内出血等の診断補助が可能、適切な搬送先病院選定が可能に—救急医療職種ワーキング

2024.2.8.(木)

患者・国民が「かかりつけ医」選択のための情報が不足している、終末期に受けたい・受けたくない医療の意思表示者は少数派—日医総研

2024.2.7.(水)

有床診は5661施設・7万6064床に減少、2024年3月には7万5000床を、6月には5500施設を切る可能性—医療施設動態調査(2023年11月末)

2024.2.2.(金)