Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
無償キャンペーン GemMed塾

治療抵抗性の前立腺がん、新治療法として「RNA分解酵素を標的とする薬剤」に期待—都健康長寿医療センター

2022.8.17.(水)

治療抵抗性の前立腺について、がん細胞の増殖を抑えるために「RNA分解酵素(RNASEH2A)の働きを阻害する薬剤」が有効と考えられる—。

東京都健康長寿医療センター研究所(東京都板橋区)が8月10日に、こうした「RNA分解酵素を標的とした新しいがんの治療法の開発」について公表しました(研究所のサイトはこちら)。

前立腺がん、治療抵抗性→再発・難治化→死亡という流れを抑えたい

前立腺がんは、欧米・我が国において「男性が罹患するがん種」として最も患者数が多く、国内では死亡者数が年間1万人を超えます。

前立腺がんの治療には、▼男性ホルモン作用を抑えるホルモン療法▼抗がん剤を用いた化学療法—が行われますが、やがて薬剤が効かなくなり(治療抵抗性)、「再発・難治化」→「死亡」に至るという課題があります。

今般、都健康長寿医療センター老化機構研究チームシステム加齢医学研究の井上聡研究部長、高山賢一専門副部長と東京大学医学部附属病院泌尿器科との共同研究により「治療抵抗性になったがん組織では、DNAに結合したRNAのみを除去する『RNASEH2A』という酵素(RNA分解酵素)が特に上昇する」ことを発見。あわせて、治療抵抗性になった前立腺がん組織では、「DNAへのRNA結合(Rループ)が蓄積される一方で、RNASEH2を活性化し DNAヘの損傷を回避することで治療抵抗性を獲得している」ことも分かりました。

治療抵抗性前立腺がんの悪化機構(健康長寿医療センター研究所1 220810)



このため「RNA分解酵素(RNASEH2A)の働きを阻害できれば、治療抵抗性となった前立腺がんの増殖を抑えることができる」と考えられ、研究チームでは、RNASEH2を阻害する小分子を2つ抽出。この小分子をがん治療薬として新たに応用する(RNA分解酵素を標的とした薬剤)ことで「RNASEH2が活性化し、ホルモン療法の効かないがん細胞の増殖を抑える」ことが可能であることも突き止めています(すでにマウスを用いた実験で効果を確認する段階まで到達)。

RNA分解酵素阻害剤投与が、治療抵抗性前立腺がん治療に有効である(健康長寿医療センター研究所2 220810)



今後のがんの治療法の開発に大きく貢献するものと期待されます



GemMed塾MW_GHC_logo

【関連記事】

男女ともビタミンC摂取不足で筋肉量・身体能力が低下するが、適切な摂取で回復可能—都健康長寿医療センター
自治体と研究機関が協働し「地域住民の健康水準アップ」を目指すことが重要—都健康長寿医療センター
日本人特有の「レビー小体型認知症の原因遺伝子」を解明、治療法・予防法開発に繋がると期待—長寿医療研究センター
日本人高齢者、寿命の延伸に伴い身体機能だけでなく「認知機能も向上」—長寿医療研究センター
フレイル予防・改善のため「運動する」「頭を使う」「社会参加する」など多様な日常行動の実施を—都健康長寿医療センター
「要介護度が低い=家族介護負担が小さい」わけではない、家族介護者の負担・ストレスに留意を—都健康長寿医療センター
奥歯を失うと、脳の老化が進む—長寿医療研究センター
介護予防のために身体活動・多様な食品摂取・社会交流の「組み合わせ」が重要—都健康長寿医療センター
高齢男性の「コロナ禍での社会的孤立」が大幅増、コロナ禍で孤立した者は孤独感・コロナへの恐怖感がとくに強い—都健康長寿医療センター
中等度以上の認知症患者は「退院直後の再入院」リスク高い、入院時・前から再入院予防策を—都健康長寿医療センター
AI(人工知能)用いて「顔写真で認知症患者を鑑別できる」可能性—都健康長寿医療センター
認知症高齢者が新型コロナに罹患した場合の感染対策・ケアのマニュアルを作成—都健康長寿医療センター
地域高齢者の「社会との繋がり」は段階的に弱くなる、交流減少や町内会活動不参加は危険信号―都健康長寿医療センター
新型コロナ感染防止策をとって「通いの場」を開催し、地域高齢者の心身の健康確保を―長寿医療研究センター
居住形態でなく、社会的ネットワークの低さが身体機能低下や抑うつ等のリスク高める―都健康長寿医療センター
孤立と閉じこもり傾向の重複で、高齢者の死亡率は2倍超に上昇―健康長寿医療センター
新型コロナの影響で高齢者の身体活動は3割減、ウォーキングや屋内での運動実施が重要―長寿医療研究センター