Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
GemMed塾 「看護必要度」新制度シミュ―レーション

新型コロナ対応

昨年(2019年)12月に中華人民共和国武漢市で発生したとみられる新型コロナウイルス(covid-19)が、本邦でも猛威を振るい続けています。
これまでのデータからは「感染が確認された症状のある人の約80%が軽症、14%が重症、6%が重篤となっている」ことなどが分かっており、患者数の急増、重症患者の増加に伴い、医療現場の負担は増すばかりです。
Gem Medでは、新型コロナウイルス感染症に対する国・自治体・医療関係団体等の動きをできるだけ分かりやすくお伝えすることを通じて、医療現場を支援いたします。

新型コロナ関連記事カテゴリー一覧


新型コロナ対応

重症化防止薬の早期投与など「迅速な検査が求められる」場万では、抗原定性検査の適切活用を―厚労省

2022.3.9.(水)

症状が少し落ち着いたコロナ患者、コロナ疑い救急患者を受ける病床への補助、申請期限を3月24日まで延長―厚労省

2022.3.9.(水)

2022年4月以降のオンライン初診、新施設基準届け出た場合は「251点」、それ以外は「214点」を算定―厚労省

2022.3.8.(火)

後発品使用体制加算・調剤体制加算などの「後発品割合」、2022年9月まで供給不安薬を計算から除外可―厚労省

2022.3.8.(火)

新型コロナのオミクロン株が拡大が止まらない中、抗原定性検査の新手法を保険適用―厚労省

2022.3.7.(月)

新型コロナのオミクロン株が大流行する中、PCR検査の新手法を保険適用―厚労省

2022.3.4.(金)

「持病あり」の人は「かかりつけ医の重要性」を強く認識、「持病なし」の人はオンライン診療に不安―健保連

2022.3.4.(金)

コロナ濃厚接触者でも一定要件満たせば業務継続認める、新薬は併用禁忌・注意薬が多い点に留意―厚労省

2022.3.3.(木)

2021年4-10月の医療費はコロナ禍前(2019年4-10月)と比べ0.8%増、「平時の2%台増」に及ばず―厚労省

2022.3.1.(火)

新型コロナのオミクロン株が大流行する中、抗原定性検査の新手法の保険適用続く―厚労省

2022.2.25.(金)

医師の診断なく自主的に自宅等療養するコロナ患者、自治体判断で「療養証明書」出すことも可―厚労省

2022.2.25.(金)

コロナ等で利用者が減った通所介護等の報酬特例を2022年度も適用、要件満たせば再度の3%加算も―厚労省

2022.2.24.(木)

コロナ検査キット優先入手のため、「国が医療機関から申請受け、卸業者に伝達する」仕組み構築―厚労省

2022.2.24.(木)

介護施設等でのコロナ集中的検査、「濃厚接触者の待機期間短縮」のための検査への位置付けも可能に―厚労省

2022.2.21.(月)

医療従事者である濃厚接触者、「5日目のPCR・抗原定量検査での陰性確認」でも待機解除可―厚労省

2022.2.21.(月)

症状がやや落ち着いたコロナ患者、コロナ疑いの救急患者を受け入れる医療機関に新たな病床確保補助―厚労省

2022.2.18.(金)