Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

NUDT15遺伝子多型検査、ウイルス・細菌核酸多項目同時検出の算定対象を明確化―疑義解釈18【2018年度診療報酬改定】

2019.12.9.(月)

厚生労働省は12月2日に「疑義解釈資料の送付について(その18)」を公表しました(厚労省のサイトはこちら)。

今回は、「Nudix hydrolase 15(NUDT15)遺伝子多型検査」および「ウイルス・細菌核酸多項目同時検出」といういずれも今年(2019年)保険適用された新たな検査について、医療現場の疑問に答えています。

【2018年度診療報酬改定・疑義解釈に関する関連記事】
疑義解釈1の1
疑義解釈1の2
疑義解釈1の3
疑義解釈2
疑義解釈3
疑義解釈4
疑義解釈5
疑義解釈6
疑義解釈7
疑義解釈8
疑義解釈9
疑義解釈11
疑義解釈12
疑義解釈13
疑義解釈14
疑義解釈15
疑義解釈16
疑義解釈17

NUDT15遺伝子多型検査、自己免疫性肝炎患者の算定対象に

今年(2019年)年2月1日付で、急性リンパ性白血病や難治性炎症性腸疾患の治療において「チオプリン製剤」の投与等の是非を判断する新たな遺伝子検査(Nudix hydrolase 15(NUDT15)遺伝子多型検査)が保険適用されました。

この検査の対象疾患は「チオプリン製剤を使用する疾患のうち、関連学会の定める治療指針等で治療選択基準および本検査の結果を踏まえた治療方針が明確に示されているもの」とされ、今年4月3日付の疑義解釈13では▼難治性の炎症性腸疾患▼急性リンパ性白血病▼治療抵抗性のリウマチ性疾患―が該当することが示されました。

このうち「治療抵抗性のリウマチ性疾患」については、以下の疾患が限定列挙されています。
▽全身性血管炎(▼顕微鏡的多発血管炎▼多発血管炎性肉芽腫症▼結節性多発動脈炎▼好酸球性多発血管炎性肉芽腫症▼高安動脈炎―など)
▽全身性エリテマトーデス(SLE)
▽多発性筋炎
▽皮膚筋炎
▽強皮症
▽混合性結合組織病
▽難治性リウマチ性疾患

この点、学会等での研究進展により対象疾患は順次拡大していくこととなり、今般の疑義解釈では「2019年11月以降、自己免疫性肝炎も該当する」ことが明示されました。今後も対象疾患の拡大が想定されますので、最新情報を確認する必要があります。

ウイルス・細菌核酸多項目同時検出、学会ガイドラインの「重症」患者に算定可能

また本年(2019年)11月1日付で、インフルエンザウイルスなど20種類の呼吸器感染症病原体のいずれに感染しているのかを短時間で極めて正確に判定できる新たな検査法が保険適用され、D023【微生物核酸同定・定量検査】に、新たに「ウイルス・細菌核酸多項目同時検出」の項が設けられました。

この検査の対象患者は、A300【救命救急入院料】、A301【特定集中治療室管理料】、A301-4【小児特定集中治療室管理料】、A302【新生児特定集中治療室管理料】、A303【総合周産期特定集中治療室管理料】の2「新生児集中治療室管理料」を算定する患者で、「重症呼吸器感染症と診断した、または疑われる場合」とされています。今般の疑義解釈でより具体的に、次のような基準が示されました。

【小児】
小児呼吸器感染症診療ガイドライン(日本小児呼吸器学会および日本小児感染症学会)における上気道炎の重症度分類であるWestleyのクループスコアまたは気道狭窄の程度の評価で【重症以上】、もしくは小児市中肺炎の重症度分類で【重症】と判定される呼吸器感染症患者

【成人】
成人肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器学会)における、市中肺炎または医療・介護関連肺炎の重症度分類で【重症以上】、もしくは院内肺炎の重症度分類で中等症以上と判定される呼吸器感染症患者

 

 

MW_GHC_logo

 

【関連記事】

K022の1【組織拡張器用いた乳房再建手術】、当面、一般用の組織拡張器使用でも算定可―疑義解釈17【2018年度診療報酬改定】
がん遺伝子パネル検査、「主治医が標準治療終了見込み」と判断した患者にも保険で実施可能―疑義解釈16【2018年度診療報酬改定】
維持期リハビリの介護保険への移行に伴い、リハビリ点数の解釈を明確化―疑義解釈14【2018年度診療報酬改定】
腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術、日本産婦人科学会等の最新指針を遵守せよ―疑義解釈13【2018年度診療報酬改定】
急性白血病等の治療法選択するNUDT15遺伝子検査、例外的に治療開始後にも算定可能―疑義解釈12【2018年度診療報酬改定】
ベンゾジアゼピンの1年処方、全日病研修修了者も通常の処方料・処方箋料を算定可能―疑義解釈11【2018年度診療報酬改定】
【看護夜間体制加算】、夜間の看護補助4時間以上配置は「週3日以上」でよい―疑義解釈9【2018年度診療報酬改定】
看護必要度II、「一覧に記載された薬剤」の後発品も評価対象―疑義解釈8【2018年度診療報酬改定】
看護必要度II、3月・9月中に切り替える場合は実績期間も前倒し可能―疑義解釈7【2018年度診療報酬改定】
一般の病床が満床で差額ベッドのみ空床の場合、懇切丁寧な説明と同意あれば差額ベッド代徴収は従前通り可能―疑義解釈6【2018年度診療報酬改定】
看護必要度II、一覧に記載された薬剤の「類似薬」も評価対象に―疑義解釈5【2018年度診療報酬改定】
看護必要度II、投薬・注射・手術・麻酔の薬剤のみ評価対象―疑義解釈4【2018年度診療報酬改定】
自院で介護保険訪問看護を実施していれば、地域包括1・3の選択基準満たす―疑義解釈3【2018年度診療報酬改定】
7対1病院が急性期一般1を算定する場合、9月までは特段の届け出不要―疑義解釈2【2018年度診療報酬改定】
保険診療上の【オンライン診療料】、実施指針よりも厳格に運用―疑義解釈1【2018年度診療報酬改定】(3)
医療安全のピアレビュー、抗菌薬の適正使用推進を評価する加算を新設―疑義解釈1【2018年度診療報酬改定】(2)
看護必要度IIの詳細、入院時支援加算における専従・専任看護師の規定など解説―疑義解釈1【2018年度診療報酬改定】(1)

外来から入院、退院後の在宅医療までをマネジメントするPFM、さまざまなメリットが!
鈴木医務技監・迫井医療課長がGHC改定セミナーに登壇!「重症患者受け入れ」に軸足を置いた入院報酬に!

200床以上で看護必要度II要件を満たさない場合、急性期一般入院料2・3は届出可能か―厚労省
DPCのEF統合ファイル用いる看護必要度II、選択可能な病院の条件を提示―厚労省

2018年度診療報酬改定、答申内容を一部訂正―厚労省
【2018年度診療報酬改定答申・速報6】がん治療と仕事の両立目指し、治療医と産業医の連携を診療報酬で評価
【2018年度診療報酬改定答申・速報5】在総管と施設総管、通院困難患者への医学管理を上乗せ評価
【2018年度診療報酬改定答申・速報4】医療従事者の負担軽減に向け、医師事務作業補助体制加算を50点引き上げ
【2018年度診療報酬改定答申・速報3】かかりつけ機能持つ医療機関、初診時に80点を加算
【2018年度診療報酬改定答申・速報2】入院サポートセンター等による支援、200点の【入院時支援加算】で評価
【2018年度診療報酬改定答申・速報1】7対1と10対1の中間の入院料、1561点と1491点に設定



20種類の呼吸器感染症病原体を高精度・短時間に同定する新検査を11月から保険適用—厚労省