Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
2020 診療報酬改定セミナー 2020 診療報酬改定セミナー 運営会社 GLOBAL HEALTH CONSULTING

慈恵医大病院など4病院をアレルギー疾患の拠点病院に、慶應大病院など13病院を専門病院に指定―東京都

2019.3.4.(月)

 重症・難治性のアレルギー疾患患者に対し専門的な医療を提供するために、東京慈恵会医科大学附属病院など4病院を「東京都アレルギー疾患医療拠点病院」に、慶應義塾大学病院など13病院を「東京都アレルギー疾患医療専門病院」に指定する―。

 東京都は2月27日にこうした指定を行いました(都のサイトはこちら)。

幅広いアレルギー疾患に対応し、人材育成も行う「拠点病院」と、領域別の「専門病院」

 2014年6月にアレルギー対策基本法が成立・公布されました。同法では、我が国におけるアレルギー疾患(気管支ぜん息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、花粉症、食物アレルギーその他)対策を総合的に推進することを目的とし、国・地方公共団体・医療保険者・国民・医療提供者などに対してさまざまな責務を課すとともに、厚生労働大臣に対して「アレルギー疾患対策基本指針」を策定するよう指示。厚労相は2016年12月に指針を策定しており、そこでは、アレルギー疾患に関する適切な医療提供体制の整備や、情報提供の推進などの方針が示されています(関連記事はこちら)。

また、東京都でも独自にアレルギー疾患対策を進めており、2017年4月にじゃ、アレルギー疾患に関する最新情報を掲載し、専門医療機関などを検索できるwebサイト「アレルギー情報navi」を開設(関連記事はこちら)。さらに今般、専門医療機関の指定を行ったものです。

まず内科・小児科をはじめとする「幅広い領域のアレルギー疾患」への対応・専門的な医療提供を行い、さらに人材育成や患者・家族等への普及啓発等を中心的に担う「東京都アレルギー疾患医療拠点病院」として、次の4病院を指定しました。

【一般形】小児から成人まで幅広い領域のアレルギー疾患に対応し、専門的医療を提供する
▼東京慈恵会医科大学附属病院(港区)
▼東京医科歯科大学医学部附属病院(文京区)

【小児型】小児専門病院であって、専門的なアレルギー疾患医療を提供する
▼国立成育医療研究センター(世田谷区)
▼東京都立小児総合医療センター(府中市)

 
また、内科、小児科、皮膚科、耳鼻咽喉科の各個別領域において、専門的医療を提供する「東京都アレルギー疾患医療専門病院」として次の13病院を指定しています。眼科については、現時点では該当専門病院が指定されていません。

▼慶應義塾大学病院(新宿区):内科
▼東京女子医科大学病院(新宿区):内科
▼日本医科大学付属病院(文京区):皮膚科、耳鼻咽喉科
▼同愛記念病院(墨田区):内科、小児科
▼昭和大学病院(品川区):内科、小児科
▼日本大学医学部附属板橋病院(板橋区):内科
▼帝京大学医学部附属病院(板橋区):内科
▼東海大学医学部付属八王子病院(八王子市):小児科
▼東京都立多摩総合医療センター(府中市):内科
▼公立昭和病院(小平市):小児科
▼東京慈恵会医科大学附属第三病院(狛江市):小児科
▼国立病院機構東京病院(清瀬市):内科
▼結核予防会複十字病院(清瀬市):内科

 
 都では、今後、「拠点病院・専門病院を中心に専門的な医療機関のネットワークを形成し、域の医療機関との連携を促進するとともに、医療従事者を対象とした研修等を実施し、都におけるアレルギー疾患医療の充実に取り組んでいく」考えを示しています。

 

 
 

 

MW_GHC_logo

 

【関連記事】

アレルギー疾患に関する正しい情報の提供と、適切な医療提供体制の確保を―厚労省のアレルギー疾患対策推進協議会
アレルギー疾患の最新情報を掲載するwebサイト「アレルギー情報navi」を開設—東京都
2018年7月の後発品割合は76.2%に低下、「足踏み」となっていないか、今後の状況を注視―協会けんぽ
2018年6月の後発品割合は76.3%、徳島県のみ「70%」に到達せず―協会けんぽ
2018年5月の後発品割合は76.0%、都道府県別の最高は沖縄の85.9%―協会けんぽ
2018年3月の後発品割合75.0%、80%以上の自治体は沖縄・鹿児島・岩手の3県―協会けんぽ
2018年2月の後発品割合74.6%、都道府県別では沖縄の84.3%が最高―協会けんぽ