Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
無償キャンペーン GemMed塾

新型コロナ対応

昨年(2019年)12月に中華人民共和国武漢市で発生したとみられる新型コロナウイルス(covid-19)が、本邦でも猛威を振るい続けています。
これまでのデータからは「感染が確認された症状のある人の約80%が軽症、14%が重症、6%が重篤となっている」ことなどが分かっており、患者数の急増、重症患者の増加に伴い、医療現場の負担は増すばかりです。
Gem Medでは、新型コロナウイルス感染症に対する国・自治体・医療関係団体等の動きをできるだけ分かりやすくお伝えすることを通じて、医療現場を支援いたします。

新型コロナ関連記事カテゴリー一覧


新型コロナ対応

一部コロナ患者の療養期間短縮、入院なしの有症状患者では「7日かつ症状計画から24時間」経過で療養解除—厚労省

2022.9.8.(木)

コロナ・RSウイルスの鑑別・迅速な「抗原検査」など、行政検査として「患者負担求めない」点を明示—厚労省

2022.9.8.(木)

コロナ届け出の限定(重症化リスク者)の全国展開に向け、軽症者等対応する「健康フォローアップセンター」の全国整備を—厚労省

2022.9.7.(水)

コロナ重症化防止薬「パキロビッドパック」も有効期限を18か月に延長、既存製剤も「有効期限18か月」と取り扱ってよい―厚労省

2022.9.7.(水)

感染症蔓延時に備えた都道府県と医療機関との「協定」、実行をどう担保するかが最も重要である―社保審・医療部会(1)

2022.9.6.(火)

新たに保険適用された「コロナ・RSウイルスを簡便・迅速に鑑別可能な検査」、DPCや療養病棟等で出来高算定可―厚労省

2022.9.5.(月)

コロナウイルス抗原とRSウイルス抗原を簡便・迅速に同時鑑別する検査について具体例を提示―厚労省

2022.9.5.(月)

新型コロナウイルスとRSウイルスを僅か10分で簡便に鑑別できる検査(抗原定性検査)を保険適用—厚労省

2022.9.5.(月)

コロナ重症化防止薬「ゼビュディ点滴静注」、既存製剤も「有効期限24か月」と取り扱ってよい―厚労省

2022.9.2.(金)

コロナ新薬「エバシェルド筋注」は発症抑制目的投与に限る、薬剤費は国負担だが3100円以下の患者負担―厚労省

2022.9.2.(金)

オンライン診療等活用した「診療・検査医療機関」への協力進め、全施設の情報公表を—厚労省

2022.9.1.(木)

コロナ重症化防止薬「ラゲブリオ」、既存製剤も「有効期限30か月」と取り扱ってよい―厚労省

2022.9.1.(木)

2023年度厚労省予算概算要求は33兆2644億円、病床機能再編・電子カルテ標準化など促進、コロナ補助は事項要求

2022.9.1.(木)

コロナ感染症の重症化予防、ワクチン接種できない者の発症予防効果がある「エバシェルド筋注セット」を特例承認―厚労省

2022.8.31.(水)

ファイザー社の小児用コロナワクチン、2回目接種から5か月以上経過した小児へ3回目接種(追加免疫)を—厚労省

2022.8.30.(火)

OTCコロナ抗原定性検査キット、「偽陰性の可能性がある」「陰性証明には使えない」点などに留意した販売を—厚労省

2022.8.29.(月)