Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
       無料DPC検索ソフトぽんすけ2020 無料DPC検索ソフトぽんすけ2020

公立刈田綜合病院とみやぎ県南中核病院病院の再編・統合など国が重点支援―厚労省

2020.2.3.(月)

宮城県の仙南区域(公立刈田綜合病院、みやぎ県南中核病院)と石巻・登米・気仙沼区域(登米市立登米市民病院、登米市立米谷病院、登米市立豊里病院)、滋賀県の湖北区域(市立長浜病院、長浜市立湖北病院、長浜赤十字病院、セフィロト病院)、山口県の柳井区域(周防大島町立大島病院、周防大島町立東和病院、周防大島町立橘病院)と萩区域(萩市立萩市民病院、医療法人医誠会都志見病院)を重点支援区域に設定し、国が病院の再編・統合を支援する―。

厚生労働省は1月31日に、こうした点を公表しました(厚労省のサイトはこちら)、厚労省は次のような考えも明らか。今回は第1回目の設定で、今後も随時、都道府県の申請を受け付け、必要に応じて重点区域を設定していきます。

病院の再編・統合について、国が財政的・技術的に支援

2025年度の「地域医療構想の実現」を目指し、各地域医療構想調整会議(以下、調整会議)で「病院の自主的な機能改革」に向けた議論が進められています。まず「地域の公立病院・公的病院等の機能改革等」(公立病院・公的病院等でなければ担えない機能への特化)に関する合意を得ることになっていますが、形だけの機能改革論議や現状追認にとどまっているケースもあり、厚労省では、がんや心血管系疾患、脳卒中など急性期医療の診療実績が特に少ない、あるいは近隣にこうした診療実績が類似する病院がある「約440の公立・公的等病院医療機関」を対象に機能分化や再編・統合について再検証を求めています(1月17日に都道府県等に宛てて通知を発出)



こうした機能改革論議は地域医療構想調整会議を中心に進められますが、議論が難航する地域も出てくると思われます。例えば、再編統合論議において吸収・廃止等される側の自治体や住民からは「近隣に病院がなくなってしまう。我々を見捨てるのか」という反対意見が出てくることもあり、また、首長(市区町村長や知事)が「病院の建設・存続・増床」などを公約に掲げている場合には、再編・統合論議は「政治的」な様相を帯びてきます。

このため厚労省は「再編・統合論議を国が重点的に支援する地域」(重点支援区域)を定める考えを提示(2019年5月31日の経済財政諮問会議で根本匠厚生労働大臣が発表)。重点支援区域は都道府県の申請をベースに選定され(地域、病院の自主性を重んじるため)、厚労省は次のような考えも明らかにしました。



▽事前に、「地域医療構想調整会議で『重点支援区域への申請』を行う旨の合意」「●●構想区域におけるA病院とB病院の再編・統合についての重点支援」に関する合意を得て、都道府県が申請を行う

▽重点支援区域には、次のような地域が対象になる
▼複数医療機関の再編・統合(ダウンサイジング、機能分化・連携、集約化、機能転換なども含む)事例である(単一医療機関のダウンサイジングは対象外)
▼再検証対象医療機関(約424の公立・公的等医療機関)以外の再編・統合も対象となる
▼複数区域にまたがる再編・統合も対象となる(

▽重点支援区域として、次のような事例を優先する
▼複数の設置主体による再編・統合
▼多数の病床削減(少なくとも関係病院の総病床数の10%以上)を伴う再編・統合
▼「異なる大学病院等からの医師派遣を受けている医療機関」同士の再編・統合
▼人口規模・関係者の多さから「より困難である」と想定される再編・統合

▽重点支援区域に選定された場合には、国による直接の▼財政的支援(2020年度予算案に盛り込まれた「国費でのダウンサイジング支援」(国費84億円)を活用)▼技術的支援(地域医療構想調整会議への地域の医療事情に係るデータ提供や、国職員の出席など)―を受けられる

2020年度予算案には全額国費による病床ダウンサイジング支援が盛り込まれた(2020年度厚生労働省予算案)



厚労省では「重点支援区域の募集は随時行い、ある程度申請がまとまった段階で選定を行う」としており、今般、第1回目として次の5区域が選定されたものです。今後も複数回の選定が予定されています。

【宮城県】
▽仙南区域
▼公立刈田綜合病院(308床:一般300・感染症4・結核4)
▼みやぎ県南中核病院(310床:一般)

▽石巻・登米・気仙沼区域
▼登米市立登米市民病院(198床:一般166・回リハ30)
▼登米市立米谷病院(90床:一般40・療養30)
▼登米市立豊里病院(99床:一般69・療養30)

【滋賀県】
▽湖北区域
▼市立長浜病院(600床:一般496・療養104)
▼長浜市立湖北病院(140床:一般48床・地ケア35・療養57)
▼長浜赤十字病院(498床:一般424・精神70・感染症4)
▼セフィロト病院(179床:精神一般60・認知症治療59・精神療養60)

【山口県】
▽柳井区域
▼周防大島町立大島病院(99床:一般39・療養60)
▼周防大島町立東和病院(114床・一般)
▼周防大島町立橘病院(36床:一般))

▽萩区域
▼萩市立萩市民病院(100床:一般)
▼医療法人医誠会都志見病院(234床:一般175・療養59)

※ベッド数は各病院のホームページより


MW_GHC_logo

 

【関連記事】

「公立・公的病院の再編統合」の再検証を厚労省が通知、対象病院は約440に増加―厚労省
「複数医療機関の再編・統合」を国が財政・技術面で重点支援、1月中に第1回目の対象選定―厚労省

病床ダウンサイジング、救急病院の働き方改革など2020年度厚労省予算で支援
2020年度に「稼働病床数を1割以上削減」した病院、国費で将来の期待利益を補助―厚労省



424公立・公的病院等以外の病院も、機能分化やダウンサイズなど積極的に検討せよ―地域医療構想意見交換会
424の公立病院・公的病院等の再編統合再検証、厚労省が地方に出向き趣旨等を丁寧に説明―国と地方の協議の場
機能分化やダウンサイジング等の必要性を改めて検証すべき424公立・公的病院等を公表―地域医療構想ワーキング
多くの機能で「診療実績が少ない」「類似病院が近接している」病院、再編統合を検討―地域医療構想ワーキング
公立・公的病院等の機能改革、「地域で求められる機能を果たしているか」との視点で検証を―厚労省・医療政策研修会

 
公立・公的等病院の「再編・統合」、地域医療提供体制の在り方全体をまず議論せよ―地域医療構想ワーキング
公立・公的病院等の再編・統合、国が「直接支援」する重点地域を2019年夏に策定―厚労省・医療政策研修会
公立・公的病院等の機能改革、「医師働き方改革」「医師偏在対策」と整合する形で進めよ―地域医療構想ワーキング(1)
公立病院等、診療実績踏まえ「再編統合」「一部機能の他病院への移管」を2019年夏から再検証―地域医療構想ワーキング
公立病院等の機能、▼代表的手術の実績▼患者の重症度▼地理的状況―の3点で検討・検証せよ―地域医療構想ワーキング
CT・MRIなどの高額機器、地域の配置状況を可視化し、共同利用を推進―地域医療構想ワーキング(2)
主要手術の公民比率など見て、構想区域ごとに公立・公的等病院の機能を検証―地域医療構想ワーキング(1)
公立・公的病院の機能分化、調整会議での合意内容の適切性・妥当性を検証―地域医療構想ワーキング
地域医療構想調整会議、多数決等での機能決定は不適切―地域医療構想ワーキング
大阪府、急性期度の低い病棟を「地域急性期」(便宜的に回復期)とし、地域医療構想調整会議の議論を活性化—厚労省・医療政策研修会
地域医療構想調整会議、本音で語り合うことは難しい、まずはアドバイザーに期待―地域医療構想ワーキング(2)
公立・公的病院と民間病院が競合する地域、公立等でなければ担えない機能を明確に―地域医療構想ワーキング(1)
全身管理や救急医療など実施しない病棟、2018年度以降「急性期等」との報告不可―地域医療構想ワーキング(2)
都道府県ごとに「急性期や回復期の目安」定め、調整会議の議論活性化を―地域医療構想ワーキング(1)

都道府県担当者は「県立病院改革」から逃げてはいけない―厚労省・医療政策研修会

地域医療構想・医師偏在対策・医師働き方改革は「実行する」段階、医療現場の十分な支援を―厚労省・吉田医政局長