Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
GemMed塾 病床ユニット

がん対策

1番目の患者申出療養「進行性胃がんへのパクリタキセル・S-1併用療法」最終評価、対象患者絞り標準治療との比較を―患者申出療養評価会議

2024.4.26.(金)

胃がん患者への抗がん剤「ビロイ点滴静注用」適応判定の補助に用いる新検査を2024年5月に保険適用へ—中医協総会

2024.4.25.(木)

肺がんにおいて、PD-L1タンパク質の「腫瘍内不均一性」が高い場合、術後の再発やがんによる死亡が多い―国がん

2024.4.23.(火)

受動喫煙は「能動喫煙と異なる変異」を誘発、「受動喫煙の回避の重要性」を再認識―国がん

2024.4.19.(金)

希少がん患者が、新たな治療薬へ迅速にアクセスできるよう保険診療上の取り扱いを整理—中医協総会

2024.3.22.(金)

がん患者の「治療と仕事の両立」がより円滑に進むよう、外来腫瘍化学療法診療料を見直し、外来化学療法の「裾野を広げ」「頂を高める」

2024.3.12.(火)

小児・AYAがん患者へ「効果のある未承認等の分子標的薬」を迅速投与できる仕組み、メーカー協力で対象薬剤を拡大―患者申出療養評価会議

2024.2.26.(月)

山形県立中央病院・滋賀県立総合病院・四国がんセンター、通常型の「都道府県がん診療連携拠点病院」へ無事復帰―がん拠点病院指定検討会

2024.2.22.(木)

【2024年度診療報酬改定答申11】外来腫瘍化学療法診療料、要件厳格化による質向上と裾野拡大の双方を目指す、特例型拠点病院の点数明確化

2024.2.19.(月)

セルセプトを「全身性強皮症に伴う間質性肺疾患」治療に、パラプラチンを「子宮体がん」治療に用いることを保険診療の中で認める―厚労省

2024.2.9.(金)

大腸がん、肺がん、膵がん、前立腺がんの診断を補助する検査項目を充実—厚労省

2024.2.5.(月)

外来腫瘍化学療法診療料の要件見直し「質向上・裾野拡大」図る、小児末期がん患者への緩和ケア提供を評価する新加算―中医協総会(5)

2024.2.2.(金)

ステージIでの診断・治療で、乳・前立腺がんの9割、胃・大腸がんの8割、膵臓がんの3割が10年以上生存―2011年「10年生存率」

2024.1.26.(金)

がん拠点病院等の指定期間を6年とし「がん対策推進基本計画」と整合性確保、ゲノム医療連携病院でのEP開催認める―がん診療提供体制検討会

2024.1.16.(火)

白血病などの治療(CAR-T療法)に用いる「カービクティ点滴静注」、T細胞起源の「リンパ系腫瘍」発現に注意を—厚労省

2024.1.12.(金)

来年度(2024年度)予算案、医薬品等のイノベーション推進、医療・介護DX推進、地域医療構想の実現などが重要な柱―厚労省

2023.12.29.(金)