Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
GemMed塾 2024年度版ぽんすけリリース

最新記事一覧

軽度者への介護サービス切り捨ては将来の介護リスクを高め、財政に悪影響を及ぼす―老施協

2016.2.16.(火)

75歳以上の後期高齢者医療制度、2014年度は5374億円の黒字―厚労省

2016.2.16.(火)

特定行為研修を修了した看護師に、指定研修機関から「証明書」を発行―厚労省

2016.2.15.(月)

2018年度の同時改定、「医療・看護必要度」「在宅復帰率」「平均在院日数」の3点をセットで議論―中医協・支払側委員

2016.2.15.(月)

パニック値の報告漏れが3件発生、院内での報告手順周知を―医療機能評価機構

2016.2.15.(月)

レセプト病名は不適切、禁忌の薬剤投与に留意―近畿厚生局が個別指導事例を公表

2016.2.12.(金)

2014年度、市町村国保は3585億円の赤字、全体の56.4%が赤字保険者―厚労省

2016.2.12.(金)

2016年度診療報酬改定、要介護高齢者などの目標設定支援などしなければ、疾患別リハ料を減算―中医協総会

2016.2.10.(水)

2016年度診療報酬改定、実は「小児医療の見直し」が大きなポイント―中医協総会

2016.2.10.(水)

【16年度改定答申・速報2】専従の退院支援職員配置など評価する「退院支援加算1」、一般600点、療養1200点―中医協総会

2016.2.10.(水)

【16年度改定答申・速報1】7対1の重症患者割合は25%で決着、病棟群単位は18年3月まで―中医協総会

2016.2.10.(水)

前方・後方連携を強化し、在院日数短縮と利用率向上の実現を―病院報告、15年10月分

2016.2.9.(火)

4月から入院患者の食事負担が増額となるが、指定難病患者などでは据え置き―厚労省

2016.2.9.(火)

介護施設などでの従事者による虐待、2014年度は300件で前年度から35.7%増加―厚労省

2016.2.8.(月)

指定難病患者の「高額療養費算定基準」とレセプトへの「特記事項」への記載を整理―厚労省

2016.2.8.(月)

看護師の特定行為で「手順書例集」を公表、「医療現場で手順書作成の参考に」―全日病

2016.2.5.(金)