Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
メディ・ウォッチはGemMed(ジェムメド)に生まれ変わりました 運営会社 GLOBAL HEALTH CONSULTING

カテゴリー: 2016診療報酬改定

2016年、病院全体では「在院日数短縮と病床利用率向上」を実現―日病、公私病連

2017.3.7.(火)

10対1入院基本料や総合入院体制加算、PET撮影料など、改めての施設基準届け出に留意を―厚労省

2017.3.1.(水)

オプジーボ、2月1日以後の使用では入院期間を通じて「出来高評価」となる―疑義解釈9【2016年度診療報酬改定】

2017.2.27.(月)

GHC湯原が2016年度の「患者数」「在院日数」を大解剖、両者を増やした病院、減らした病院のとるべき戦略は?

2017.2.27.(月)

「白内障手術併用眼内ドレーン手術」を白内障手術と同時実施した場合の診療報酬を整理―厚労省

2016.12.5.(月)

看護必要度の評価、7対1では届出病棟の入院患者すべてが対象―疑義解釈8【2016年度診療報酬改定】

2016.11.18.(金)

看護必要度ショック乗り越えるには、データ精度向上や多職種連携が必須―GHCセミナーで相澤東病院の武井看護部長

2016.11.11.(金)

看護部だけでなく、医事課や手術室と連携することで看護必要度ショックを乗り越える―GHC看護必要度セミナー

2016.11.11.(金)

2016改定前後で療養病棟の半数超は入院単価が減少、回復期リハでは7-8割が単価上昇―日慢協調査

2016.11.7.(月)

7対1維持のためには、10月7日までに重症患者25%以上の届け出が必要―厚労省

2016.9.5.(月)

済生会福岡総合の岡留院長、急性期一本で行くためには医療・介護連携体制の構築が不可欠―GHCプレミアムセミナー

2016.8.3.(水)

診療報酬の地域加算対象地域をさらに一部追加、7月請求分まで差額請求を認める―厚労省

2016.7.28.(木)

2016年度改定で新設された看護必要度C項目、外保連も見直しに協力していく考え

2016.7.13.(水)

病院の課題や全体像をスピーディに把握、優先順位をつけて課題解決―北海道大野病院が病院ダッシュボードユーザー会で講演

2016.7.8.(金)

2018年度診療報酬改定などに向け、医療区分・ADL区分見直しを要望―日病協

2016.7.1.(金)

看護必要度の「無菌治療室での治療」、要件満たせば多床室でも無菌治療室に該当―疑義解釈5【2016年度診療報酬改定】

2016.7.1.(金)