Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
2020 診療報酬改定セミナー 2020 診療報酬改定セミナー 運営会社 GLOBAL HEALTH CONSULTING

10対1入院基本料や総合入院体制加算、PET撮影料など、改めての施設基準届け出に留意を―厚労省

2017.3.1.(水)

 今年(2017年)4月1日以降も、許可病床200床以上の病院が10対1入院基本料(一般病棟、特定機能病院、専門病院)を算定する場合にはデータ提出加算の、総合入院体制加算2を算定する場合には一般病棟用の重症度、医療・看護必要度を満たす患者割合が27%以上であることなどの「届け出」が必要である―。

 厚生労働省は23日に、こういった内容の事務連絡「平成28年度診療報酬改定において経過措置を 設けた施設基準の取扱いについて」を行いました(関連記事はこちら)。4月10日までに届出書が提出され、4月末までに受理されれば、4月1日に遡って当該診療報酬を算定することができます。

総合入院体制加算、看護必要度を満たす患者割合(30%・27%以上)を満たせるか

 2016年度の前回診療報酬改定では、医療現場への影響を考慮し、さまざまな経過措置が設けられました。経過措置期間中は、施設基準などの全部または一部を満たさなくとも当該診療報酬の請求が認められますが(例えば、重症患者割合が25%以上でなくとも、2016年9月末までは7対1入院基本料の算定を認めるなど)、期間経過後は、全基準を満たさなければ当該診療報酬が請求できなくなります(関連記事はこちらこちら)。

 厚労省は、現在は経過措置期間中である、例えば次のような診療報酬項目について、今年(2017年)4月1日以降も算定するためには、必要な施設基準を満たすことが必要であると注意喚起しています。【】内は経過措置期間中満たさなくてもよいとされていた施設基準です。

▼10対1入院基本料(一般病棟、特定機能病院、専門病院):【データ提出加算の届け出】

▼総合入院体制加算1:【一般病棟用の重症度、医療・看護必要度の基準を満たす患者が30%以上】【日本医療機能評価機構などの機能評価を受けていること】【化学療法実績が年間1000件以上】

▼総合入院体制加算3:【一般病棟用の重症度、医療・看護必要度の基準を満たす患者が27パーセント以上】【急性期医療の実績(年間で人工心肺手術40件以上、悪性腫瘍手術400件以上などを2つ以上満たす)】【精神科リエゾンチーム加算または認知症ケア加算1の届け出など、精神疾患患者への診療体制確保】

総合入院体制加算は1・2・3の3区分となり、一般病棟用の重症度、医療・看護必要度満たす患者割合が施設基準に盛り込まれている

総合入院体制加算は1・2・3の3区分となり、一般病棟用の重症度、医療・看護必要度満たす患者割合が施設基準に盛り込まれている

一般病棟用の重症度、医療・看護必要度について評価項目が大幅に見直されている(1)

一般病棟用の重症度、医療・看護必要度について評価項目が大幅に見直されている(1)

一般病棟用の重症度、医療・看護必要度について評価項目が大幅に見直されている(2)

一般病棟用の重症度、医療・看護必要度について評価項目が大幅に見直されている(2)

一般病棟用の重症度、医療・看護必要度について評価項目が大幅に見直されている(3)

一般病棟用の重症度、医療・看護必要度について評価項目が大幅に見直されている(3)

一般病棟用の重症度、医療・看護必要度について評価方法も見直されている

一般病棟用の重症度、医療・看護必要度について評価方法も見直されている

▼ポジトロン断層撮影、ポジトロン断層・コンピューター断層複合撮影、ポジトロン断層・磁気機共鳴コンピューター断層複合撮影、乳房用ポジトロン断層撮影(画像診断担当医1名以上などの施設基準に適合せず、80%の点数を算定する場合):【施設共同利用率30%以上】

 施設基準を満たして4月10日までに届出書を地方厚生(支)局に提出し、4月末までに受理されれば、4月1日に遡って当該診療報酬を算定することができます。届け出忘れのないよう、経過措置対象の医療機関では最大限ご留意ください。

2017年4月1日以降も算定する場合に施設基準の届け出が必要な診療報酬項目(1)

2017年4月1日以降も算定する場合に施設基準の届け出が必要な診療報酬項目(1)

2017年4月1日以降も算定する場合に施設基準の届け出が必要な診療報酬項目(2)

2017年4月1日以降も算定する場合に施設基準の届け出が必要な診療報酬項目(2)

コンタクトレンズ検査料について、施設基準の見直しが行われている点に注意を

コンタクトレンズ検査料について、施設基準の見直しが行われている点に注意を

 

 なお、7対1と10対1のミックスである「病棟群単位の入院基本料」については本年(2017年)3月いっぱいが届け出期限となっており、すでに病棟群を選択し4月1日以降も継続する場合には「7対1病床の割合を6割以下にする」必要があります。厚労省は、こうした留意点も診療報酬項目ごとに明らかにしています。

病棟群単位の入院基本料の概要

病棟群単位の入院基本料の概要

 
2017年4月1日以降の算定にあたり、注意が必要な診療報酬項目(1)

2017年4月1日以降の算定にあたり、注意が必要な診療報酬項目(1)

2017年4月1日以降の算定にあたり、注意が必要な診療報酬項目(2)

2017年4月1日以降の算定にあたり、注意が必要な診療報酬項目(2)

  

MW_GHC_logo

【関連記事】
7対1維持のためには、10月7日までに重症患者25%以上の届け出が必要―厚労省

オプジーボ、2月1日以後の使用では入院期間を通じて「出来高評価」となる―疑義解釈9【2016年度診療報酬改定】
看護必要度の評価、7対1では届出病棟の入院患者すべてが対象―疑義解釈8【2016年度診療報酬改定】
看護必要度、抗悪性腫瘍剤の併用で塞栓は専門的処置に含まれず―疑義解釈7【2016年度診療報酬改定】
看護必要度C項目、再入院時の手術なども評価対象―疑義解釈4【2016年度診療報酬改定】
退院支援加算1、会合や研修で一同に会するだけでは「年3回以上の面会」に該当せず―疑義解釈2【2016年度診療報酬改定】
回復期リハ病棟のアウトカム評価、除外患者の取り扱いなどを明確化―疑義解釈1【2016年度診療報酬改定】
退院支援加算1の社会福祉士どこまで兼任可能か、認知症ケア加算で必要な研修を例示―疑義解釈1【2016年度診療報酬改定】
看護必要度や病棟群単位届け出、退院支援加算などの詳細が明らかに―2016年度診療報酬改定で厚労省
看護必要度C項目の内科的治療、血管内治療・心筋焼灼術、侵襲的消化器治療など13項目―厚労省

【16年度改定答申・速報1】7対1の重症患者割合は25%で決着、病棟群単位は18年3月まで―中医協総会
【16年度改定答申・速報2】専従の退院支援職員配置など評価する「退院支援加算1」、一般600点、療養1200点―中医協総会

看護必要度に問題あれば「大改定」対応は困難、最適な病床戦略・機能分化妨げる―日本病院学会でGHCが実データ分析
「突然の7対1返上」に絶対ならない4つの正しいステップ、医療・経営の質向上の入口は看護必要度―GHCがセミナー開催
「看護必要度ショック」は経営・病床戦略の最重要課題、GHCがセミナー開催
看護必要度、「データ監査」に衝撃 相澤病院、教育と仕組み化で精度を大幅改善