Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
メディ・ウォッチはGemMed(ジェムメド)に生まれ変わりました 運営会社 GLOBAL HEALTH CONSULTING

「病院ダッシュボードχ」に2018年度診療報酬改定シミュレーション、包括収入・期間・旧短手3を収益比較

2018.4.2.(月)

 グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン(GHC)は3月30日、多機能型経営分析ツール「病院ダッシュボードχ(カイ)」の期間限定機能として、「2018年度診療報酬改定シミュレーション」を実装しました。まずは第一弾として、出来高収入などを除くDPC包括収入部分と期間での新旧報酬の収益比較、点数設定D方式に移行した旧短期滞在手術等基本料3の収益比較から開始します。

手術材料・手技、全収入、重症患者割合も

 「病院ダッシュボードχ」は、経営課題の分かりやすさはもちろん、急性期病院に必要な分析を網羅的にこなせる多機能性、コンサルティング会社だからこそできる手厚いサポートなどが評価され、高度急性期病院(DPCII群=特定病院群の経験がある病院)の4割が導入しています(従来製品の利用病院含む、関連記事『【動画付き】経営者の悩みを解決する多機能型分析ツール、2分で分かる「病院ダッシュボードχ」』)。

 第一弾では、DPC包括収入部分と期間、旧短期滞在手術等基本料3の収益比較を実装(図表)。今後は第二弾として、手術材料・手技と出来高部分などを含む全収入の収益比較に対応します。

180402nsp1

180402nsp2

 GHCでは、改定分析と合わせて周辺医療圏の患者動向を最新のデータで確認できる「マーケット分析」(「病院ダッシュボードχ」の標準搭載機能、関連記事『自病院と競合の強み弱みを見える化、病院ダッシュボードχの「マーケット分析」がデータ更新』)、改定の影響をDPCコードごとに簡易試算できる無料ソフト「ぽんすけ2018」を提供しています(関連記事『診療報酬改定の影響がすぐに分かる、GHCが無料DPC検索ソフト「ぽんすけ2018」を公開』)。改定シミュレーション機能と併せて是非、ご利用をご検討ください。

解説を担当したコンサルタント 澤田 優香(さわだ・ゆうか)

sawada 株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパンのアソシエイトマネジャー。看護師、保健師。
聖路加看護大学卒業後、集中治療室の勤務を経て、入社。看護必要度分析、看護業務量調査、DPC別診療科検討、病床戦略分析、マーケット分析などを得意とする。自由分析ソフトを用いた分析では、社内で右に出るものはいない。多数の医療機関のコンサルティングを行うとともに、社内のアナリスト育成や看護関連プロジェクト(看護必要度勉強会や「看護必要度分析」開発など)でも精力的に活動する(東京医科大学病院の事例紹介はこちら)。

 

MW_GHC_logo