Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
GemMed塾 看護モニタリング

医療提供体制改革

新たな地域医療構想の策定・実現に向け、都道府県・市町村がリーダーシップを発揮し、参加医療機関もより積極な議論を―全自病・小熊会長

2024.4.12.(金)

勤務医の労働/自己研鑽の切り分け、「業務上必須か」「指示で実施するか」の2軸で、個々の医療機関・医師・行為ごとに判断を―厚労省

2024.4.11.(木)

医師働き方改革、宿日直取得「後」も業務実態の把握・勤務環境の改善を進めなければならない点に留意を―厚労省

2024.4.10.(水)

訪問診療や訪問看護、訪問介護等の車両、「警察署長の駐車許可」得ることで駐車禁止場所への駐車も可能—厚労省

2024.4.9.(火)

「カネの融通を認めない地域医療連携推進法人」「外部監査を不要とする地域医療連携推進法人」の詳細示す—厚労省

2024.4.5.(金)

オンライン初診では麻薬や抗がん剤、糖尿病薬などの処方不可、オンライン診療の情報を「過去の診療情報」と扱うことも不可—厚労省

2024.4.4.(木)

【ポスト地域医療構想】論議スタート、医療介護連携、構想区域の在り方、医療人材確保、必要病床数設定等が重要論点—新地域医療構想検討会

2024.3.29.(金)

有床診療所の減少スピード加速、2024年3月に7万5000床、7月に5500施設を割る可能性大—医療施設動態調査(2024年1月末)

2024.3.28.(木)

医師働き方改革により「救急はじめとする診療縮小」「医師派遣の中止、削減」「病院経営の悪化」などの悪影響が出る可能性大—四病協

2024.3.28.(木)

2026年度医学部定員、総数9403名の枠内で「医師少数県の定員を増やす場合は、多数県の定員削減で吸収」を—医師偏在対策等検討会

2024.3.27.(水)

2024年4月1日から、全国の医療機関の機能等を検索できる医療情報ネット「ナビイ」を厚労省が運用開始—医療機能情報提供制度等分科会(2)

2024.3.27.(水)

近く始まる「ポスト地域医療構想」論議、「ベッド数の数合わせ」に終わってはならず、2次医療圏の在り方も再検討が必要—日病・相澤会長

2024.3.26.(火)

日本外科学会認定の「外科専門医」などの広告は2028年度で終了、「機構専門医」への移行を急げ—医療機能情報提供制度等分科会(1)

2024.3.26.(火)

かかりつけ医機能報告制度の「報告対象医療機関」と「報告内容」について厚労相に提言、医療機関の種類でなく機能に着目—日病・相澤会長

2024.3.25.(月)

高齢の救急患者に包括対応する【地域包括医療病棟入院料】、内科系病院でも外科系病院でも移行しにくい—日病協

2024.3.22.(金)

救急救命士による「救急車内のエコー」実施、特区(岡山県吉備中央町)での研究デザインを精緻化した後に可否判断—救急医療職種ワーキング

2024.3.22.(金)