Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
GemMed塾 新制度シミュレーションリリース

医療保険制度

潰瘍性大腸炎の病態把握を補助する新検査、非アルコール性脂肪性肝炎の診断を補助する新検査を1月1日から保険適用—厚労省

2024.1.4.(木)

2021年度の後期高齢者医療費、最高の高知と最低の新潟で1.52倍もの格差、不適切入院の是正・病床数適正化が重要—厚労省

2023.12.29.(金)

協会けんぽ全体の後発品割合は2023年8月も82.9%に微増、後発品供給不安の中「上昇⇔足踏み」を繰り返している

2023.12.27.(水)

小児・AYAがん患者へ「効果のある未承認等の分子標的薬」を迅速投与できる仕組み、2024年1月18日スタート―患者申出療養評価会議

2023.12.25.(月)

あえて長期収載医薬品選択した場合の患者特別負担、診療側は「小さな負担」を、支払側は「大きな負担」を提唱—中医協総会(2)

2023.12.15.(金)

健保組合の後発品割合、調剤ベースで2023年7月に「85.0%」へ上昇、ただし依然として大きな地域格差—健保連

2023.12.15.(金)

「医療療養病床→介護保険施設等」転換を2025年度末まで財政支援、マイナ保険証利用率高い医療機関へ補助—社保審・医療保険部会

2023.12.15.(金)

認知症治療薬「レケンビ」(レカネマブ)、200mgは4万5777円、500mgは11万4443円の薬価、1人当たり298万円の薬剤費に—中医協総会(1)

2023.12.13.(水)

「長期収載品」と「最も高い後発品」との価格差の「2分の1以下」を選定療養(患者負担)とせよ—社保審・医療保険部会(1)

2023.12.11.(月)

早期乳がん(長径1.5cm以内)への低侵襲の「乳腺悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法」を保険適用、診療報酬算定ルールも整備—厚労省

2023.12.8.(金)

医療・介護分野の物価高騰等対策、看護補助者の処遇改善、新興感染症対策の協定医療機関の体制整備などを支援—2023年度補正予算案

2023.12.7.(木)

「長期収載品」と「最も高い後発品」との価格差の一部を選定療養(患者負担)に—中医協総会(5)

2023.12.5.(火)

「長期収載品と後発品との価格差の一部」の選定療養(患者負担)化、医療上の必要性や後発品供給への配慮も必要—社保審・医療保険部会

2023.12.1.(金)

協会けんぽ全体の後発品割合は2023年7月も82.6%で横ばい、上昇モードから一転「足踏み」状態に陥る

2023.11.28.(火)

「長期収載品と後発品との価格差の一部」を患者負担(選定療養)に、対象薬剤や自己負担水準などをどう考えるか―中医協総会(3)

2023.11.27.(月)

1番目の患者申出療養「進行性胃がんへのパクリタキセル・S-1併用療法」が終了、東大病院が近く総括報告—患者申出療養評価会議

2023.11.20.(月)