Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
2020 診療報酬改定セミナー 2020 診療報酬改定セミナー 運営会社 GLOBAL HEALTH CONSULTING

最新記事一覧

特定処遇改善加算、多くの法人では「厚労省の例示した基準」に沿って算定―福祉医療機構

2019.10.29.(火)

先行バイオ医薬品と同一のバイオAG、苦渋の選択として「先行バイオ品の70%」とするしかない―中医協・薬価専門部会

2019.10.29.(火)

2020年4月からの初期臨床研修医、大学病院での研修がついに4割を切る―厚労省

2019.10.29.(火)

ケアプラン作成に利用者負担を求めるべきか、介護医療院等の多床室料を全額自己負担とすべきか―社保審・介護保険部会(1)

2019.10.28.(月)

病院・病床の機能分化・連携を進めるため、総合入院体制加算の要件柔軟化を検討してはどうか―日病協

2019.10.28.(月)

【療養・就労両立支援指導料】の対象を脳卒中や肝疾患にも広げ、より算定しやすく見直し―中医協総会(2)

2019.10.28.(月)

救急医療管理加算、2020年度改定で算定要件の明確化・厳格化を検討―中医協総会(1)

2019.10.25.(金)

GMQ116 小児・AYA世代のがん患者のなかで30歳から39歳までにがんを発症した患者は何%?

2019.10.25.(金)

医療材料の内外価格差是正に向け、外国価格調整ルールをさらに厳格化―中医協・材料専門部会

2019.10.25.(金)

ラニチジン錠に続き、同じヒスタミンH2受容体拮抗薬のニザチジンカプセル「オーハラ」でも発がん性物質検出

2019.10.25.(金)

医師から他職種へのタスク・シフティング、「業務縮減効果大きく、実現しやすい」業務から検討―医師働き方改革タスクシフト推進検討会

2019.10.24.(木)

自己判断で抗菌剤服用をやめてしまう患者、医師等の指示を意識しない患者もいる―内閣府・世論調査

2019.10.24.(木)

25-39歳のがん患者のほとんどは女性、子宮頸がん・乳がん患者が多い点を踏まえた対策を―国がんセンター・成育医療センター

2019.10.24.(木)

「頭蓋内損傷リスクが低い小児、CT推奨しない」等のガイドライン遵守を診療報酬で評価すべきか―中医協総会

2019.10.23.(水)

「医師の働き方改革」を診療報酬でどうサポートするか、基本方針策定段階でも激論―社保審・医療部会

2019.10.23.(水)

地域医療構想の実現に向け、詳細なデータ提供・公表を継続せよ―医療計画見直し検討会

2019.10.23.(水)