Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages

がんゲノム医療中核拠点病院、2020年度から静岡がんセンター含む12病院を指定―厚労省

2020.4.1.(水)

2020年度から21年度までの2年間、(1)北海道大学病院(2)東北大学病院(3)国立がん研究センター東病院(4)慶應義塾大学病院(5)国立がん研究センター中央病院(6)東京大学医学部附属病院(7)静岡県立静岡がんセンター(8)名古屋大学医学部附属病院(9)京都大学医学部附属病院(10)大阪大学医学部附属病院(11)岡山大学病院(12)九州大学病院―の12病院を「がんゲノム医療中核拠点病院」として指定する―。

厚生労働省は3月30日に、がんゲノム医療中核拠点病院等の指定に関する検討会(3月4日から持ち回り開催)の意見を踏まえて、こうした点を決定しました。2020年4月1日から発効し、有効期間は2022年3月末までとなります(厚労省のサイトはこちら)。

2020・21年度には12のがんゲノム医療中核拠点病院が指定された

静岡がんセンターが加わり、がんゲノム医療中核拠点病院は12病院に

ゲノム(遺伝情報)解析技術が進む中で、「Aという遺伝子変異の生じているがん患者にはαという抗がん剤投与が効果的、Bという遺伝子変異のある患者にはβとγという抗がん剤の併用投与が効果的である」などといった情報が明らかになってきています。こうしたゲノム情報に基づいた治療法選択が可能になれば、個々のがん患者に対し「効果の低い治療法を避け、効果の高い、最適な治療法を優先的に実施する」ことが可能となり、▼治療成績の向上▼患者の経済的・身体的負担の軽減▼医療費の軽減―などにつながると期待されます。

我が国においても、産学官が一体的に「がんゲノム医療」を推進すべく、「がんゲノム医療推進コンソーシアム」(共同体)を構築。次のような流れで、がんゲノム医療を提供する仕組みが整ってきています。また、「多数の遺伝子の変異の有無を一括して検出する検査」(遺伝子パネル検査)が開発され、すでに保険適用も行われています。

▽がんゲノム医療を希望する患者に対し、がんゲノム医療中核拠点病院等が十分な説明を行い、同意を得た上で、検体を採取する

▽検体をもとに、衛生研究所などで「遺伝子情報」(塩基配列など)を分析し、「がんゲノム情報管理センター」(C-CAT)に送付する

▽がんゲノム医療中核拠点病院等は、あわせて患者の臨床情報(患者の年齢や性別、がんの種類、化学療法の内容と効果、有害事象の有無、病理検査情報など)をC-CATに送付する

▽C-CATでは、保有するがんゲノム情報のデータベース(がんゲノム情報レポジトリー・がん知識データベース)に照らし、当該患者のがん治療に有効と考えられる抗がん剤候補や臨床試験・治験情報などの情報をがんゲノム医療中核拠点病院の専門家会議(エキスパートパネル)に返送する

▽がんゲノム医療中核拠点病院の専門家会議(エキスパートパネル)において、当該患者に最適な治療法を選択し、これに基づいた医療をがんゲノム医療中核拠点病院等で提供する



このような流れの中で、▼遺伝子検査等の実施▼エキスパートパネルによる遺伝子情報の解釈▼医療提供▼人材開発▼治験―などを実施する医療機関も整備が進んでおり、現在、次の3類型の「がんゲノム医療を提供する病院」が設けられています。

▽がんゲノム医療中核拠点病院:エキスパートパネルを設置し、そこでの解釈をもとに最適な抗がん剤治療を提供するとともに、がんゲノム医療に携わる人材の育成や治験等を実施する

▽がんゲノム医療拠点病院:エキスパートパネルを設置し、そこでの解釈をもとに最適な抗がん剤治療を提供する病院(関連記事はこちら

▽がんゲノム医療連携病院:中核病院と連携しがんゲノム医療を提供する



このうち「がんゲノム医療中核拠点病院」の指定要件については、昨年(2019年)7月に、「小児がん症例を検討する場合には、小児がんに専門的な知識を有し、かつエキスパートパネルに参加したことがある者が1名以上含まれていること」などの見直しが行われています(関連記事はこちら)(見直しを受けた整備指針(指定要件)はこちら)。

今般、15病院から「がんゲノム医療中核拠点病院への指定申請」がありました(従前の11病院の指定期限が2020年3月末で切れる)。審議(書面審査とヒアリング)の結果(厚労省のサイトはこちら)、次の12病院を指定することが妥当と判断され(がんゲノム医療中核拠点病院等の指定に関する検討会)、原案どおり厚生労働大臣が指定を行ったものです。新たに静岡がんセンターが加わり、がんゲノム医療中核拠点病院は12病院となりました。

【北海道ブロック】
(1)北海道大学病院(北海道、継続)


【東北ブロック】
(2)東北大学病院(宮城県、継続)


【関東信越ブロック】
(3)国立がん研究センター東病院(千葉県、継続)
(4)慶應義塾大学病院(東京都、継続)
(5)国立がん研究センター中央病院(東京都、継続)
(6)東京大学医学部附属病院(東京都、継続)


【東海北陸ブロック】
(7)静岡県立静岡がんセンター(静岡県、新規)
(8)名古屋大学医学部附属病院(愛知県、継続)


【近畿ブロック】
(9)京都大学医学部附属病院(京都府、継続)
(10)大阪大学医学部附属病院(大阪府、継続)


【中国四国ブロック】
(11)岡山大学病院(岡山県、継続)


【九州ブロック】
(12)九州大学病院(福岡県、継続)



指定期間は2022年3月末までの2年間で、がんゲノム医療中核拠点病院では「がんゲノム医療連携病院」を選定し、「がんゲノム医療拠点病院」とともに、がんゲノム医療の実施・研究を推進していきます。

2019年にはがんゲノム医療のベースとなるパネル検査(複数の遺伝子変異を一括して解析できる)が保険適用され(関連記事はこちらこちらこちらこちら)、2020年度の診療報酬改定ではHBOC(遺伝性の乳がん卵巣がん)患者に対する「未発症部位の切除」等が保険適用されるなどしており(関連記事はこちらこちらこちらこちら)、がんゲノム医療に対する期待はますます高まります。

HBOCに対する診療報酬の評価1(2020年度改定告示・通知(5)2 200305)


MW_GHC_logo

 

【関連記事】

遺伝性乳がん卵巣がん(HBOC)患者、未発症の乳房等の切除や手厚い遺伝カウンセリング等を保険適用―厚労省
【2020年度診療報酬改定答申5】がん患者への「ゲノム医療」「治療と仕事の両立支援」「外来での化学療法」推進
【2020年度診療報酬改定総点検4】がんゲノム医療の推進、がん治療と仕事の両立支援などを診療報酬でもポート!
遺伝性乳がん・卵巣がん(HBOC)、「未発症部位」切除も保険適用へ―中医協総会(1)



がん遺伝子パネル検査、「主治医が標準治療終了見込み」と判断した患者にも保険で実施可能―疑義解釈16【2018年度診療報酬改定】
がん遺伝子パネル検査、米国病理医協会(CAP)の第三者認定を受けた病院・検査機関で実施を―疑義解釈15【2018年度診療報酬改定】
がん遺伝子パネル検査等、保険診療上の留意事項を整理―厚労省
がんゲノム医療の推進に向け、遺伝子パネル検査を6月から保険収載―中医協総会(1)
遺伝子パネル検査の保険収載に向けた検討進む、C-CATへのデータ提出等を検査料の算定要件に―中医協総会(1)



がんゲノム医療拠点病院、都立駒込病院やがん研有明病院など34施設選定―厚労省
新設される「がんゲノム医療拠点病院」、初回の申請は8月14日まで―厚労省
新設される【がんゲノム医療拠点病院】要件固まる、3年で100人以上の治験等実績が「望ましい」―がんゲノム医療拠点病院等指定要件ワーキング
新設される「がんゲノム医療拠点病院」、中核病院なみの診療体制を敷きゲノム医療を自院で完結―がんゲノム医療拠点病院等指定要件ワーキング
がんゲノム医療、自分に最適な抗がん剤見つかる可能性は10-20%にとどまることなど説明を―がんゲノム医療推進コンソーシアム運営会議