Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
GemMed塾 2024年度版ぽんすけリリース

「感染」「能動喫煙」によるがんの医療費・経済的損失が大きく、HPVワクチン接種勧奨、ピロリ除菌、たばこ対策強化など進めよ―国がん

2023.8.4.(金)

予防可能な「感染」と「能動喫煙」に起因するがんの経済的負担が大きい。例えば▼子宮頸がんワクチンの更なる積極的勧奨(2022年より積極的接種勧奨が再開)▼肝炎ウイルスに感染している場合の治療▼ヘリコバクター・ピロリの除菌治療▼定期的な健診・検診の受診勧奨を行う▼たばこ対策を強化する—ことで、「命を救う」ことはもちろん「経済的負担の軽減にもつながる」—。

国立がん研究センターは8月2日に、「日本人における予防可能ながんによる経済的負担は1兆円超と推計され、適切ながん対策により経済的負担の軽減が期待される」との研究結果を公表し、こうした考えを強調しました(国がんのサイトはこちらこちら)。

ピロリ菌による胃がん、HPVによる子宮頸がんなどで経済損失が大きい

がんは、我が国において死因第1位を独走しています(関連記事はこちら)が、多くのがんは生活習慣や環境要因の改善によって予防できると考えられています。

まずがん罹患の状況を見てみましょう。

国がんの分析によれば、▼がん患者延べ数(2015年受療)は、男性210万7331人、女性193万8609人で、上位3部位は、男性では前立腺がん55万1195人、胃がん31万6112人、結腸がん23万125人、女性では乳がん65万9970人、結腸がん19万7745人、胃がん15万4807人▼がんの経済的負担(直接医療費、死亡や罹患による労働損失)は、約2兆8597億円(男性:約1兆4946億円、女性:約1兆3651億円)▼労働損失が最も大きかったがんは、男性では肺がん(約921億円)、女性では乳がん(約2326億円)—であることが分かりました。

このうち「生活習慣や環境要因に起因するがん」の経済的負担は約1兆240億円(男性では約6738億円、女性では約3502億円)と推計され、部位別にみると▼男女ともに胃がんの経済的負担が最も高い(男性:約1393億円、女性:約728億円)▼男性では次いで肺がん(約1276億円)▼女性では次いで子宮頸がん(約640億円)—が高くなっています。

部位別にみた予防可能ながんの経済的負担(国がん研究1 230802)



また、(1)能動喫煙(2)飲酒(3)感染(4)過体重(5)運動不足—という予防可能なリスク要因別の経済的負担をみると、▼(3)の「感染」による経済的負担が最も高い(約4788億円)▼「感染」関連のがん種別の経済的負担を見ると、ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)による胃がん(約2110億円)、ヒトパピローマウイルス(HPV)による子宮頸がん(約640億円)が大きい▼(1)の「能動喫煙」による経済的負担(全体で約4340億円、うち肺がん約1386億円)、(2)の「飲酒」による経済的負担(約1721億円)も大きい—ことも明らかになりました。

リスク要因別にみたがんの経済的負担(国がん研究2 230802)



こうした結果から、次のような点が浮上してきます。

▽女性では、「乳がん」「子宮頸がん」について働き盛りの若年世代での罹患が多く、直接医療費はもちろん、大きな「労働損失」が生じている

▽感染に起因するがん、とりわけ「胃がん」(ヘリコバクター・ピロリ感染)や「子宮頸がん」(ヒトパピローマウイルス感染)で経済的負担が大きいが、適切な対策(ピロリ除菌、HPVワクチン接種など)が講じられた場合には多額の経済的負担を回避できると考えられる

▽「能動喫煙」による経済損失も大きい



国がんでは、予防可能な「感染」と「能動喫煙」に起因するがんの経済的負担が大きく、とりわけワクチン接種や治療という選択肢がある「感染」について多額の経済的負担を回避できる可能性があると指摘。より具体的に▼子宮頸がんワクチンの更なる積極的勧奨(2022年より積極的接種勧奨が再開)▼肝炎ウイルスに感染している場合の治療▼ヘリコバクター・ピロリの除菌治療▼定期的な健診・検診の受診勧奨を行う▼たばこ対策を強化する—ことで、「命を救う」ことはもちろん「経済的負担の軽減にもつながる」と強調しています。



診療報酬改定セミナー2024MW_GHC_logo

【関連記事】

ステージIで早期発見・治療すれば、乳・前立腺がんで9割、胃・大腸がんで8割、膵臓がんでも4人1人が10年以上生存―国がん
2021年、がん新規登録数はコロナ禍前水準に戻りつつある!ただし胃がんは回復せず背景分析が待たれる―国がん
胆道がんの手術後標準治療は「S―1補助化学療法」とすべき、有害事象少なく、3年生存率も高い―国がん・JCOG
血液検体を用いた遺伝子検査(リキッドバイオプシー)、大腸がんの「再発リスク」「抗がん剤治療の要否」評価に有用―国がん・九大
千葉県の国がん東病院が、山形県鶴岡市の荘内病院における腹腔鏡下S状結腸切除術をオンラインでリアルタイム支援―国がん
抗がん剤治療における薬剤耐性の克服には「原因となる融合遺伝子を検出し、効果的な薬剤使用を保険適用する」ことが必要—国がん
2cm以上でも転移リスクの少ない早期大腸がんでは、「内視鏡的粘膜下層剥離術」(ESD)を治療の第1選択に—国がん
開発中の「血液がん用の遺伝子パネル検査」、診断や予後の予測でとくに有用性が高い—国がん
BRCA1/2遺伝子変異、乳・卵巣・膵・前立腺がん以外に、胆道・食道・胃がん発症リスク上昇に関連―国がん等
乳がんの生存率、ステージゼロは5年・10年とも100%だがステージIVは38.7%・19.4%に低下、早期発見が重要―国がん
全がんで見ると、10生存率は59.4%、5年生存率は67.3%、3年生存率は73.6%―国がん
2020年のコロナ受診控えで「がん発見」が大幅減、胃がんでは男性11.3%、女性12.5%も減少―国がん
「オンライン手術支援」の医学的有用性確認、外科医偏在問題の解消に新たな糸口―国がん